テーマ:鉄道

こまち疾る

東京から盛岡を経由して秋田までを結ぶ秋田新幹線。 現在はE3系車両で運行されてますが、JR東日本は来春のダイヤ改正に合わせて、E6系新型車両による列車4編成を導入すると発表しました。 併せて、導入される新編成の名称を「スーパーこまち」とする事も発表されました。 「スーパーこまち」は7両編成。東北新幹線「はやぶさ」(10両編成)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸ノ内・東京ステヰション

首都・東京の表玄関としての役目を、長きにわたり果たしてきた東京駅。 とりわけ丸の内口の赤レンガ駅舎は、どんなに周囲の近代化・高層ビル化が進もうと、その堂々たる威容を、今もって誇り続けています。 同じ東京駅でも、近代的な八重洲口駅舎とは、まったく趣が違います。 重要文化財にも指定されている赤レンガ駅舎。 地域再開発事業の一環と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イコちゃん海を渡る

3月17日、JRグループ各社で列車ダイヤの改正が行なわれます。 主だったところでは、新幹線各線の増便と高速化が図られる一方、『日本海』や『きたぐに』などの寝台列車が姿を消すという、鉄道ファンには寂しいダイヤ改正となるようですが。 そんな中、注目されるのは、このダイヤ改正に合わせて、JR四国の高松駅と坂出駅で、JR西日本が発売している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カード1枚で旅に出る

首都圏や京阪神で暮らす人(特にサラリーマン)の財布の中に、たいてい1枚は入っているであろうICカード乗車券。チャージさえしてあれば、キップを買わずして電車やバスに乗れますし、電子マネーとしてお買い物もできる便利なシロモノです。 ただ、いくら相互利用ができるようになったとはいえ、利用できるエリアが限定されていたりと、多少不便な面もありま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

リアルRAILWAYS~51歳で電車の運転士に返り咲いた男の物語

松江と出雲大社・出雲市を結ぶ私鉄『一畑電車』を舞台に、錦織良成監督がメガホンを取った映画『RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語』。島根・鳥取をはじめ、全国でも話題となった映画です。 「どうせ映画の中のお話。フィクションでしょ」 なんて思っている人がいたらビックリするような、錦織監督ですら思わず笑っちゃうような、リア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

出雲路疾走~バタデン・オールスターズ

一畑電車100年の歴史に触れるのは、何も今回の特別展に限った話ではありません。現役の駅舎や車両に触れる事で、その息吹が感じられるようなら、それはそれで素晴らしい事なのです。 という訳で、沿線散策。 一畑電車 出雲大社前駅。 ステンドグラスのように組み合わされた色ガラスと、アーチ形の曲線で構成された独特なデザインは、一見するとイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲路を駈け抜けて~一畑電車百年ものがたり

松江市中心部に位置する松江しんじ湖温泉から宍道湖北岸を巡り、八百萬の神々おわします出雲大社および出雲市までを結ぶ、島根県内唯一の私鉄・一畑電車。 沿線住民から「バタデン」と呼ばれ、親しまれているこの一畑電車を舞台に描かれた映画『RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語』の公開を記念して、現在、出雲大社の隣にある島根県立古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州から東北へ――コードネームはファルコン

なんかハードボイルド探偵小説みたいなタイトルだ(笑) 東京から八戸までを結ぶ東北新幹線が、今年12月4日に青森(駅名は新青森)まで延伸される事は、鉄道ファンならずとも御存知で、さらには来年3月に導入されるE5系新型車両の愛称が公募されていた事も、御存知の方もいるかと思います。 その新名称が昨日、JR東日本から発表されました。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RAILWAYS OLDTRAIL

昨年3月いっぱいで惜しまれつつ引退した、日本最古級の電車・デハニ50形が、この春、スクリーンを駈け巡ります。 錦織良成監督がメガホンを取り、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで日本中を感動の嵐に巻き込んだROBOTが企画・制作を、俳優・中井貴一さんが主役を務める映画『RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語~』が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレ~ン トレ~ン 走ってゆぅくぅ~♪

といっても、ザ・ブルーハーツはお呼びじゃないよ(笑) ネットニュースを拾い読みしてたら、ちょっと面白いモノを見つけました。 昨日はエイプリルフールでしたが、これもウソみたいなホントのニュース。 平成27(2015)年、新青森と新函館の間で北海道新幹線を開業させる予定のJR北海道は、本日、『トレイン・オン・トレイン』の実験車両を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鬼太郎列車リニューアル

米子と境港を結ぶJR境線といえば、鬼太郎列車が走る事で有名です。 その鬼太郎列車(キハ40型2118号車)、定期点検の為にしばらくお休みしてたんですが、この度、ラッピングもリニューアルされ、この3連休から復帰しました。 平成5(1993)年に誕生した鬼太郎列車ですが、4年に一度の周期で車両点検が行われます。この定期点検の時期に合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治の馨り漂う御来屋駅

米子ライフ71日目。昨夜から降ってた雨も、午後から止みました。止んだら止んだで、風が強くなってきましたけど(笑) ワタクシめ、本日はお休み。なのに、どこへ行くでもなく、ただのんべんだらりと過ごすってのは、何とももったいない話。という訳で愛車マー君に乗り、東へ向かって出発! そういや、こっちへ来てから西へは行ったけど、東へ向かった事は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅めぐり街めぐり

米子ライフ18日目。 旅支度じゃないですが。 近所の駅はどこだろう、と。探しに行きました。 実地調査。フィールドワークは大切。 いやぁ~……遠い遠い。会社行くより遠いんだもの。 不動産屋の物件案内にあった「駅から徒歩25分」はダテじゃなかったね。 正直メゲますた。 JR境線の富士見駅。「ざしきわらし駅」って愛称が付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今宵、月光に抱かれて

学生さんは夏休みに入り、遊びにバイトに日々大忙しの事でしょう。 社会人の皆さんも、お盆を絡めた夏期休暇を念頭に置きながら、もう一踏ん張りといった所でしょうか。 「夏休み? ンなモン知らねぇよ!」と憤慨されてる皆々様、ワタクシからも一言述べさせていただきます。 同志よ……(涙) さて、夏休みとなれば……やって参りました、『青春…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

須崎市内散策

四国内で、陸上交通が最も立ち遅れていた高知県。 鉄路が敷かれたのは、大正13(1924)年に須崎-日下間が開業したのが最初。 やがて高知へ、高知から高松へと延伸して行き、香川・徳島・高知の3県を貫く土讃線(多度津-須崎間)が全線開通したのは、昭和10(1935)年の事。鉄路はさらに西へと延び、須崎-中村間が開通したのは昭和45(19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高知到着

やっと着いたぜよ(笑) ……長かったぁ~!! ここまで5時間かかりましたよ。 高知駅は、この3月に高架駅として生まれ変わりました。 いやいやいや、すっかり変わっちゃって。最初降りた時、一瞬どこだかわかんなかったさ(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑町 茅町 広小路

〝忍者電車〟に乗ってガタゴトと。桑町駅で降車します。 桑町駅は無人駅。木造の駅舎が何とも云えない雰囲気を醸し出しています。 一見、ずっと向こうまで田んぼが広がってそうな、スッゲェ田舎にあるように思えますが、桑町一帯はごく普通の住宅街。駅のすぐ近くには名阪バイパスも通っています。 アパートやマンションが立ち並ぶ何の変哲もない街並みに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のらり旅 改め 忍び旅?

大阪から乗り継ぎ乗り継ぎ、電車に揺られる事2時間。〝伊賀流忍者の里〟として有名な伊賀上野に到着です。南の方を振り仰ぐと、伊賀上野城が見えます。 ここから伊賀鉄道に乗り換え、伊賀上野の中心部である上野市駅に向かいます。 伊賀鉄道は、近鉄伊賀線を引き継ぎ、昨年10月に開業。このJR伊賀上野駅から近鉄大阪線の伊賀神戸駅を結ぶ全長約17…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスタ~ぁ~ ム~ンラぁ~イっ♪

日付変わって31日。伊予西条から快速『ムーンライト松山』で関西へ向かいます。 伊予西条0時25分発。今年で開通20周年を迎える瀬戸大橋を渡ると、山陽本線をひた走り、大阪には6時4分、終点の京都には6時44分に到着します。 別に伊予西条まで出なくたって、今治からも乗れるんですけど、車中で日替りしちゃいますから――て、どうせ両日とも『青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下鉄(メトロ)でGo! レトロでGo!

名古屋でも市電が走ってた事を知ってる(もしくは覚えてる)人は何人いるでしょうか? そんな市電と地下鉄の歴史を紹介してくれているのが、名古屋市交通局の市電・地下鉄保存館――通称『レトロでんしゃ館』です。 地下鉄鶴舞線赤池駅下車。2番ゲートから地上に出ると……あれ、降りる駅間違えたかい?と一瞬戸惑うほど普通の住宅街が広がっています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汽笛一声、西条を……

も~い~くつ寝~る~と~ 寝~正~月~♪て、どんだけ寝る気してんのよ!?(笑) 大晦日から仕事仕事の毎日で、年越し蕎麦が「どん兵衛」じゃあまりに寂しいだろうってんで、調理道具一式抱えて出勤して、仕事そっちのけで年越し蕎麦こさえて食ったり、正月早々コンビニ弁当じゃあまりに味気ないだろうってんで、カマボコ紅白に切り分けたり、雑煮こさえて食…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

新幹線0系、故郷(?)へ帰る

10月に入りまして。 ビール好きの方々は「ドイツにゃオクトバー・フェスト(ビール祭)なんて祭りがあって、羨ましいなぁ」なんて思ってらっしゃるでしょうか。でも、いくら飲み放題だからって、アノ陶製ジョッキでの浴びるような飲み方、ワタクシには真似できません。 そして、鉄道マニア(あえて〝ファン〟とは申しませんよ)にとって待ち遠しいのは、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕陽を追いかけて~旅行者どもが夢の跡

「ツアーものどもが ゆめのあと」と読みます。……苦しいか?(笑) 松江と出雲市・出雲大社を結ぶ一畑電車で、出雲大社へ向かいます。時間にして約1時間。 松江・出雲地方は、宍道湖南岸をJRが、北岸を私鉄の一畑電車が走っています。出雲大社へは、松江か出雲市から、この一畑電車に乗り、途中の川跡駅で乗り換える事になります。 (土日祝日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都で遊ぼう~梅小路

今度こそ京都! せっかく京都まで来たのに、お寺巡りは性に合わないし。時間も時間だし。 (京田辺からの接続が悪くてね。おまけに何処かで人身事故があったらしく遅れがち) じゃあ何処で遊ぼうかって話になって、ピンときたのがJR梅小路蒸気機関車館。 梅小路か大阪の交通博物館、どちらかいっぺん行ってみたかったんだわ。会社の同僚に尋ねたら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それいけ!アンパンマン・トロッコ号

JR四国が運行している〝アンパンマン列車〟に、この春新しい仲間が誕生いたしました。それがこの『瀬戸大橋アンパンマントロッコ号』です。 JR四国でのトロッコ列車は、窪川-宇和島間の『清流しまんと号』、阿波池田-大歩危間の『大歩危トロッコ号』の運行に続いて、3つめになります。 この『瀬戸大橋アンパンマントロッコ号』、岡山・茶屋町-琴平間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北近畿のらり旅―餘部―

鉄橋~を渡ると 君の家が見える~♪ (今時のコは石橋正次なんか知らんて!) 山陰本線の鎧-餘部駅間に、高さ41m、長さ309mという規模を誇る、日本一の鉄橋・余部鉄橋が架かっています。 明治45(1912)年3月に完成した余部鉄橋ですが、安全性と定時運行性を確保する為、平成22(2010)年までにコンクリート橋へと架け替わり、その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こ、小枝師匠~ッ!!

ぱ、ぱ、ぱ、パラダイスです! 細倉マインパーク前駅を出まして、マインパークへと向かいます。 「向かいます」たって、あんなにたくさん降りたのに、マインパークへ向かってるのは年輩の御夫婦一組と我々だけです。 ……そ、そんなに人気ないの? だって『じゃらん』のHPにも載ってんだよ? しっかり観光スポット紹介コーナーで、「かつての鉱…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

終点・細倉マインパーク前駅

ディーゼルの音も軽やかに、汽車は稲刈りを終えた田園風景の中を駆け抜けて行きます。 途中、東北自動車道や東北新幹線の高架をくぐって、のんびりと進んで行きます。 こういう風景、〝鉄ちゃん〟にはたまらないんでしょうね。時代の最先端を行く新幹線と、廃線を間近に控えた「くりでん」が交差するなんてのは、実に絵になる光景じゃありませんか。 鳴ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよいよ windy train に乗車

車は、国道4号線をひたすら北上いたします。 いえね、泉インターから高速に乗ったってよかったんですよ。ほんで、若柳金成インターで降りれば、目的地はすぐそこだったんです。 んでも、東北自動車道と国道4号線って、ほぼ並行して通ってますし、何よりずっと防音フェンス見て走るのって味気ないでしょ? だったら、道すがらいろいろネタ拾いしながら行っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

走れ僕の windy train

JR石越駅から宮城県北の穀倉地帯を横切り、山間にあるテーマパーク「細倉マインパーク」までを結ぶ全長25.7㎞のくりこま田園鉄道は、宮城県内を走る2つの第三セクター鉄道のひとつです。 (もうひとつは、旧国鉄丸森線から転換した阿武隈急行鉄道。阿武隈川沿いに、宮城県柴田町と福島市を結んでいます) その〝くりでん〟ことくりはら田園鉄道ですが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more