今年は一反木綿の年でごわす

画像パ~パラパ~ パ~パラパ~♪
ん~……これは、長崎の蛇踊りですかい?

去年の正月、ワタクシが預言(!)いたしましたとおり、2012年の〝年妖怪〟は一反木綿になりました。
しかし……何だろう、この学芸会っぽさ丸出し(笑)の一反木綿は? 薩摩隼人が泣くぞ。
(一反木綿は鹿児島の出身でごわす)
これで水木しげるロードを練り歩かれた日には、まさに『長崎くんち』か『博多どんたく』かって――あ。どんたくは、こんなの担いで練り歩かないか(笑)
実を申しますとね、今年の年妖怪に選ばれるだろうと予想した時点で、一反木綿の着ぐるみ(着ぐるみ言うな!)ってどうするんだろう?と思ってたんですが……ま、こうならざるを得ませんわな。
「黒子は見えない」という〝舞台上の暗黙の了解〟に倣って、「何も見えません! 黒子が棒に繋がった一反木綿を持ってるトコなんて、全然見えません!!」(見えてんぢゃねぇか!)という事でよろしいですか?
裸の王様。
王様の耳はロバの耳。
サンタの故郷はロバニエミ。

これじゃあんまりなんで(失礼な事言うな!)、水木しげるロードを飾る139体の妖怪ブロンズ像の中から「龍」を。
画像
どない? 画面引き締まったっしょ?
(だから、失礼な事言うなって!)


画像昨年11月、水木しげるロードに新たな名所が誕生しました。
それがこの『妖怪トーテムポール』
高さ4m、直径40㎝のトーテムポールは、境港市が水木しげる先生にお願いして描き下ろしていただいたデザイン原画を元に、先生のファンの皆さまなどの寄付を受け、水木しげるロードの玄関口であるJR境港駅前に建立されたもの。ウエルカムゲートとして、また、新たなパワースポットとして、訪れた方々の注目を集めています。
去年一年間に水木しげるロードを訪れた観光客は、なんと320万人を突破。2年連続で300万人超えを果たした事になります。
妖怪には、東日本大震災の影響なんか何処吹く風だったんですね。
今年は水木しげる記念館のリニューアル(2月9日~3月7日、改装の為に臨時休館)も控えている事ですし、水木しげるロード振興会では、累計観光客数2千万人を目指しています。
去年は大雪のせいで、計画されていたイベントが中止になったり、アーケードの屋根が潰れたりといった事が重なり、正月三が日の客足も若干鈍かったのですが、終わってみれば世の不景気ムード・自粛ムードを払拭するかのような結果。
まだまだ〝ゲゲゲ〟ブーム健在、といった感じですかね。
今年は「天気が悪い」といっても、多少雨が降った程度ですからね。
出足は好調。フィーバー全開。ジャンジャンバリバリ。
この調子なら、2千万人突破も案外早いかもしれないですね。

画像
今年は昇り龍のごとく運気も上昇しますように。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック