山陰 花だより~5月・ツツジ~

5月に入って。
花の綺麗な季節になりました。
いや、どの季節でもその季節なりに、それぞれ美しい花を咲かせるものですが。
この時期はツツジが特に綺麗なんですよね――なんて思うのは、会社のすぐそばで綺麗なツツジが咲き誇ってるからなんですけど。
チョットご覧いただけます?
画像画像







画像画像




















どぉです?
赤い花あり、白い花あり、ピンクの花あり。

米子市内を流れる米川沿い、国道9号線をはさむように東西およそ4㎞に及んで、約3千本のツツジが植えられています。
市内美化運動の一環として、昭和47(1972)年頃に地元ロータリークラブから苗木約千本が寄贈されました。その数は年々増えて今では3千本に。地元住民が常日頃お世話していただいてるお陰で、毎年4月下旬から5月中旬頃まで、綺麗な花を咲かせています。
ツツジは米子の〝市の花〟にも制定されていて、毎年4月30日と5月1日の2日間にわたって、ここ米川堤防沿いと市南部にある福市遺跡公園を舞台に『米子つつじまつり』が開催されます。
ツツジを愛でながらのミニウォーク大会や、花木の展示即売会、フリーマーケット、警察音楽隊やゲスト歌手によるコンサート、太鼓演奏などが行なわれます。
それから、ツツジ苗木の無料配布も行なわれるんですよ。
今年はちょっと開花時期が遅れ、二分か三分咲き。満開はゴールデンウィーク後となってしまいましたが。
画像画像














「米川」といっても、ご覧のように護岸整備された用水路のような川ですが。
それでも、堤防沿いに整然と植えられたツツジの花は、見ているだけで心和ませてくれます。

もちろん、植えられているのはツツジだけじゃなく、このような可憐な花も植えられてますが。
画像画像














まぁ、こちらは満開にはチョット早いようですけど。


ところで、ツツジって漢字で書けますか?
躑躅って書くんですけど……難しいですよね?
「薔薇」は書けても「躑躅」は書けない(笑)
漢字一文字で「榴」とも書きます。
ザクロを「石榴(柘榴)」と書きますが、ツツジ科の植物ではありません。ザクロはザクロ科です。
そのかわり、サツキやシャクナゲはツツジの仲間なんだそうです。
でも、ドウダンツツジ(燈台躑躅、満天星躑躅)は、同じツツジ科でもツツジ属には属さないんだそうです。
……ムズカシイですね、植物学は(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヒロ
2011年05月13日 16:47
4キロは凄いですね。歩くのが楽しいでしょうね。。。
読めても薔薇書けません。。ましてやツツジ読み書きできません。

この記事へのトラックバック