複雑やなぁ……

土日祝日の高速道路通行料金が一律1,000円になって1ヶ月。皆さぁん、高速乗って遠出してますかぁ?――て、別に国土交通省やNEXCOの回し者じゃないですよ。
この「ETC休日割引」の恩恵を受けてなかった山陰道・米子~出雲方面ですが、今月29日からやっと一律1,000円になります。ゴールデンウィークに間に合いましたな。
ただ……どエラく複雑怪奇なんですよねぇ~。
いや、〝怪奇〟ではないんですが……考えようによっちゃ、ある意味怪奇かも。

有料区間(安来道路・出雲道路)と無料区間が入り混じってる山陰道。
今までは中国自動車道・米子自動車道を通って出雲方面へ行く場合、米子インターチェンジまでは1,000円で来れても、安来道路(米子西IC~東出雲IC間・650円)と出雲道路(松江玉造IC~斐川IC間・700円)で、それぞれ半額料金を取られ、合わせて1,700円かかってました。
それが、今月29日からは条件付きで1,000円通行が出来るようになりました。
その条件というのが。
米子インターを通過後2時間以内に安来道路の安来料金所を通過し、さらに安来料金所通過から2時間以内に松江玉造インターに到達するというもの。
……何じゃい、このタイムリミット制度は(笑)


ただですね。
この制度、逆手に取って米子・松江を観光してやろうという豪気な計画も立てられる訳ですよ。
米子インターから安来料金所までは10分か15分くらい。で、米子から境港までは、国道431号線を使って30分くらい。往復1時間程度と考えると、30~40分くらいは「水木しげるロード」を観光出来ます。「水木しげる記念館」まで見るとタイムオーバーですけどね。
安来料金所から松江玉造インターまでは30分くらい。て事は、松江西インターで下りて市内見学をする時間が、1時間~1時間半くらいある訳です。そんだけの時間がありゃ、宍道湖か松江城を見学するくらいは出来るはず。あるいは玉造温泉でひとっ風呂なんて事も可能です。何しろ玉造温泉への分岐点は、ギリギリ松江道路(無料区間)ですからね。
どぉです? この弾丸ツアー的観光ルート。どなたか試してみませんか?
……は? ワタクシめですか?
ワタクシが検証に乗り出すには、まず米子自動車道で蒜山インターから先まで遠ざからなければなりませんからね。米子~蒜山間でちょうど1,000円ですか。
求むテストドライバー
何のテストやねん(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック