讃岐屋塾 歴史のお時間 d(-x-)b

パ~パパパパ~♪とブラームスの「大学祝典序曲」に乗せて、今日の記事をお送りしますよぉ。
何だ? 大学受験講座か? 旺文社の回し者か?(笑)

え~、今日の〝ニュース拾い読み〟は、産経新聞・岡田敏一記者のこの記事から。
若者の活字離れが進む中、映画会社が洋画の字幕づくりに苦慮している。文字数を減らすだけでなく、漢字の使用を最小限にし、極力ふりがなをふる気の遣いよう。「読み」だけでなく、中学生レベルの歴史的事実すら知らないというケースも。こうした事情を反映し、アニメだけでなく、実写映画でも吹き替え版が急増。映画業界では「若者の知的レベルがこれほど下がっているとは…」と驚いている。

日本初の字幕映画は昭和6(1931)年公開の米作品「モロッコ」。吹き替え作業の設備などが不十分で字幕という苦肉の策をとったが、この作品の大ヒットで字幕が定着した。

映画各社によると、戦前の字幕はスクリーンの右端にひとつのせりふで最大縦13字で3行だったが、戦後は10字2行とやや少なめに。人間が1秒に読めるのは4文字程度というのが理由だった。文字数が再び増えるのが1980年代半ば。ビデオレンタルが普及するにつれ、テレビでも見やすいように、とスクリーンの中央下に最大横13字で2行の形式が定着した。

しかし、ここ数年、13字の字幕を読み切れないという若者が増加。映画離れを食い止めようと、製作、配給会社では苦肉の対応を余儀なくされている。字幕づくりの現場では、10字前後で区切って行数を増やしたり、漢字を省いたり…。さらに、字幕を必要としない吹き替え版へシフトする動きもある。

東宝東和では8月から10月の3ヶ月間で計3本のハリウッド大作を公開するが「吹き替え版を過去最大級の手厚さで用意する」と話す。ワーナー・ブラザーズ映画も「ハリー・ポッターシリーズの場合、吹き替えが6割で字幕版を上回っている。その他の作品でも吹き替えの比率は年々高まっている」と説明する。

字幕以前の問題も。ある映画会社の製作担当者は「スパイ系作品の試写会後『ソ連って何ですか?』、『ナチスって何ですか?』との感想が寄せられ、本当に驚いた」と打ち明ける。

 「スパイダーマン」シリーズなど計約1000本の映画の字幕づくりを担当したこの道約30年のベテラン、菊池浩司さん(60)は「知っていて当然の日本語を知らない若者が増えているようだ」と話している。


マジか!? 中島
(上から読んでも下から読んでも「マジか!? 中島」 クスッ)

いやいやいや、待って待って待って……をい、チョット待てってばよ!!
いやさぁ……別にどっかのジジイみたく「近頃の若いモンは……」とか言いたかないけどさぁ……今日日の若モンはソ連もナチスも知らんってか!!
いやまぁ、生まれた時にはもうソビエトなんか跡形もなくなっちゃってたってのもあるんだけどさぁ、せめて聞いた事くらいあるっしょ?て尋ねたら、
「学校で習ってないからワカンナ~イ」
とか平気で言われそうでイヤだ。
ナチスドイツ知らんかったら、『インディ・ジョーンズ』なんか、ちっとも面白くねぇべさや。『アラビアのロレンス』や『大脱走』なんつー名作映画だっていっぱいあんのに、時代背景って云うか当時の世界情勢って云うか、その辺の必要最低限の知識がないと、何が何やらさっぱりだべさ。言っちゃえばさぁ、『宇宙戦艦ヤマト』のガミラス帝国だって『ガンダム』のジオン公国だって、モチーフはナチスなんだよって。
……まぁ返ってくるのは、多分「ふ~ん。それが何か?」なんだけど。
だって、日本がアメリカと戦争してたって事すら知らない子がいるんだよ。

「第二次世界大戦で、日本はどこと戦いましたか?」
「ん~……蒙古?」

……蒙古知ってるだけエラいよ。

「8月15日は何の日ですか?」
「ん~……あ。わかった! お盆! お盆!!

……うわぁ~……そんな胸張って堂々と主張されても……。こらぁ御先祖様も浮かばれんわ。いやまぁ、戦争で亡くなった人ばかりじゃないけどさ。
それでも、広島・長崎に原爆が落とされたって事を知らない子が増えてるってのも事実だしね。「8月6日、8月9日に何があった?」って尋ねると、「え? 何? 高校野球?」「○○ちゃんの誕生日!」って返ってくるって云うから。広島や長崎の人が聞いたら泣くぞ。
学校で教わんなくても、「日本は世界唯一の被爆国」なんだって事くらい、一般常識として知っててもらいたいよね――て話をしたら、「ヒバクってなぁに?」って返ってきそうでコワくて聞けない……
言葉は知ってるけど〝被爆〟の意味を知らないとか。
オマエら、羞恥心やPaboの事、笑えねぇぞ。


そういった訳で。
フツフツと浮かんでくるギモン。
こういうのって、学校の歴史の時間とかで教えねぇの?
ふと我が身を振り返ってみて……あぁ、やってねぇわ(笑)
確か高校の日本史って、江戸の三大改革くらいでタイムオーバーだったわ。大学受験する組だけ、特別授業で幕末・明治維新まで触れてたけど。
(でも、それって受験対策用だったから、たいした中身じゃなかったみたい。〝広く浅く〟って感じ)
世界史は……中国はアヘン戦争くらいだったかしら? アメリカで世界恐慌くらい、ヨーロッパが第一次世界大戦くらいまでだったと記憶してる。
どのみち、近代史はまったく勉強しなかったね。

それでも、中学の時って終戦くらいまではやったよね。大泉校長じゃないけど、「戦させろと(1933年) 連盟脱退」(国際連盟脱退)だの「行くよいか(1941年) 真珠湾」(太平洋戦争開戦)だの、太平洋戦争絡みの語呂を教えてもらった記憶あるもの。まぁ、ほんの上っ面、思いッきり広く浅くだったけど。
そうは云っても、かれこれ30年近く昔の、〝詰め込み主義〟時代の人間の話。〝ゆとり教育〟で育ってきた現代っ子は、どこまで知ってるやら……

これって、多分に文部科学省の歴史教育手法が間違ってんだと思いますよ。だって、北京原人だネアンデルタール人だなんつー原始時代から順繰り順繰りやってったら、先生方がどんなに頑張っても幕末まで届かないもの。でも、こればっかりは戦前の歴史教育から一貫してますから、「学校での教え方が悪い」「文科省の教育方針が悪い」と言っても詮無い事ですよね。
まぁ……原始人から始めるか〝天孫降臨〟から始めるかの違いはありますけど。
これらの問題を解決するには、近代史を先にやるか、並行して進めて行かないと、土台ムリだと考えます。
だからって、中国や韓国みたいに近代史偏重で、それも自国に都合のいいように歪曲して教えて、「日帝許すまじ! 日帝討つべし!」なんて懇々とインプリントされたんじゃ、それもどうかと思いますけどね。日本がもしそんな教え方をして、今の今でも「鬼畜米英!」なんて教えてたら、ヲイヲイとツッコミまくりでしょうけどね。
どうであれ、少しは近代以降の日本や世界の流れってのを教えていかないと、将来ヤバい事になりはしませんかね? 世界でバカにされますよ。「日本の常識は世界の非常識」って。

その一方で、新たな事実・見解と申しますか、我々が習ってきた歴史認識ってものが数々改められてきてますね。
例えば、鎌倉幕府が成立した年が「いい国(1192年)」じゃなくなってきてる(最近じゃ1189年で教えられてるそうですよ)とか、足利尊氏だとされてきた『騎馬武者像』が実は別の人物(高師直、あるいは息子の高師詮という説が有力)だったとか、長らく「聖徳太子(厩戸皇子)」とされてきた表記がひっくり返って「厩戸王(聖徳太子)」になってる(〝聖徳太子〟というのは、死後付けられた「追号」であるというのが理由だそうですよ)とか。
古代史なんかだと、例の〝神の手〟による遺跡捏造事件の影響で、かなり刷新されてるとも聞き及びます。
だから、最近の中高生に訊くと、我々の常識が通用しなくて、「エッ、何言ってくれちゃってんの?」「何を教えられてんの?」となってしまう事が多々あるようです。
「背負うた子に教えられ」じゃないですけど、我々も日々学習してかなくてはならないんですね。






そこで新たなギモン。

今の子たちって、いったいどこまで教えられてんのかしら?
そして、この記事を読んでる皆さん、どこまで勉強した記憶がありますか?
現役世代を抱えてらっしゃるお父さん、お母さん、「ウチの子は、ここまで勉強してるみたいですよ」的な話、逆に子供に教えられ「へぇ~、そうなんだぁ~」と思った話などありましたら、是非お聞かせ願えませんかね?
ご協力願えれば。
つーか、普通に意見を伺えれば、と。

いや、別にそれを知ったからって、どうこうしようとか、ましてや説教タレようとか思ってませんから。
ただ単に、「ふ~ん、そこまで習ってんだぁ~……」「あ。今はそうなってんだぁ~……」という個人的なキョーミの対象。
学校や塾で教えてくれないんなら、お家で教えるしかないのかしら――なんて事も考えつつ。将来の為に。

「で、アンタのその〝将来〟とやらはいつ来んのさ?」

おっと、ヤブヘビだい(爆)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック