伊賀の里に明治の息吹

画像上野公園を離れ(こういう書き方をすると、どこかに西郷さんの銅像がありそうですけど)、お濠沿いの道を少し下ると、住宅街の中に木造の洋風建築が現われます。
太鼓楼と白亜の壁が印象的なその建物は、旧小田小学校の本館です。
明治14(1881)年に建てられたもので、現存する小学校校舎としては三重県で最古のもので、現在は「近代初等教育資料展示室」として公開されています。

小田小学校は、小田村の初等教育の場として、明治8(1876)年に「小田学校」として開校します。ただし、当時の小田村は、度重なる洪水の難を逃れる為、幾度となく場所を移動していますので、開校当時の所在地やどのような建物だったのか等は資料文献が一切残っていないので、不明とされています。
明治14年、小田村は伊賀上野城の近く(今の伊賀市小田町)に場所を移します。そして、木造洋風二階建ての新校舎を建設。校名も「啓迪学校」と改めます。これは、中国の書物『書経』に記された「啓迪後人」(「教え導く」という意味)という一節から取ったものです。
小学校令発布を受けて、明治20(1887)年には「小田小学簡易科授業所」に、続く改正小学校令発布で小田尋常小学校と名を改めます。以後、戦時中は「小田村国民学校」、戦後の教育基本法・学校法の発布で「小田小学校」と、幾度となく改称させられますが、名前は変われど白亜の校舎は変わらずに、小田村の多くの子供たちを育んできました。
そんな小田小学校も、児童数の減少と云う時代の波には逆らえず、昭和40(1965)年に、上野市立西小学校に統合され、89年の歴史に幕を下ろしました。
昭和50(1975)年、近代初等教育の草創期を象徴する建物として、県の文化財に指定。
保存修復工事を経て、平成6(1994)年に「近代初等教育資料展示室」としてオープンしました。

画像中央部に膨らみを持たせたエンタシス風の柱を用いた玄関ポーチとバルコニー。洋風建築のシンボルである太鼓楼。ギヤマンの色硝子を用いたテラス。
昨今の、全国何処へ行っても同じような、画一的デザインの校舎に比べたら、なんて独創性溢れる校舎だった事か――まぁ、「たかが小学校の校舎に、何もそんなに凝らなくても」という意見もない訳ではないですが、素朴ながらもハイカラな校舎は、当時の小田村の人々にとって、単なる学校の校舎だけに止まらず、村の未来の象徴、〝明治〟という新時代に寄せた期待をそっくりそのまま具現化したものだったんじゃないでしょうか。
こんな校舎で学べる児童らが、ちょっと羨ましくもありますが、当の児童らからしてみれば、
「ボロっちくてヤダ」
「隙間風がピュ~ピュ~、寒くてキライ」
とか文句が出てたかもしれませんね。
画像館内1階の一角には、廃校当時の教室を再現しています。
二人一組の木製の机と椅子。黒板に置かれた教材用の大きな分度器やソロバン。時代を感じさせるオルガン。
「あは。懐かしい、懐かしい」なんて手を叩いて喜んでるのは、僕ら40代半ばまでの人間だけかもしれませんね。
僕に関して言えば、小学2年の時に学区変更で新設校に移動になり、1人に一台のスチール製机が当てられたんですが、それまではこういった木製の机でしたね。
たいてい誰かが机に穴を開けてて、その周りに「入れたら何点」とかの落書きが彫られていて、消しゴムで作ったボールを弾いては穴に落とすなんつー遊びを、授業中に先生の目を盗んでコッソリとやったりしたものです。今思うと可愛い悪ガキでしたね(笑)
何だかそんなちょっとした事を、ふと懐かしく思い出してしまうような、そんな光景ではありました。
1階には他に、教育に関するいろんな資料が展示されていました。
国語の時間に使った図版。各教室に必ず一台はあった足踏みオルガン。
画像そして、こういった〝教育の歴史〟で展示される物には必ずといっていい程登場する『教育勅語』。
「朕思フニ 我カ皇祖皇宗 國ヲ肇ムルコト……」で始まるアレですよ。戦前・戦中は、こういった桐の箱に収められ、校長室の神棚に大事に保管されてたものですが、戦後のGHQの指導ですべて焼き捨てられたと聞いてます。ですが地方へ行くと、結構あちこちで本物(復刻版とかじゃなくて)が展示されてますから、察するに、地方の末端までは案外徹底されてなかったんじゃないかと。
2階の展示室には、この小田小学校の歴史が紹介され、また、開校した明治期から廃校になった昭和40年頃までの教科書や成績通知票、賞状、学習用具などが展示されています。
国語教科書のトップページ
『サイタ サイタ サクラ ガ サイタ』
なんて一文を見ながら、「あれぇ? 自分の時はどんなだったっけ?」と首をひねってみたり。
時に、今の小学1年生の国語教科書の出だしは、どんな一文で始まるんでしょうね?
まぁ、明治から現代までの歴史をたどる訳ですから、教科書の内容にも、その当時の風俗が色濃く表現されています。
戦前の歴史教科書は天孫降臨から始まってますし、修身・道徳の教科書には「お父さん、お母さんの言う事には素直に従いましょう」「友達を大切にしましょう」なんて事が書かれてます。
戦中の教科書は軍国主義色がありありと出てます。有名な『兵隊さんは死んでもラッパを離しませんでした』が出てくるのはこの頃ですし、高学年の国語教科書には『爆弾三勇士』(上海事変で、敵陣に点火した破壊筒を抱えて突入して破壊、自らも爆死した3人の日本軍工兵の話)なんかも載ってました。「あぁ、こうやって小さなうちから軍国主義に染められてったんだなぁ」と思うと、何だかやるせない気持ちになりました。
戦後すぐは、GHQの検閲による超国家主義・軍国主義の徹底した削除、いわゆる〝墨塗り教科書〟の登場。見開き2ページがほとんど墨で塗り潰され、「こんなん、読むトコないじゃん!」な世界でした。極端な話、文の見出しがあって次の文は「おわり」なんていう、本文丸潰しのページもあったりした訳です。
ようやくおなじみの教科書に出会えたのは、戦後の教育改革(教育基本法の発布)以降の事。やっと自由で平和な時代に巡り会えました。
まぁ、今も教科書検定は「あ~でもない、こ~でもない」と揺らいでますが、それに振り回される子供たちは可哀想ですね。〝学校で習った事が真実じゃない。その時代時代で変わって行くものだ〟なんて事になると、いったい何を信じて学んで行けばいいんでしょうね。
願わくば、そこに時の為政者の思惑だの何だのってのが入り込みませんように。



そういった訳でございまして。
西岡たかしの名曲『上野市(まち)』に導かれて、伊予・今治から伊賀・上野まで旅してきましたが、その実、導いてたのは藤堂高虎だったという事に、この旅が終わる頃になってやっと気付いたというオソマツな話で。
いずれ本当に、藤堂高虎を追って旅してみたいですね。
といっても、宇和島・大洲は回ってるし、今回で今治は行ったし、こうして終焉の地・伊賀上野には来たし。
残るは伊勢の津か?
まぁ、その辺の話は追々に。
ともあれ、忍者は「ニンニン」とは話さないてのが、今回の旅の大きな収穫かしら。
……をい!!(怒)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック