小倉トースト、いただきます

画像名古屋に来たからには、ここに寄らなきゃウソでしょう――て、確か2年前も同じ事言ってたような。
そんな訳で2度目の、友人は初めての『ラディッシュ』討ち入りです。
訪れたのは、日も暮れなんとする「子供は早く帰りなさぁい!」という時刻。先にホテルでチェックインを済ませてきましたから、何だかんだでこんな時間になってしまいました。
店内はまぁまぁの混み具合。でも、藩士と思しき者は約1名。「夢のコーナー」前に陣取ってらっしゃいました。
友人は、店内の意外な広さに驚いた様子。藩士が連日のように押し寄せるもので、〝かあちゃん〟とお兄さまだけでは厳しいと判断されたのですね、スタッフの方が2人働いておられました。
空いていたので、早速ですが対決シートへ。
「御注文は?」
「小倉トーストとミックスジュース!!」(←ヴァカ)
とはサスガに言えず、僕も彼もブレンドを注文。
で、名古屋の喫茶店では定番の豆菓子が一緒に付いてきました。

さて、例のコーナーですが、2年前と比較して、見事にパワーアップしてました。
もはや『どうでしょうコーナー』と云うより『チームナックスコーナー』。とにかく大泉さん、もしくはナックスメンバーが出演した番組に関する物なら何でもござれ、といった感じ。ノニジュースなんて、『ハナタレナックス』見た事ある人じゃなきゃわかんないって。(さすがに「罰ゲームといえば……」の注釈メモを貼ってましたけどね)
それらの中で、燦然と光り輝く小林製薬の糸ようじ(笑)
画像画像














いやはや、全国の藩士諸氏というのは有難くも末恐ろしいものですねぇ~。
それらを写真に収めつつ、皆さんが残した「足あとノート」(もう12冊めですよ!)を眺めつつ、コーヒーを飲んでおりますと、
「コーヒーのおかわりどうぞ」
と出されたのは、名古屋名物『なごやん』。……何故に『なごやん』?
でもって、
「今日は小倉トーストは?」
と訊かれ、一も二もなく
「いただきます!!」(爆)
画像小倉トーストって、名古屋の喫茶店なら普通にある、たいして珍しくもないメニューですが、『ラディッシュ』のは別格! ウィキペディアの『名古屋めし』の項で、「小倉トースト喰うならここへ行け!」みたいな紹介されてるくらいですから。
(ウソだと思うんなら自分で引いてごらん)
今日もアンコ増量。溢れんばかりの――つーか、思いっきり溢れまくりです。
友人、これには驚いてる様子。僕は「どぉだ、これが小倉トーストだぁ!」と、自分が作った訳でもないのに(笑)自慢げです。
パクッと一口。
これこれ、この味ですよ。
この甘い小倉餡とマーガリンの塩加減が絶妙で……あぁ、また血糖値上昇しそう。


夜7時になろうかという頃、藩士と思しき女性二人連れが来店しましたが、「遠くから来てもらったのにごめんなさい」と、お兄さまがやんわり丁重にお断りしてました。
間もなく閉店の時間です。

全国の藩士諸氏、お気を付け下さい。
『カフェレスト ラディッシュ』は夜7時閉店です。たぶん。
で、日曜祝日が定休日です。これもたぶん。

何時間でもいたいのは山々なんですが、そういった事情なので、僕らも御暇する事に。
この日の悦子サマは、終始厨房の中で忙しくされてて、御尊顔を拝する事は叶いませんでした。
僕ら二人、心の中で
「かあちゃん、おいしかったよ」
と呟いて店を後にしました。
結局、閉店ギリまで粘ってたのは僕らでしたね。



また来よっと。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2月です。

    Excerpt: 陰暦で如月――1年で一番寒く、着物を更に重ね着する事から〝衣更着〟が訛じて「如月」になったとか。 それが何故「如月」という漢字が当てられたのか定かではありません。単に、中国での2月の異名「如月」を取.. Weblog: 讃岐屋が行くわよっ☆ racked: 2014-02-02 14:18