たまには激情ロックを聞きながら

家にCS有線を導入してるせいか、ここしばらくCDなんか買ってなかったんですが(あ、先々月に『ライブ!ポプコンヒストリーⅢ』を買ったか)、今月はチョット買いたいCDがありましてね。発売日には買えなかったんですが、給料も出た事だし、本日買ってまいりましたよ。
一枚は、スターダスト・レビュー31枚目のアルバム、タイトルもズバリ『31』。
もう一枚は、汗ダク感情ロックバンド・月光グリーン待望のセカンドアルバム『雪月花』。
スタレビの『31』についてはSea-naさんにお任せするとして、ワタクシめは、月光グリーンの『雪月花』について述べましょか。

月光グリーンのCDジャケットといえば、おなじみ原義一さんの切り絵です。
(CUEファンの方なら、『ドラバラ』のオープニングタイトルを飾った、あの切り絵の作者と云えばおわかりでしょうか?)
ファーストアルバムはバックが真っ赤でしたが、今回は全面ブルーのバック(粉雪舞う空のイメージ?)にセーラー服姿のお嬢さん。何となく村下孝蔵さんのCDジャケットを彷彿とさせます――タッチはまるっきし違いますけど。
つーかね、この絵を見てると、ナックスの舞台『HONOR』で音尾さんが演じた〝ちえ〟が思い浮かんじゃって、どぉ~しよぉ~もないんですけど(笑)

1曲目は『夜が明けるまで』。
あの〝CUE DREAM JAMBOREE 2004〟のオープニングを飾った、なまらカッチョエェ曲です。もぉね、イントロからしてガンガンにロックしちゃって、これで盛り上がらない訳がない! 拳を高く突き上げて「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」てなもんで。
こんだけカッチョエェと、あちこちの番組でBGMとして使われちゃうんだろうなぁ。
今年、夕張で催された〝CUE MUSIC JAMBOREE〟では、タイトルは『ジャンボリー』と発表されましたが、アルバムとして出るまでのここ数ヶ月の間で、いろいろ紆余曲折あったんでしょう。結局、『夜が明けるまで』に落ち着きました。
ん~……コッチの方がしっくりくるなぁ。

6曲目の『生まれ変わったら』。
佐藤シゲ脚本・出演の舞台『GHOOOOOST!!』の為に、ボーカルのテツヤが書き下ろした曲。ギンギンのロックをぶつけてくるかと思ったら、爽やか系ロックでしたね。ちょっとサスケとかコブクロとかみたい。
同じく『GHOOOOOST!!』の挿入歌として書かれた『ヌケ忍パンクス』が7曲目。
こちらは、一転して〝THIS IS THE ROCK’N ROLL!!〟。パンクというよりハードロックですね。
して、〝抜け忍〟じゃなくて〝ヌケ忍〟(笑)
何だかコント55号で坂上二郎さんが演じた〝赤忍者〟が頭に浮かんじゃうんですけど(爆)
どんなにカッコよくキメても、どこかコミカル。タイトルイメージの妙ですね。

8曲目の『こぶしというアンテナで』は、北海道日本ハムファイターズ金村投手の登場テーマ曲でもあります。金村投手が登板する際、この曲が札幌ドームに鳴り響くというしくみになっております。
にわかファイターズファン(そらぁもぉ、去年の日本一騒動の時に「ヲイヲイ、どうなってんだよぉ!?」でファンになったクチですから)のワタクシめ、ただの一度も球場観戦した事もなければ、札幌ドームに足を踏み入れた事もござんせん。だから、どんなノリノリの曲なんだろうと期待しておりましたれば……意外や意外、スローテンポで入ってきまっせ。こんなスローな曲じゃ、闘志もへったくれも沸き上がって来ないんじゃないかと思ってたんですが、サビへ向かうにつれ徐々にテンポアップ。ラストは拳を突き上げんばかりの、登場テーマってより応援歌チック。何と申しましょうか、こぉ、〝秘めた闘志〟みたいなもんがフツフツと。
歌詞もね「俺たちはいつだって応援してるゼ! だから頑張ってくれぇ!!」みたいな熱い詩ですよ。さすが激情ボーカルギターのテツヤらしい歌詞ですよ。
この曲、札幌ドームでガンガン流れてくれるといいですなァ。
――その金村投手、残念ながら肘を故障しまして、8月5日の2軍降格以来、調整の日々を過ごしております。リーグ優勝秒読み状態のペナントレースには間に合わなくても、続くCS、日本シリーズには是非間に合ってもらいたい。
よしんば今シーズンに間に合わなくても、来シーズンには、『こぶしというアンテナで』を札幌ドームに高らかに鳴り響かせてもらいたいものです。
頑張れ、金村投手!


全9曲の、ハードパンチあり、じわじわ来るボディブローあり。
クイーンやディープパープルよりビートルズ、それよりもサイモン&ガーファンクルな青春時代を過ごしてきたんで、基本的にガンガンロックは趣味じゃないんですが、たまに聞いてみるのもいいかなぁ~。
月光グリーンには、もっともっと大きく、メジャーになってって欲しいですねぇ。
先物買い、先物買い(笑)



時に。
CS有線放送ってさぁ、CS(衛星)使ってる時点で〝有線〟じゃないよね(笑)


雪月花
インディーズ・メーカー
2007-09-19
月光グリーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック