南四国・のらり旅 ―出発前―

≪僕はまた旅人になる≫


なぁ~んかポエムちっくなサブタイ付けちゃいましたけどね。
大丈夫なんかね? 頭ン中、雪虫涌いとんちゃうやろね?

え~、またまた勤務シフトのいたずらで、〝連休の神様〟が降ってまいりました。
元々、月またぎで2連休になっていたのですが、上役の方のスケジュールに急な会議が入ったとかでシフト交代したところ、2連休が4連休に化けちまいましたぁ。
さぁ、2連休くらいなら、洗濯やら掃除やら家の事片付けて、発売されたばかりのドラバラDVD『山田家の人々』を飽きるくらい見倒してやるんですけど、4連休ともなるともう黙ってられません。〝放浪神経〟がウズウズし出します。
もぉ押さえられません。
気づくと、高松駅の『JR四国旅行センター ワーププラザ』の前にいました(笑)
今回入手したキップは『四国フリーきっぷ』です。
JR四国全線と土佐くろしお鉄道の窪川-若井間(この区間を含めないと、高知-宇和島間を直行出来なくなるんですわ)を3日間自由に乗り降り出来るシロモノです。
特急列車の自由席とJR四国バスの路線バス(高速バスを除く)にも乗れます。
今回はこのキップを使って、土佐・南予方面――高知から宇和島を経由して、内子の街並みを見物して来ようかと。

僕、高知には何度か行ってます――「高知市」にはね。実は、それ以外には行った事がないんです。
なもんですから、この機会にいっちょ見て回ろうかと。
足摺岬の方も行ってみたいんですが、残念ながら今回は見送って(列車旅じゃキビシイんですもの)、行ってみたいのは安芸。
……広島じゃないですよ。高知だって言ってるじゃないですか。安芸は安芸でも、タイガースのキャンプ地で有名な安芸市の方です。
だからって、タイガースのキャンプを見に行こうってんじゃないですよ。だいたいにおいて、秋季キャンプはとっくに終わってますし、タイガースファンでもないですからね。
安芸にはですねぇ、ちょっと見てみたい物があるんですよ。それは……まぁ追々だ。明日というか今日にはわかるでしょう。
ついでに土佐の美味い物をたらふく食って。
……どっちが主目的だ?

南予・宇和島。宇和島といったら闘牛。
牛追い祭に参加できなかったミスター・大泉さんに代わって、この讃岐屋が、場所を四国は宇和島に移して、荒々しく牛と闘ってみたいと――ウソですけどね(笑)
だいたいにおいて、宇和島の闘牛は牛同士が闘うんであって、スペインのように牛と人が闘う訳じゃありませんから。いくら闘牛士の恰好してったって、「いい病院紹介してやろうか?」と言われるのがオチですから。

伊予の小京都・大洲市――なんか日本中、小京都だらけですな。
昔ながらの風情を残す内子町。ミスターのダジャレのように、内子で撃ち殺されて来ようかと(笑)


今回はね、ちょっと楽しみだったりするんですよ。
久しぶりにちゃんとした観光旅行が出来そうで q(^o^)p
某企画以来、ゆっくりゆったりとした観光が出来なかったんですなぁ――いや、アレはアレで楽しかったんですよ? ツラいのも半分……いや、かなりありましたけど(笑)
「祭」はユルユル行くつもりが、結局のところ精力的にアレやコレや忙しなかったですし。
肩の力抜いて、少しゆっくりしてきますね。
今回の旅のテーマは「温故知新」
ちょっと昔から、もうちょっと昔までを探す旅にしようかと。
探したからって、どうなるもんでもありませんけどね (-_-)


つーか、これから旅に出ようかって人間が、こんな時間まで起きてるってのはどうよ?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック