実録・陣取り合戦 ―罠にハマる―

練りに練ったプランは、ここまで順調に来てます。
(いいの! 順調なの! そう言い張るの!! クスン)
このまま緊急ミッションも乗り切って、順調なペースのまま明日を迎えたいところですが、はたしてうまく行きますかどうか……

そもそも〝緊急ミッション〟という案を思いついたヒントは、子供の頃に聞いてたラジオの番組から。
生放送の最中に〝緊急指令〟が発表されるんです。例えば「家中の10円玉を集めろ」とか「家族の年齢をすべて足して報告せよ」とか。リスナーがその指令をクリアして電話をかけてくるという、リスナー参加のコーナーだったのです。
そういえば『アッコにおまかせ』でも昔ありましたよね。「家中の赤い物を持って集まって下さい」とかいうの。
アレ、面白いなぁと思ってたんですよ。
どうせならそういったのを今回のルール内に取り込んで、競技者の足を止めたり、惑わせるのも面白いと思って提案したんですが……
人を呪わば穴二つ。まさか自分に返ってくるとは思ってもみなかったんですよ。

11:40 名古屋到着・緊急ミッション
折も折、世間は衆議院議員選挙の選挙期間中。名古屋のマスコットギャル(笑)「ナナちゃん」も選挙モードです。
さすが名古屋。ドラゴンズカラーのユニフォームに身を包んだ「ナナちゃん」、背番号は777。これはやっぱり星野さん(現・阪神タイガースSD)の影響なんでしょうか。
近鉄名古屋駅前を過ぎ、インターネットカフェ『知好楽名駅店』へ。ここは会員制ではないので、入会手続きはありません。
が、
「当店は食事は出来ませんがよろしいですか?」
……あ。食事、出来ないの?
……まぁ……まぁまぁいいや。緊急ミッションなんかサクッと片付けて、どっかで美味しい味噌カツでも食べましょうや。
そして12:00。いよいよ第1回目の緊急ミッションが下りました。
え~っと、何々?

次の【   】に適する値を求めよ。
アヤにャン人形を200個仕入れた。仕入れ値の3割5分の利益を見込んで定価をつけたが、3割が売れ残ったので残りのものを定価の2割引きで売ったが、更に5個が売れ残ったこのアヤにャン人形は返品ができないため、損を見込んで豊原商店に仕入れ値の6割で買い取ってもらってようやくすべてを売りつくすことができた。利益が102800円であったとすると、アヤにャン人形1個の仕入れ値は【 (ア) 】円である。また、売れ残ったアヤにャン人形は仕入れ値で返品可能なとき、利益は【 (イ) 】円である。


ぐわぁ――ん!! ぐわんぐわんぐわんくぅ~んきゃんきゃん

……す、数学じゃん!!
ボ―――ゼン
のーみそのシワが一遍になくなりました。
頭蓋骨めくったら、中から鳩が出ますよ。
などと呆けてる場合じゃないです。たとえ苦手な数学とて、解かない事には前には進めないんですから。

仕入れ値をχ円と仮定した時、定価は1.35χ円。
仕入れた200個のうち、定価売りの3割が売れ残ったという事は、定価で売れたのは7割の140個。という事は、ここでの売上は
     1.35χ×140=189χ
残る3割=60個のうち、定価の2割引で売って5個売れ残りだから、割り引いて売れたのは55個。したがって、ここでの売上は
     0.8×1.35χ×55=59.4χ
売れ残った5個は仕入れ値の6割で引き取ってもらったから、
     0.6χ×5=3χ
で、それらの合計たる利益が102,800円だから
     189χ+59.4χ+3χ=251.4χ=102800
         ∴ χ=408.9101034


……あれぇ~? 仕入れ値で端数って出るゥ? これって切り上げ? 切捨て? 四捨五入?
ん~…………わかんにゃい!
どっかで計算が間違ってるんだけど、どこが間違ってるのかわからない。頭が働かない。ただ時間だけが刻々と過ぎて行く。既にプランA(名古屋12:46発、信州温泉コース)のタイムリミットは過ぎた。
ん~……いいや! 捨てよう!! 解けっこねぇんだ。ペナルティの2時間、甘んじて受けましょう。
そうと決まれば気が楽になった。プランB・Cは計画段階から中途半端だったから切り捨て、プランDの15:28発に決定――後がキビシイけど、この際それは割り切って行きましょう。
ペナルティタイムを利用して、いただいたコメントに返事を書いて……何かがピンと来た!
そっか。利益だもんな! 利益って総売上マイナス仕入れ値だもんな!
メモをひっくり返して再計算。
……あはは、解けたよ。いともアッサリと。この悩んで悩んで、悩み抜いた末に放り投げた1時間半は何だったの?
早速、久保ディレクター宛に回答メールを出す。ところが、待てど暮らせど返答が帰ってこない。ドコモのメールセンターに何度も問い合わせるが、返ってくるメッセージは「新しいメッセージはありません」
何だ? どうした? 教えられたメルアドが違ったか? 実は大文字と小文字の違いとか? どうする? 角ディレクターに訊いてみるか? ……もう2時を回ってるけど。
一応かけてみた角ディレクターへの電話は、既に移動に入ったのか、つながらないまま。
結局、正解が出ようが出まいが、14時までの足止めは決定のようで。
割り切って名古屋駅に戻る事に。
(結局、久保ディレクターからのメールが届いたのは16時を回ってから。他のメールと一緒に届きましたよ。メールセンターで止まってたんだね。新しいメールが来たから、トコロテン式に押し出されて届いた、と。
にしても、2時間も遅れて届くメールって……。翌日のミッション回答方法が同じでなくて良かった……)

15:28 名古屋発
プランDによれば、名古屋脱出に使うのは、中津川行きの快速セントラルライナー13号。これに乗る為には、ライナー券と呼ばれる乗車整理券が必要。いわゆる指定席券だ。
指定席といえば「みどりの窓口」だ。行ってみると、新幹線の指定席券や愛知万博へ向かう列車の指定席を取ろうとする人たちでひしめいてる。
うへ。
でもまぁ、わりと人の少ない列に並ぶ。並ばなきゃ始まらないもの。ようやっと自分の番になって、
「セントラルライナーのライナー券、中津川まで1枚」
係員さん、「何言ってんだ、コイツ。忙しいのに」という顔をこちらに向けながら、
「それね、ホームに販売機があるから、そっちで買って下さいね」
……最初っから言えよォ!! でなきゃどっかに書いとけよ!!
ホームに上がってみると、なるほど自動販売機がある。しかも出発の10分前にならないと販売しないようになってる。
このライナー券、座席指定席券といっても〝何号車何番の座席番号何番〟という指定方法じゃなく、〝何号車の何列〟までしか指定されない。一列4席(通路はさんで左右2席)だから、その列であれば何処に座ろうが自由。意味あるのか?とも思えるけど、これがないと乗る事は出来ても(規定上、ライナー券がないと乗れない事になってる)座る事が出来ない。その割には検札・回収もしないんだよなぁ。
ん~……何だかわかんないきっぷだなぁ……

この記事へのコメント

2005年09月12日 01:15
おもしろい!読み物としておもしろいです!!
自分たちのことであるにも関わらず、人ごとのような感じで(イイ意味で)
ドキドキしますね~!!
2005年09月12日 01:32
『既に移動に入ったのか、つながらないまま』残念!!
その頃、りーまんとらべらーさんと金井さんがわたしの電話で
お話しされてた頃ですね。。。。。。
2005年09月12日 06:32
あらら、讃岐屋さんは「角ディレクターに電話がつながらなかった」だけじゃなくて、「アヤにゃん生電話」のチャンスも逃したというわけですか。
讃岐屋
2005年09月12日 09:04
うっく……そ、それは……

ウエ――――ン!!(号泣)

この記事へのトラックバック