讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS パッキ―――ン!!

<<   作成日時 : 2012/11/09 19:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

メガネこわけたぁ――ッ!!

今日はデスクワークの日。
パソコンで書類作成中、突然、眼鏡のブリッジが真っ二つにパッキーン!!と折れました。手も触れてないのに。
フッフッフ、ついにオレの闇の力≠ノ耐え切れなくなったか ( ̄ー ̄)ニヤリッ
……すいません 単なる金属疲労です。

まぁ、10年近くも使ってれば、そらぁ金属疲労も起こそうってもんです。
結構お気に入りのフレームだったんですけどね。
テンプル部分が形状記憶合金で出来てるから、多少のひねりにもビクともしないし、うっかり眼鏡かけたままで寝落ちしても、そうそうひん曲がる事もないし。
実は2代目だったりします。
以前使ってた物が、ヒンジ部分から折れたか摩耗したかでダメになり、買い換えに行ったら「同じフレームがありますよ。2、3日で取り寄せられます」と言われたので、即決。傍目には「あれ? メガネ替えた?」て言われないモデルチェンジを(笑)してまで使ってたフレームでした。
とはいえ……まさかこんなトコがパッキリ折れるなんて……それも、誰も手を触れてないのに……
頭ン中をCAさんが大慌てで走り抜けて行きました。

       「お客様の中で発勁の使い手はおられますか!?」

いや、かめはめ波でも波動拳でもいいんですけど。
――という冗談はさておいて。

さすがに困りましたね。
ワタクシ、裸眼視力は両目とも0.1。パソコンを覗こうにも、ディスプレイに思いッきり顔を近づけて、しかめっ面になって、やっと何とか見える程度です。
直そうと思ったんですが、瞬間接着剤は接着面が小さすぎてくっつかず。仕事柄、ハンダはそこいら中に転がっているので「いっそハンダ付けしちゃっか」と挑戦しましたが、チタンはハンダの乗りが悪いんですね。あえなく断念。つーか電気回路じゃないだから、ハンダごときで眼鏡フレームを直せる訳がない。
無理にかけようとすると、マヌケな怪盗ルパンみたい。
これでは仕事になりません。店じまい、店じまい。
まぁ幸いにも、壊れたのが課業終了近かったのと、定時で帰っても支障がなかったので、そそくさと帰らせていただきました。
で、そのままメガネ屋に直行。


まぁ〜世の中うまくしたもんで、レンズを削ったりすることなく、そのままスッポリ嵌まるフレームがありまして。
……そりゃああるよね。メガネ屋だもん。
して。
最近の眼鏡フレームって軽いのね。
いや、以前から軽いフレームはいくらでもありましたが、さらに軽量化されてるんですね。試しがけしてみると、フレームの重さがまったく気になりません。
ワタクシ、この鼻と耳にズシっとくるのがイヤで、セルフレームよりはメタルフレームを選んでしまうのですが、ここまで軽いとは思ってもみませんでしたね。

で。
見合うフレームを探していただいてる間、サービスで視力検査をしていただきまして。
確かにね、度数が合わなくなってきてるなぁ〜とは思ってたんですよ。春の健康診断でも、免許更新の時でも、1.0あった右目の視力が0.6しかありませんでした。去年まではそんな事なかったのに。
おまけに、ここ半年くらい前から、近場の物が見えにくくなってきてます。ちょっと離すとクッキリ見えるのに――て、コレって老眼!?
測っていただきましたら、度数はズレてないそうな。
あえて言うならば、右の近視度数が0.1程度ユルいそうで、乱視に至ってはビシッと合ってるんだとか。
じゃあ、ここ最近見えにくかったり、視力検査の結果が悪かったのは?

       「老眼ですね」

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

……まぁ……まぁまぁまぁまぁまぁ……まぁ……ね。
そういうお年頃ですからね(「お年頃」言うな!)
ただ、その……薄々覚悟していたとはいえ、いざ面と向かって言われちゃうと……ね。
で。
ワタクシの場合、ちょっと変わってるんだそうで。
無意識のうちに右目で手元に、左目で遠方にピントを合わせているそうで――言うなればナチュラルで遠近両用(笑)
確かに左だと手元がぼやけますし、右だと遠くがぼやけますなぁ。そんな極端に見えづらいって訳じゃないですが。何せ両目とも1.0に矯正されてるそうですから。

       「まぁ、そのうち両目ともピントが合わなくなってきますから。覚悟しといて下さい」

……老眼は今以上に進むそうです
でもって。
模擬的に遠近両用メガネを作っていただきまして、「こういう見え方するんですよ」てな体験をさせていただいたんですが。
最近の遠近両用レンズって、一枚の中に遠くが見やすいエリアがあったり、手元が見やすいエリアがあったりするんですね。いわゆる「境目のないレンズ」(「累進レンズ」って呼ばれているそうです)ってヤツですね。
昔ながらの遠用部と近用部に境目があるレンズ(二重焦点レンズ)もありますが、中間距離のピントが合いづらいとか、他人からの見栄えが悪いとかで敬遠されてるんだそうです。
で、累進レンズは構造上どうしても像が歪むエリアが発生するんだそうで。
マス目状のラインが引かれたタイルの前に立って、

       「このタイルを見ながら、首を左右に振ってみて下さい」
       「おぉ〜う……歪む歪む(笑)」

この歪みが、慣れない人には慣れなくて、苦手な人は苦手で、遠近両用レンズそのものを敬遠される方もいるそうで。そういう方はどうするかと申しますと、遠くを見る用と手元を見る用の2つの眼鏡を用意するんだそうです。
よく見かけますよね。2つの眼鏡を取っかえ引っかえして使ってらっしゃる方。

という訳で、新しいメガネが出来上がってくる間、近い将来かける事になるであろう老眼鏡の体験をさせてもらったのでした。
とはいえ。
思いがけないフレームの買い替えは、結構手痛い出費でした。



ちなみにですが。
よく「近眼の人は老眼になりにくい」と言われますが、アレ、まったくのデタラメだそうです。
「老眼になりにくい」じゃなくて「老眼に気付きにくい」の間違い。

……いつの間にか老眼談議になっちゃいました(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も眼鏡出・・・老眼始まってます^^;
今の眼鏡じゃ見難い
小さい字は眼鏡外してみてます。。。
ヒロ
2012/11/10 08:21
とある学者先生によると、人は生まれた瞬間から老眼に向かって突き進んでいるんだそうで。
そんなミもフタもない言い方しなくても、ねぇ?
讃岐屋
2012/11/10 16:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
パッキ―――ン!! 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる