讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS One hundred years ago

<<   作成日時 : 2004/09/17 02:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今から百年前――1904年2月、日本は帝政ロシアに宣戦布告した。いわゆる日露戦争の勃発である。5月、遼東半島に進出した日本軍は、南山・錦州の両要塞を陥落させ、慌てふためいたロシア人たちは、大連を放棄して旅順へ逃げ込んだ。かの有名な「二百三高地の戦い」に始まる旅順開城は、この年の冬の話だ。
そんな最中、ウチの祖母は生を享け、今年見事に100歳を迎えた。
ここ数年こそ、寝たり起きたりの生活をしているものの、まだピンピンしている。本人「早く死にたい」と洩らしてるそうだが、天寿というもの、そう易々と思い通りにはさせてくれないらしい。そのクセ、「市からのお祝いは今年か、来年か」と心待ちにしてたとか。

で、そのお祝い。
何をもらったかは聞いてないけど。
市からのお祝いは、誕生日に来たらしい。
国から(総理大臣からと北海道から)は、つい先日――15日に来たそうだ。
バラバラなのね。
つーか、国の基準はあくまで「敬老の日」なんだな、と。今年からハッピーマンデー法で9月の第3月曜日になっても、あくまで「9月15日」なんだな、と。
お役所判断だとか、融通がきかねぇだとか考える前に、「頑なに9月15日」ってトコに感心してしまった。
百歳の顕彰は9月15日現在で存命中が基準らしいから、いくら100歳になっても、9月15日以前にお亡くなりになった方はもらえない。
……なんだ、やっぱり融通きかねぇじゃん。

で、今年百歳の顕彰を受けたのは、僕の故郷だけで43人もいたそうだ。も早、100歳は珍しくも何ともないんだね。高齢化社会の縮図を、まざまざと見せつけられた感じだ。石を投げれば100歳に当たるという時代が、すぐそこまで来てるんだって実感させられるお話。
(当たったら当たったで、どやしつけられて、こっぴどく説教されるんだろう事は明白)


僕は……100はムリだな。還暦も怪しいもんだ。
(ま、そう云うヤツほど、厭味なくらい長生きするもんだけど……?)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大往生といふ事
私事ですが(つか、このブログ自体が私事の集合体なんですが)。 ...続きを見る
讃岐屋が行くわよっ☆
2006/11/26 21:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
One hundred years ago 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる