テーマ:音楽

さよならナイアガラ

元日の朝、ごろ~んと寝転がってテレビを見ておりましたら、シンガーソングライターの大瀧詠一さんが急逝されたというニュースが飛び込んできました。思わず「ゑっ!?」と飛び起きたものです。 12月30日、自宅で家族との夕食中に「林檎を喉に詰まらせて」緊急搬送された病院で、間を待たずして亡くなったそうです。救急車で搬送された時には既に心肺停…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テイク・ファイブ」は永遠に

アメリカのモダンジャズの巨匠で、ピアニスト・作曲家のデイブ・ブルーベックさんが5日、東部コネティカット州で亡くなられたそうです。定期検査で病院に向かう途中、心停止により息を引き取ったとか。 享年91歳。合掌。 ジャズにはまったく興味がない方や「デイブ・ブルーベック・カルテット」を知らない人でも、代表曲でもある『テイク・ファイブ』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳に刺さった魚の小骨

このところ、また脳内リフレインしている曲があります。 今から35年くらい前の曲――といっても、おそらくレコード化はされてないだろう。セイコーだかシチズンだかも忘れましたが、とにかく時計メーカーが提供していたラジオ番組中で流れていたCM曲……だったように覚えてます。 肝心の番組内容は、小指の爪先ほども覚えちゃないんですけどね。 曲調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の色 雲の影

卒業シーズン真っただ中。今日15日は、公立中学校の卒業式の日です――でいいんですよね? アレ、北海道だけじゃないですよね? 卒業式といえば、卒業生による合唱。 最近話題になっている曲といえば『旅立ちの日に』ですか。 まぁ、あちこちで紹介されてはいるんですが、一応。 『旅立ちの日に』は、平成3(1991)年に埼玉県秩父市立影森…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

虹と雪のバラード

男子スピードスケートで長島が銀、加藤が銅、男子フィギュアでも高橋が銅メダルを獲得し、意外と盛り上がっております、バンクーバーオリンピック。 メダルには届かなくても、入賞者が続々誕生しておりますしね。 そして。 本日行なわれた女子フィギュア・ショートプログラムでは、浅田真央がトップのキム・ヨナと4.72ポイント差の2位、安藤美姫も4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樋口さん!!

スゴい事になったもんです。 樋口さんが歌う『手紙~親愛なる子供たちへ~』が、第42回日本有線大賞の〝有線音楽優秀賞〟を受賞しました。 まぁ~まぁまぁまぁまぁ、驚いたやら笑っちゃうやらで。 (なして笑っちゃうのかはわかんないですけど) 有線音楽優秀賞に選ばれたのは、8組のアーティスト。冠二郎や大月みやこ、水森かおりといった演歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樋口さんが鳥取にキタァ―――ッ!!

「キタァ―――ッ!!」の本家本元・山本高広さんも、某民放局の秋祭りのゲストとして米子に来てたんですが、そっちへ行くと100%手伝わさせられると思われるので(笑)、よしんば手伝わさせられなくても、知った顔ばかりで気まずいので(爆)、パスしました。 生で織田裕二や、浜ちゃんや、逃げるE.T.を見たかったんですけどね。 そのかわり、隣町の…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

大漁 豊漁 うたい船

米子ライフ105日目。 わはは、ウッソだろぉ? もう3月も終わろうというのに、もうすぐ桜も咲こうってのに、みぞれだってさ。 笑っちゃうよね。そりゃあ慌てて灯油買いに行くってもんさ。 ただね。 この時期の灯油って、どんだけ買うか迷うんですよね。あまり多く買うと使い残すし。少なすぎると、ひょっとしたらまた買いに走んなきゃならなくなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いろいろやってんだぁ……

米子ライフ49日目。雨はやっぱり降ってきました。気温は高いのにねぇ。 ずっと前の記事にも書きましたが、わが家には、なぜかしら有線放送が入ってます。 CS有線『SOUND PLANET』です――「CS使ってる時点で有線じゃねぇだろ!」てなツッコミは毎回してますから、もういいですよね(笑) 懸賞で当たったもんなんですけど、割と重宝して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネバーランドは還らない

マイケル・ジャクソンが豪邸『ネバーランド』を売却したそうです。3億2,500万ドル(約374億円)以上とも言われる負債返済の為、ついに手放したんだとか。 そういやぁマイケルって、ビートルズの楽曲版権も持ってんだよね。 正確にはATV音楽出版という版権管理会社の株25%を保有してるって。この辺は小室哲也とは違うらしい(笑) で、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには激情ロックを聞きながら

家にCS有線を導入してるせいか、ここしばらくCDなんか買ってなかったんですが(あ、先々月に『ライブ!ポプコンヒストリーⅢ』を買ったか)、今月はチョット買いたいCDがありましてね。発売日には買えなかったんですが、給料も出た事だし、本日買ってまいりましたよ。 一枚は、スターダスト・レビュー31枚目のアルバム、タイトルもズバリ『31』。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じゃあね またね 元気でね

前記事で、伝説のラジオ番組『サンデージャンボスペシャル』出身のミュージシャンについてチョット触れましたが、佐々木幸男さん・鈴木一平さんの2人に関して、「あぁ、そぉいやこの2人って〝ポプコン〟出身なんだよなぁ」てな事を思い出しまして。 佐々木幸男さんは76年の〝ポプコン〟11回大会で、『君は風』という曲で優秀曲賞を受賞し、その曲でメ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ゆうばりの熱い日~その7~

ジン丼最高っ!! (そりゃもォええっちゅうに……)いやぁ~……やっぱ、北海道に来てジンギスカンは外せないでしょう。大盛り頼んじゃった(笑) ホリさんのブースで『夕張メロンピュアゼリー』の試食会をやってたので、デザート代わりにいただきました。 あのねぇ~……キケンだよ、『夕張メロンピュアゼリー』は。メロン以上にメロンメロンですから。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうばりの熱い日~その6~

ん~るぉく~でな~しぃ~っ!♪「どぉした讃岐屋!? とうとう暑さにヤラれて、気ィ狂ったか!?」なんて~ヒド~い~言い方~♪さ。おバカなつかみは〝放置プレイの刑〟に処するとして(笑) WAHAHAの歌姫・梅ちゃんこと梅垣義明サンの登場ですよぉ! のっけから越路吹雪の『ろくでなし』に乗って〝流れ星(笑)〟が会場を飛び交います。昨日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうばりの熱い日~その5~

昨日と違って雲一つない……とまでは行かないまでも、いい天気です。暑くなりそうです。こらぁ日焼けするなぁ~――なぁ~んつって、もう何やっても手遅れなくらい真っ黒(つーか真っ赤)なんですけど。 昨夜、洗面台の鏡見てビックリしましたよ。顔と腕の露出させてた部分が思いッきし斑灼けしちゃってて。「うぅ~わっ!」て驚いたくらいに。曇り空の方が紫外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうばりの熱い日~その4~

味噌ラーメン、おいしゅうございました。 (何だい、また同じ展開かい?) ステージの話ばかりじゃなく、ちょっと別な方にも目を向けて話をしましょう。 バルーンゲートの隣、ステージ側に張られたテントでは、オフィシャルグッズと出演アーティストのCDが販売されています。大荷物になってしまった方の為に、日通ペリカン便さんが出張受付されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうばりの熱い日~その3~

ステーキ丼、おいしゅうございました。 (はぁ? 昼飯くらい食べさせなさいよ!) 肉厚でジューシーな牛肉が、白い御飯の上にドデンと乗っかりまして、そりゃあもぉもぉもぉモォ~ォ! ただねぇ……正直、飽きる。〝人は肉のみに生きるに非ず〟って、何か違うな。肉と米だけじゃ、味はどうしても単調になる。そうなると人間、耐えられなくなるのね。ソー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうばりの熱い日~その2~

『CUE MUSIC JAM-BOREE in ゆうばり』は2部構成になってまして、第1部にあたる午前段は、札幌を中心に活躍するインディーズバンドが登場します。 プロのアーティストだけじゃなく、これからの音楽シーンを担ってゆくだろうインディーズバンドにも目を向けて行こうという趣旨です。 ・SERVICE ACE ん~……良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆうばりの熱い日~その1~

え~……行ってまいりました。『CUE MUSIC JAM-BOREE in ゆうばり』 以前、あれほど「行きたいけど諸事情あって行けない」とか偉そうに言ってたのに、ANAさんから「マイレージがたまってますよぉ。無料チケットでどこか行きませんかぁ?」とお誘いされ、じゃらんさんから「ポイントがたまってますよぉ。宿代割引しまっせぇ!」とか言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『CMJ in ゆうばり』タイムテーブル決定ッ!

いよいよ迫ってまいりました『CUE MUSIC JAM-BOREE in ゆうばり』ですが、そのタイムテーブルが発表になりましたね。 夕張へ行かれる方は、このスケジュールを見ながら、「どの時間帯で食事にしようか」とか「どの時間帯でショップに討ち入りをかけようか」とか(中には「どの時間で抜け出して、〝黄色いハンカチ〟見に行こうか」とか)…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

バルトの楽園 ―映画、見てきました―

さてさて。 さんざっぱら触れてきた映画「バルトの楽園」ですが、公開初日に見てきました。 今さらどんな映画か語るつもりはありませんが――いやぁ~、前評判どおり、ひさびさに「良質の邦画を見ました!」て気がしましたよ。 映画全編を通して描かれるのは、やはり松平健扮するところの松江所長の人となり、ヒューマニズムでしょう。 そんな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バルトの楽園 ―ゆかりの地を歩く―

(「う」と「ふ」のお二方に倣って)「さ」でございます(笑) さて、前回は映画『バルトの楽園』のロケ村を探訪いたしましたが、じゃあ実際の俘虜収容所はどうだったんだろう――と思いを巡らすのは人として当然の行動ですよね。 (んな大袈裟なもんかね) で、行ってみました。 県道12号線から鳴門市ドイツ館へ至る道の途中、『ドイツ村公…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バルトの楽園 ―ロケ村・歓喜の郷―

徳島県の板東という町を御存知ですか? 渦潮で有名な鳴門市から程近い、四国八十八ヶ所の第一番札所・霊山寺の門前町です。 そして、ベートーベンの交響曲第九番が日本で最初に演奏された地でもあります。 事の起こりは、第一次世界大戦開戦直後の大正3(1914)年11月。 イギリスと同盟を結んでいた関係から、連合国側として参戦した日本は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ゲットです! 「堕ちる女」

私め、ブログ開設当時に「この歌、知りませんか?」というタイトルで、情報提供を求めました。が、誰一人として情報を下さる方がおらず――つーか、見向きもされなかったです(T_T) ならば自力本願とばかり、ネット検索にもかけてみましたが、まるでヒットせず。 ヒットするのは「サラ金地獄に堕ちる女」とか「禁断の愛に堕ちる女」とか、そんなのばっか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プレイバック(笑)東海のらり旅 ―音楽の街・浜松―

実は、今回の旅の前にも一本、旅に出てました。行き先は静岡県浜松市。 もうだいぶ間が空いちゃったし、これといって観光らしい観光もしなかったし(浜名湖なんかにゃ見向きもしなかったし)、名物のうなぎも食べなかったし(食っても駅弁だし)、「まぁ、いっかぁ~」と、そのまま放置してたんですが、名古屋篇を書いたんで、そのおまけとして(笑)思い出し思…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

♪大洪水のキッチンに~

樋口了一さんが『水曜どうでしょう』に初めて登場したのは、言わずと知れた『サイコロ3・前編』第1夜。企画発表までの前フリでです。 大泉さんを東京に連れ出す口実として、当時ミスターがやっていたラジオ番組『GOIS(ゴイス)』のゲストとして出演していた樋口さんの自宅(当時は川崎市在住)を訪問するというものでした。 渡辺篤史顔負け(いや、だ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

バンドネオンの音色に誘われて

先日、アルゼンチン・タンゴ楽団のコンサートに行ってきました。 やって来たのは『オルケスタ・エル・アランケ』というタンゴ七重奏楽団。専属男性歌手が1人。ゲスト女性歌手が1人。タンゴ・ペア・ダンサーが3組。このダンサーというのが、アルゼンチンのスターダンサーに、「タンゴダンス世界選手権」の2003年チャンピオンと2004年チャンピオンとい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

川の上の夢旅人

(ライブの画がないんで、クリスマスらしく高松駅前のツリーの画でも出しときましょうか→) 行ってまいりました。大阪での樋口了一さんのライブ。 大阪がすっかり行動範囲に入ってる事に、我ながらびっくりしてます。高松からJR・新幹線を乗り継いで2時間ちょっと。高速バスでも3時間。仙台にいた頃は、新幹線で2時間直行だったにもかかわらず…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

この歌、知りませんか?

もう30年前くらい昔になるでしょうか。 タイトルはしっかり覚えてるんですわ。 「堕ちる女」 タイトルからは想像もできないようなラテン系のノリで、 しかもホーンセクションまで従え、 ハスキーな女性ボーカルが男性コーラスをバックに、サビの部分で      「♪堕ちるわ 堕ちるわ 私は堕ちるわ              …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more