プラム・レイン

直訳すな!(笑)


米子は朝から雨でした。
昨日、九州と山口県が梅雨に入った事もあって、こっちも今日ぐらいに梅雨入りかなぁ~と思っていたら、案の定でした。
中四国、近畿、東海、関東甲信地方が梅雨入りしました。
一挙に行きましたねぇ~。
去年よりは3日ほど遅いですが、ほぼ平年並みの梅雨入りだそうです。
んで、気象庁の長期予報によると、梅雨入り近辺は少雨傾向ですが、平均してみると平年並みか少し多めなんだとか。
四国や関東、水不足にならないといいなぁ~。


ちなみに、ですけど。
欧米圏には梅雨というものがなくて(つーか、いわゆるモンスーン気候だからこそ梅雨が存在する訳で)、当然っちゃあ当然ながら〝梅雨〟にピッタリと見合う英単語も存在しない訳で。
どう英訳してんのかなぁ~、と調べてみたら――
Rainy season

……〝雨季〟だよ、それじゃあ
まぁ、確かに雨がちな季節になるから、あながち間違いではないんだけど……これも直訳っぽいなぁ~。
何より梅雨独特のジメッとさが伝わってこない。
単なる〝雨が多い時期〟ではないのですよ。
経験が言葉に結び付く。言葉になる。そのいい例ですね。

もしアメリカやイギリスにも梅雨があったなら、もう少し湿り気を含んだ言葉が選ばれたのかなぁ――て、何だその〝湿り気を含んだ言葉〟って(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック