イ――チロ――――ッ!!

画像
今でこそイチロー選手の背番号は「31」ですが、やはりこの「51」こそがイチローの代名詞ですよね。
ピンストライプのユニフォームに袖を通して3シーズン目になろうとしているのに、「51」のイメージが強いのは、やはり日本で、シアトル・マリナーズで、そしてWBCでも一貫して付け続けていたからなんでしょうね。

マリナーズからニューヨーク・ヤンキースに移籍した時、そのまま「51」を付ける可能性もあったのですが、彼自身も憧れていたバーニー・ウィリアムス選手(2006年まで在籍)がかつて付けていた番号とあって、「とても付ける事はできない」と固辞し、今の「31」に落ち着いたという話は、あまりにも有名。
ここ最近、トレードも含めた今後の去就が何かと話題になってますが、仮にどこか別の球団に移籍するとしたら、背番号「51」の復活――なんて事もありえるかしら?

画像
D51――正直、乗った事ないんだよなぁ~……
室蘭本線(岩見沢~室蘭間)じゃC62形が走ってましたけど、ウチの近所で走ってた&僕が乗った事あるのは、9600形とかでしたから。
従弟の家が、かつての士幌線沿線にあって、よくデデポッポ走ってましたね。
今でも道内アチコチの公園に静態保存されてますよ。

静態保存――聞こえはいいけど、要は形ばかりの屋根をかけて(あるいは野ざらしで)完全放置。旧大社駅の構内にD51が静態保存されてますが、もぉアチコチ赤錆だらけで、見るからに「うわぁ~……」て気にさせてくれますもん。
どうせ静態保存&展示するんなら、もう少し綺麗に整備してくれんもんかなぁ~。
――なぁんて、諸処の事情の〝じ〟の字も知らん者が、勝手ほざいてますよ。環境保全費用だってバカ高でしょうに。



あ。
言い忘れてました。
今日で51です。
(……それが言いたいが為に、こんなまわりクドい事を?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック