2月です。

陰暦で如月――1年で一番寒く、着物を更に重ね着する事から〝衣更着〟が訛じて「如月」になったとか。
それが何故「如月」という漢字が当てられたのか定かではありません。単に、中国での2月の異名「如月」を取って付けただけという説もありますが、それも定かではありません。

「きさらぎ」の由来には諸説ありまして。
気候がさらに陽気になる月だから〝気更来〟(もしくは〝息更来〟)から来たという説。
草木が芽吹き始める季節だから〝生更木〟や〝草木張り月〟から訛じたとする説。
いずれにせよ、古来の日本人は実に風流な感性を持ち合わせていたのだな、と。
例えば、2月の異名一つとっても。
梅の花が咲き始める時期だから〝梅見月〟とか、梅だけじゃなくいろんな花が咲き始めるから〝初花月〟とか、雪も溶け始める時期だから〝雪消月〟とか。
2月ひとつに、これだけの言葉をもって表現するのは、世界各国見回しても日本だけなんじゃないかと。
平安文化バンザイ!

それはそれとして。いくら如月だからって。
アフィリ商品の候補リストに、アイマスの如月千早ちゃん関連がバンバン上がってくるのはどういう訳だ!?(笑)
そんな事したって、千早ちゃんの胸はちっとも大きくならない!クッ……
あとは『艦これ』の如月ちゃんな。
……全然2月と関係ないやん!
まぁ、せっかくだから貼っちゃうけど(爆)



昨日・1月31日をもって、どうでしょう藩士にとっての聖地・喫茶『ラディッシュ』が閉店しました。
画像
お店の公式ツイッターにも、これこの通りのお写真が。
藩士への「またいつかどこかで会いしましょう!!」という呼びかけが、グッときますなぁ。
本当は去年いっぱいで閉店するはずだったのですが、かあちゃん、随分と頑張っていただいたようで、1ヶ月も延期していただいたらしい。
あぁ、くっそ! 結局2回しか行けなかったなぁ~……
初訪問は2006年の1月。小倉トーストをいただくつもりが麻婆豆腐丼をおみまいされて(笑)
2度目の訪問は2008年の2月。横浜にいる友人(モチロン、藩士)を連れて。小倉トーストは、やっぱり美味しかった。
3度目は……なかったか……
小倉トースト自体は、去年の祭でもいただきましたが、あの独特の空間を味わうってのも、藩士にとってはまた別の愉しみであった訳ですよ。
それが味わえなくなったのは、やっぱり寂しい限りですね。
かあちゃん、これから修業をして、今度はパンカフェとして再出発するそうです。お元気な77歳だ。
願わくば、その店の一角にでも、あの空間を再現していただけたらなぁ~……などと無理な事をお願いしてみますが。博物館じゃないんだから。
まぁ、おそらくは、全国の藩士が持ち寄った〝展示物〟の一部は、店の何処かにさりげなく飾られるでしょうけど。
……さりげなくムンクさんかよ(笑) 看板娘ならぬ看板ムンク(爆)



figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by figma THE IDOLM@STER 如月千早 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック