シロノワール、米子襲来!!

スタバはなくともコメダがあるさ!
東海地方を代表するコーヒーチェーン、コメダ珈琲店が米子にやって来ますよぉ
山陰では広島に次ぐ2店目だそうで。
画像

結構バカでかい店構えだったんでビックリ!
駐車場なんて、だだっ広い上にゆったりし過ぎちゃって、郊外のショッピングセンターか!?てくらい広いの。
これが、ただの喫茶店だってんだから、笑っちゃうよね――いや、コメダが只者じゃないって事は、重々承知の上なんですけどね。

春先には「スターバックス、島根県松江市にオープン!」なんてニュースで、山陰中が大騒ぎでした。
そうなると当然「じゃあ、鳥取進出はいつ?」てな方に注目が集まるんですが、スタバ本部では、

      「鳥取への出店も、当然視野に入れてます」

とコメントして。
それって、お役所が言う「前向きに善処します」てのと同じ意味だよね。
「視野に入れて」るけれど「見据えて」はいないんだ。
それって「何とな~く視界の隅にぼや~っと何か映ってるけど、気のせいだよね?」て言ってるのと一緒だよね。
――なんて勘ぐりたくなるレベルの、非常に信用度の低い話。
だって、今まで噂だけはさんざんあったくせに、結果として、全国で一番最後まで取り残されてるんだから。

世間では〝国内で唯一スタバのない県〟で話題となってしまった鳥取県。
何ならこのまま出店しないでもいいよ。その方が付加価値も付いて面白いでしょ?
どうせ出店されても鳥取市でしょ? 100㎞先まで行く気はないよ――と思うくらい卑屈になっちゃってますが(笑)
「スタバはないけどスナバはある」ってキャッチフレーズで、鳥取砂丘のいいPRにもなるし(爆)
――スタバはないけどドトールはあるんだよな。場所が境港郊外のショッピングセンターの中ってのが、ど~にも微妙なんだけど。
「なして郊外?」とか「こんなトコで商売成り立ってんの?」とか、浮かぶ疑問も微妙なモノばっかりだもん。
だってねぇ、スタバとかドトールとかって、サラリーマンが出勤前とか商談の合間とかに一息つくような、どこか洗練されたイメージがあるんだけど……夕飯の買い物に来た主婦が、ふらっと立ち寄るイメージが沸かんのですよ。

そこへ降って沸いたようなコメダの出店。
それも、鳥取でも倉吉でもなく、この米子に。
いやぁ~……スゴい時代が来たもんだ。米子にいながら、あの『シロノワール』が堪能できるだなんて
(本場・名古屋で食した時の模様はコチラで)

……えぇ、えぇ。個人的にはスタバよりコメダの方が嬉しかったりしますよ。由緒正しい(かどうかは知りませんが)喫茶店文化に触れられるんですから。
だってさぁ、スタバじゃコーヒー頼んだからって、トーストとゆで玉子は付かないもん。
(コメダ珈琲では、午前11時までのすべてのドリンクに、トーストとゆで玉子が無料サービスされます)
そもそもスターバックスには、モーニング・メニューなんてないですしね。
コーヒーのお供に豆菓子は付かないし。
(コメダ珈琲では……つーか名古屋の喫茶店では、コーヒーを注文すると、ちょっとしたお菓子が付いてくる事が多いです)
……いや、スターバックスが嫌いってんじゃないですよ。苦手なだけです(笑)
ただ、スタバは喫茶店じゃなくて、コーヒースタンドですからね。スッと立ち寄って、サッと飲んで、パッと立ち去るという。それが昔からスタイリッシュだとかシアトル・スタイルだとか言われてるのに。
あそこは居座っちゃダメな空間だという気が、今でもしてます。つーか「肌に合わないなぁ~」てのが正直な思いなんですけど。
だからって、喫茶店なら居座っていいのかってーと……そこは店側と客側の「あ・うんの呼吸」と申しますか……ね。
そこも楽しむのが喫茶店文化ですよ。

にしても、さすがはコメダ。ツボを抑えてきますなぁ。車尾(「くずも」って読みます)なんて、市街地だけど繁華街のド真ん中じゃない、住宅地と商業地の混在する場所を選ぶとは。
会社からも近いっちゃあ近いし(遠いっちゃあ遠いけど)、これは社食に飽きた時に通っちゃいそうな予感。
朝7時から夜11時までって営業時間も、利用しやすくて嬉しいですし。
(オープンセール期間中は、朝9時~夕方5時の短縮営業)



コメダ珈琲店 米子車尾店は
7月5日(金)午前9時オープン!!

――て、明後日ぢゃん


この記事へのコメント

アラレ
2013年07月11日 12:39
コメダにはもう行ったんですか?(^^)
コチラみたいにおじさん、おばさんのたまり場になりそうなコメダですけどね。
私には量が多かったりしたけどシロノワール堪能してください。
讃岐屋
2013年07月11日 23:36
行きましたともさ
シロノワール――〝シロ(ソフトクリーム)〟単体でも〝ノワール(デニッシュパン)〟単体でもOKなのに、どうして合わさると「おぉふ!」となるんでしょう?

この記事へのトラックバック