うめすの梅酒

画像梅酒もいいけど〝うめす〟もね(笑)
ローソンさん、やってくれました。
水戸の酒造メーカー・明利(めいり)酒類さんが出している梅酒『うめ物語』を、数量限定で販売です。
〝うめ〟だけに、ラベルデザインは『魔法少女まどかマギカ』のキャラクター・デザインやコミック『ひだまりスケッチ』などで活躍中のマンガ家〝うめてんてー〟こと蒼樹うめ先生。
……これも〝萌酒〟なんでしょうか?

ラベルはこぉですが、商品そのものは至って真面目(って失礼な!)
梅干しや梅酒を作るのに最適と言われる「白加賀」種の国産青梅を100%使い、アルコール度数を8%と低く抑えてある為、大変飲みやすい梅酒に仕上がっています。
梅酒といえば誰でも知ってる『チョーヤの梅酒 紀州』が度数14%ですから、どれだけ飲みやすいか、おわかりいただけるでしょう。アルコールに弱い方でも、ソーダなどで割ったりせず、そのまま楽しめる一品になっています。
梅エキス分も12%と多少低め。いわゆる〝本格梅酒〟と呼ばれる商品の梅エキス分が20%以上と言われていますから、梅の酸味を味わうというより、爽やかさを味わうという感じでしょうか。
女性好みするタイプの梅酒ですね――て、飲んだ事ないからよくわかりませんが(笑)
ま、イメージですよイメージ。
まさにラベルのイラストにぴったりの味わいになってるんでしょうね。

500ミリリットルで税込1,200円という値段も手頃なんじゃないでしょうか。
商品は明利酒類さんのサイトでネット販売でも買えますが、今回はローソン店頭で数量限定販売、という事で。

……明利酒類さん、何気にコミケなどでも有名らしい。〝萌酒〟のエキスパート?


画像同時販売は『ミサトの焼酎』。720ミリリットルで税込1,575円。
言うまでもなく、映画『エヴァンゲリオン新劇場版:Q』が間もなく公開されるのを記念しての製品ですが……ミサトさんは焼酎じゃなくてビールだよね。
ラベルのミサトさんが不機嫌そうに見えるのは(単に酔ってるだけ?)、やっぱりビールじゃないから?

商品は『國盛』ブランドで有名な、愛知県半田市の中埜酒造さんが製造。
ベースは、甲類・乙類をブレンドした甲乙混和焼酎『ごん』。それに特製ラベルを貼って……あ! 種明かししちゃった(笑)

樽貯蔵原酒を30%以上ブレンド――ブレンドってより「ちゃんぽん」と言った方がミサトさんらしい(笑)
……焼酎同士を混ぜて、それを「ちゃんぽん」と呼んでいいのかどうか疑問ですが。
アルコール分は25%。甲類焼酎の飲みやすさと、乙類焼酎ならではの香りとコクを兼ね備えた一品です――て、コレも飲んだ事ないから、どんなもんか知りませんが(爆)

そういえば、エヴァはタイアップCMも盛んですねぇ。JRAしかり、参天製薬しかり。
確かに武豊は、エヴァとはシンクロしなさそう。騎乗する馬とのシンクロ率は高いのにねぇ~?
画像
という訳で、予約は来週12日(月)の夕方6時まで。
店頭のこのチラシが目印(裏に申込書が付いてます)
興味のある方はドウゾ。

ただし、買ってもミサトさんのサービスはないです(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック