KAF-FUN

なんか、どこぞのアイドル歌手みてぇだ(爆)

やって来ました! 花粉症の季節です!!
――て、こう書くと何だか待ち焦がれてたように聞こえますが、絶対にそんな事はなく。むしろ、絶対来て欲しくなかったんですが……来ちゃったんですもん。仕方ないよね。
でわ。
これより臨戦態勢に入ります。

ここ数日来、安い粗悪な線香を焚き散らしたような匂いを感じてました。
そうですね、まるで一昨年の今頃に感じたようなのと同じ匂いです。そして、この匂いと前後して、目に痒みを感じ、鼻がグズり出し、くしゃみが連発し……
ワタクシ、はたと気付きました。
「この匂いは花粉の匂いだ」と。
いや、スギ花粉だろうがヒノキ花粉だろうが知りませんが、そもそも花粉にそんな匂いがあるのかどうかすら知りませんが、そう感じてしまったのです。
だって、現に目の痒みと鼻水という花粉症独特の症状が出始めてますし、症状の出なかった去年は、こんな匂いを感じる事もなかったですから。
これはもぉ「この匂いは花粉の匂い!」と決めつけても仕方のないレベルですよね?
(――て、誰に賛同を求めてるのか知りませんが……)
でもまぁ、これはこれで便利です。このイヤ~な匂いを少しでも感じたら、即、何らかの花粉症対策を講じればいいんですから。
……………………すげェ。
讃岐屋さん、SPECホルダーになってしまいました(笑)


そうとなれば(どうとなれば?)こちらは応戦体制に移ります。
応戦体制……どうします?
市販の鼻炎薬を買いますか?
それともかかりつけのお医者さんに相談しますか?

聞くまでもなく、お医者さんに相談する事にしました。
だって、市販薬ってせいぜい4~5日分くらいしかないんだもの。
その点、お医者さんなら4週間分出してくれます。しかも症状に的確な薬を。
費用対効果から行っても、通院一本でしょう。
という訳で御相談。
飲み薬28日分、それに点眼薬と点鼻薬が処方されました。
今まではタリオンを処方され、それがビタッと自分に合ってたもんだから、「タリオン最高! タリオン様、マジ神!!」とか思ってたんですが――もうね、世の中に〝タリオン教〟とかあったなら、誰よりも熱心な信者(笑)になってたであろう人間な訳ですよ。
それなのに。
今回処方されたのは――
画像
クラリチン 10mg
くら~し安心 クラ~リチン♪――て、それはクラシアンだ!!(爆)
……まぁ、飲んで症状が治まるんであれば、文字通り「くらし安心」なんですけどね。

クラリチン――聞いた事ない薬です。
といっても、ワタクシはタリオンしか知りませんが(笑)

ネットで調べてみましたら、タリオンと同様のヒスタミンH1拮抗薬でありながら、速効性な上に持続性もあります。とあるホームページには12時間以上という記述もあります。
しかも、〝眠くなる〟という副作用が、タリオンをはじめとする他の抗ヒスタミン薬よりも少ないという臨床結果が。
「何だ何だ、いい事ずくめじゃないか」
と思ってたら、
「長く飲み続けた場合、稀にですが、肝機能の数値に異常をきたす場合があります」

……な、何ですと!?

オラ、自慢じゃないけど、GPT値が高いッス。GOT値とγ-GPT値は正常に戻ったんですけどね――て、病気自慢してる場合ぢゃないんですが(笑)
まぁ、その辺はお医者さんもわかってらっしゃるでしょうしね。かかりつけですし。まして、わざわざ症状が悪化するような薬を処方する訳もないでしょうし。
副作用についても、「タリオンより眠くなりにくい」という記述もあれば「タリオンより眠くなりやすい」という真逆の記述もある。
どっちさね?
まぁ、ワタクシの場合「寝る前に1錠」という処方なので、たとえ副作用が強くても睡眠薬代わりと思えば(笑)
起きた時にスッキリしてれば(連発式クシャミや目の痒みで起きる羽目にならなければ)オンの字なんですけどね。
むしろ、ソッチの方が重要だったり。

まぁ、効かなければ――体質や症状に合わなければ、タリオンに戻してもらえばいいだけの話だし。


クラリチン。
タリオンに替わる新たな救世主になるんでしょうかねぇ~?
お試しお試し~♪
(って、人のカラダを人体実験に使うんぢゃないっ!!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック