オクラホマの重大発表

昨晩10時30分から、USTREAMによる緊急生放送『OFFICE CUEの社窓から~オクラホマがとある発表をガチでするらしいですよSP~』が放送されました。
オフィスCUE初のUSTREAM放送。ツイッター連動での放送でしたが……まさかオクラホマの二人が、その先陣を切るとは……
そしてグタグタでしたなぁ~。


どのくらいグダグダだったかというと……
番組タイトルに掲げるくらいの〝オクラホマからの重大発表〟とやらが、先延ばし先延ばしして、一向に発表する気配がない。で、先延ばししてまでやる事といえば、

        「視聴者数が現在、世界で2位です。なんとか1位にさせて下さい!」

という、言ってしまえば〝どーでもいい事〟で延々と引っ張る。
そして、鈴井社長がツイッターで「みんな見るのをやめよう!」と遊び出し、それに呼応した視聴者のせいで、わずか数秒のうちに何百人とダウン。それを一喜一憂しながら実況し続けるオクラホマ。
それが番組の大半を占めてるってんだから、どれだけグダグダか推察できるでしょう。
で、気になる視聴者数世界1位の番組は何かというと……『鳥の巣』(笑)
別に珍しい鳥がいる訳じゃなく、タカだかワシだか知らないけど、その巣を延々と映している、というもの。時には巣の中がカラッポという事も。
そんなカラの巣に視聴数2千以上もの差をつけられるオクラって……(笑)

話してる内容も「コレ、USTREAMでやるほどの事か?」というもの。
別にラジオ放送でも……いや、楽屋でグダグダしゃべってんのと大差ないやん。
いやぁ、せっかくだけどもう見るのやめよっかなぁ……と、何度も思わせるような内容のなさ。
ラジオ番組だって、もう少し台本がしっかりしてるよなぁ~……

冒頭で月光グリーンがゲスト出演するも、自分たちのライブ告知を済ませると、そそくさと退散。

ツイッターで、オフィスCUEのみんなに対する質問を募集し、CUEメンバーに生電話をかけて、それに答えてもらうという企画を実行するも、最初にかけた森崎リーダーへの電話が、音の拾い具合が予想以上に悪く、何を言っているのかまったく聞き取れない状態。急遽、ピックアップマイクからガンマイクに切り替えるも、そのガンマイクがカメラ前を大きく塞ぎ、今度は何も映らない有様。
完全に企画失敗、企画倒れに終わり、リーダーへの電話も途中で打ち切る体たらく。
で、打ち切った後に何をするかというと、

       「再び視聴者数世界一を目指しましょう!」

何だ? このノープランっぷりは。
さんざん〝重大発表〟とやらを発表するのを引っ張っておきながら、その間を埋めるコーナーが何もない、というグダグダっぷり。
そらぁ番組も盛り上がらんわさ。


視聴者から寄せられる重大発表の予想はというと、

       「オクラホマ解散」
       「オフィスCUE、解雇」
       「藤尾、離婚」
       「藤尾、妊娠」
       「河野、妊娠」

いやいやいや。
いくら今まで「解散」だ「解雇」だとネタにして遊んではきたけど、それをわざわざUSTREAMで発表する訳もないし、結婚したばかりの藤尾に「離婚」って、それはネタとしては面白いけど……いや、さして面白くもないか。
藤尾の奥さんならわかるけど、藤尾自身が妊娠って……いや、ヤツならやりかねん(笑)
そして、河野君のアノお腹は妊婦じゃないから。ただのデブだから。あれで妊婦だったら、妊娠何ヶ月よ?
――などと視聴者を巻き込んでのネタ遊びの後、さんざん引っ張った挙句、やっと発表されたのが

       「オレたち、漫才ライブやりまぁ~す!!」

だって。
画像
画像

……そうまでもったいぶる事か!?
ファンクラブでは、こうしてリーフレットで告知されてた事なのに(まぁ、あまりに緊急告知すぎて、手書きってのが何ともだけど)。
まぁ、正式発表が今日ってのがあって、それを受けての緊急生放送だったんだろうけど。
何だか拍子抜け。

当初は1時間の放送予定でしたが、あまりのグダグダさに業を煮やした鈴井社長の乱入もあって、15分延長の11時45分まで放送されました。
が。
それでもグダグダっぷりは如何ともしがたく。
終始盛り上がりに欠けたUSTREAM放送となりました。



そして、日付変わった今日3月9日(サンキューの日)は、河野慎也君の誕生日。
だからって藤尾。
そのバースデープレゼントに、何故に〝かぼちゃプリン〟を作ってくる?
それも土鍋いっぱいに。
しかも、裏漉しするのをすっかり忘れてるもんだから、かぼちゃの繊維感タップリのザラザラな仕上がり。味は思いっきり甘々。
そこへもってきて、メープルシロップとホイップクリームをだっぷりとかけるもんだから、ミスターならずとも後頭部にイヤな鈍痛が走るくらいの超甘々。譬えるなら、砂糖のカタマリをキロ単位で食べるようなもの。
いくらデブが甘いモノ好きだからって、限度ってものがあるだろうよ。
さしもの河野君も、一口食べて「うわ! 甘ッ!!」と言ったきり、もう口を付けなかったもの。
それを食べる羽目になったミスター。しかも〝20秒チャレンジ〟(オクラホマのネタで、制限時間20秒でミッションクリアを目指すというもの。例えば、いいだけシェイクしたコーラを一滴残らず飲み干すetc)に挑戦する事に。
知ってる人は知っている。知らない人も知っている。ミスターといえば大の甘党(甘い物が大の苦手)。当然、「20秒でかぼちゃプリンを完食する」なんてミッション、成功する訳がない。
スタートダッシュで口いっぱいに頬張ったものの、そこから一切手が動かず。口も動かず。
いやぁ~、ひさびさに見ましたよ。しかも生で。
ミスター生き地獄!!

言っちゃアレだけど、ここが一番盛り上がった場面でしたね。

それってどうなのよ、オクラホマ……

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック