2011年元朝、豪雪なう。

皆さま、新年あけましておめでとうございます。相変わらず拙いブログですが、今年もよろしくお願いします
画像
元日の朝、山陰は大雪に見舞われました。
鳥取地方気象台発表による米子の積雪量は89㎝。観測史上最大の積雪量だそうですよ。

朝7時半、除雪部隊出動!――ったって、ワタクシ一人しかいないんですが。
アパートのお隣さん家の方とも、お互いに除雪の手をちょっと止めてご挨拶。
「長年米子に住んでるけど、こんなのは初めてだ」
と驚いておられましたから、よっぽどなんでしょう。
とりあえず徒歩ルート確保。
画像画像














愛車の発掘はあきらめますた。この有様ですもの。
掘り起こしてたら出勤時間に間に合いそうもないですし(はぁ~い、正月から仕事でぇ~す)、仮に掘り出せたとしても、道がどこまで除雪されてるか心配ですからね。
さすがに幹線道路は除雪されてるでしょうが、おそらく枝線までは手が回ってないでしょうしね。実際、市の防災放送でも「除雪作業が間に合っていないので、ご家庭の前の道は、皆さんで協力しあっての除雪をお願いします」と言ってましたから。
記録的な豪雪ですからね、市の方も大わらわなんでしょう。獅子舞より先に〝てんてこ舞い〟が来た(笑)
つーか、米子市って除雪車持ってないんだって! ビックリな事実!!
え~? グレーダーとまでは言わないまでも、ブルドーザーの類もないのぉ?
ま、そんな有様なんで、おとなしく歩いて行く事にしました。
公共交通機関(バス)は全面運休ですし。それでなくとも年末年始ダイヤですし。
よしんば車を掘り出せて、会社までたどり着いたとしても、会社の駐車場は見渡す限りの大雪原でしょうから――着いたら案の定「うわぁ~……」な状況。


この雪で送電線鉄塔が倒れ(どんなヤワな鉄塔よ!? 鉄骨じゃなくて針金で作ってんじゃねぇの?)米子市と境港市の一部、合わせて2万戸余りが未明から停電してるそうです。復旧の見込みは現在も不明。
ウチは幸いにも停電エリアから逸れてはいるんですが、すぐお隣の町内では、ものの見事に停電なんだそう。
そういやぁ出勤途中も、電線が雪の重みで何本も切れてて、電柱からだら~んと下がってるのを見たなぁ。
「電気が来ないから石油ファンヒーターも使えず、湯たんぽ抱えて夜を明かした」て、ラジオでリスナーが言ってました。
悲惨やなぁ~。元旦早々から停電って、どんな〝お年玉〟よ!?

空の便は昨日から全便欠航。出雲や鳥取も午前便は欠航して、午後便も天候調整をしながら飛ばしてる有様。
陸は陸で大変です。高速道路は全線通行止めだし、国道9号線では、大山町と琴浦町の境界線辺りで約20㎞、およそ千台ほどが立ち往生。何でも、昨日の夕方にタンクローリーがスリップして、上下線を塞いでしまったんだとか。
排除作業も大雪の為に遅々として進まず、今も600台前後が動けずにいるそうです――て事は、約400台ほどは諦めて引き返したって事ですね。賢明賢明。
暖を取る為にエンジンをかけっ放しにして、燃料が尽きた車に対しての補給の為、自衛隊が災害出動したそうですが……だったら人海戦術で除雪に当たらせろや。
JRもほとんどの線が運休か一部運転見合わせ。
特に悲惨なのは、昨日夕方に倒木の為に立ち往生した『スーパーおき5号』。撤去を待つ間に降雪で動けなくなった上、立ち往生した場所が大渋滞現場の近く(下市-御来屋間)な為、代替輸送はおろか救助の為に近づく事もままならず、130人ほどの乗客が閉じ込められてるんだそうです。救助に向かったラッセル車も、途中で雪に乗り上げて脱線する始末。
……ラッセル車が乗り上げて脱線する雪って、どんな雪よ?

はぁ~。帰省しなくてよかったぁ~。(と、口先だけは言ってみる)


気象予報士の森田さんが、テレビで「今年は全国的に穏やかな気候の年になります」って言ってましたけど……えっと……新年早々、怒鳴ってもよかですか?
どこが穏やかやねん!(怒)




そんな雪も朝には止んで。
やれやれ、と思っていたら昼前からまた降り出しました。しかも大粒の(「粒」って言うのか?)雪がわさわさと激しく。
て事はですよ。
朝、せっかく掘開したルートが、家に帰る頃にはすっかり埋まってしまうという事で。
……そぉかぁ。家の目の前まで行っておきながら、一歩も近づけないってな事にもなりかねないのかぁ……



……かまくら掘って、そこでビバークかよ(爆)
いやいや、笑ってられん。笑ってられん。



まだまだ豪雪なう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック