何やってんの……?

10月24日のJFL後期第12節で、優勝を決めたガイナーレ鳥取。
ところが、それ以降2試合の戦いっぷりといったら、笑っちゃうような戦績。
前節(10/31)はツエーゲン金沢と対戦し、1対0の完封負け。
そして、今日の試合はMIOびわこ草津に5対0と、2試合連続の完封負け。
……何だい? この腑抜けっぷりは。

言っちゃ悪いけど。
アレなの? 手ェ抜いてんの?
もう優勝決めちゃったから、勝とうが負けようがどうだっていいの?
――いやいや、そんな事はありません。選手は一生懸命に戦ってます。それは百も承知です。
承知の上で申しますが。
こんな不甲斐ない結果を見せられたんじゃ、サポーターならずとも「おいおいおいおいおい!」と思わせちゃうのはどうなのよ?
いやいやいや。こんな戦いっぷりを見せつけられたんじゃ、Jリーグに参入する来シーズンはどうなるのさ?と不安になってしまいます。
思えば昨シーズンも、前期と後期では別のチームかと思わせるほど、成績に差があり過ぎました。
何だ? ここへ来て〝勝てない症候群〟が出始めたか?
サポーターとしては、優勝後も変わらずに貪欲にゴールを狙い、ビシッと勝つ姿を見せて欲しいじゃないですか。
「うん! これなら大丈夫だ! Jに上がっても大暴れしてくれるのは間違いない!!」という安心と期待感を与えて欲しいじゃないですか。
「勝った負けたで一喜一憂すんな」とたしなめられそうですが、それにしちゃあ、あまりにも内容が悪過ぎじゃないですか。


……大丈夫なんかねぇ?


振り返ってJリーグ。
今日の試合で、柏レイソルがJ1復帰を決めましたね。おめでとうございます。
一方、京都が次節にもJ2降格が決まるかもしれない上に、元日本代表の柳沢選手に戦力外通告をしたそう。
J1通算300試合出場の表彰を受けたその日に戦力外通告とは……

そして、我らがゴン中山選手。
来シーズンも現役を続行する為、5日、右ひざ関節遊離体除去と左ひざ半月板損傷の手術を受けました。そして、退院した6日にはもうリハビリに入ってますよ。
サッカー選手として大事なヒザにメスを入れ、その翌日にはもうリハビリにって、そういう事が出来るもんなの? 安静期間とかって必要ないもんなの?
横浜FCのカズは「来年も再来年もピッチに立つ」なんて頼もしい事を言ってますし。
ベテランと申しますか、J最年長コンビは元気ですねぇ~。

そんなゴン中山選手に刺激され、「ゴンさんがやる以上、引退なんて言えない」と現役続行を表明した藤山選手、コンサから戦力外通告を受けました。
ケガからの復帰を目指していた箕輪も戦力外を受け、289試合とチーム歴代最多出場タイ記録を持つ砂川も、新たな道を模索して自主退団を決めたし。
三上のようなフレッシュな戦力が加わる一方、ベテラン選手がどんどんチームを去って行くのは、何とも寂しい限りですね。
来シーズンはどこのチームで、どのような活躍を魅せてくれるのでしょうか。
陰ながら応援しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック