ねぎnegiパニック!!

画像〝negi(ねぎ)〟といってもアノ方とは何の関係もごじゃりません(笑)
つい先日の事です。米子に、なんと「はちゅねさん」がお輿入れしてきました!
……どうしてこうなった(爆)

改めて説明するのもアレなんですが、御存じない方の為に。
バーチャルアイドル「初音ミク」は、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(ボーカロイド)2』を採用した、音声合成・デスクトップミュージックソフト(発売元はクリプトン・フューチャー・メディア)の名称ならびに同ソフトに使用されているキャラクターの名前です。
この「初音ミク」の2.5等身デフォルメキャラが「はちゅねミク」で、トレードマークは手に持ったネギ。
で。
こちらのハリボテ――と言っちゃっていいんだろうか? フィギュアとは言い難いよね――ですが、新潟のとある「はちゅねミク」ファンの方が、クリプトン・フューチャー・メディアさんの許諾を得た上で(ここ重要!)地元のお祭りでの展示用にと製作したもの。身長、実に2m(!)
お祭り終了後、製作者の方がせっかく作った張子を活用してくれる人を募集していたところ、何を血迷ったか(笑)米子市が応募。

御存じの方は少ないでしょうが(つーか、ほとんどゼロかと思いますが)、米子の特産物は〝白ねぎ〟です。実に西日本一の生産量を誇ります。
鳥取県の特産品というと、どうしても頭に浮かぶのは「梨」だと思うんですが(事実、ワタクシがそうでしたから)、ここ米子では、昔から「ねぎ」が有名なんだそうで。
米子市のイメージキャラクター『ヨネギーズ』のネギ太とネギ子も、白ねぎをモチーフにしたものです。
〝ヨネギーズ〟って……一昔二昔前の演歌デュオじゃないんだから。(あ、ありゃ『オヨネーズ』か)
もぉね、市の広報誌から有料ゴミ袋に至るまで、この〝ネギ坊主〟が跋扈しとる訳です。
おまけにグッズ展開やらツイッターデビューなんかもしちゃってるし(笑)
それはともかく。
「ヨネギーズ」はデビュー以来、ネギつながりという事でネットなどで
「初音ミクとコラボしないの?」
と話題になっていたそうです。
そしてついに、月刊コンプエース(角川書店)に連載中の4コマまんが『はちゅねミクの日常 ろいぱら!』において、本年10月号(8月26日発売号)誌上に「ヨネギーズ」がゲスト出演。
また、8月6日からの1ヶ月間、コンプエース誌上と米子市のホームページ上でコラボ企画を展開。
初音ミクとはコラボ出来なかったけれど、はちゅねミクとはコラボ成功(笑)
画像
まぁ、そういった経緯を踏まえた上で、「まんが以外でもコラボしていこう」と米子市が考えたのかどうかはともかく。
十数件の応募があった中からの厳正な審査の結果、どういう風の吹き回しか(笑)米子市が選ばれ、「はちゅねさん」は晴れて米子入りした訳です。
今後は、「ヨネギーズ」と一緒にいろんなイベントに登場して、米子の特産である白ねぎのPRに大活躍する予定なんだそうです。
画像
何のイベントもない時は、こうして市役所正面ロビーで、訪れた皆さまをお迎えしております。
観光で山陰へお越しになる皆さま。境港の〝水木しげるロード〟を見物したついでに、米子市役所の方も覗いてみませんか。

……入った途端に脱力する事、間違いナシです(爆)


はちゅねミクの日常ろいぱら! 3 (角川コミックス)
角川書店(角川グループパブリッシング)
おんたま

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by はちゅねミクの日常ろいぱら! 3 (角川コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック