買ってみた。

画像ペプシバオバブ。
飲んでみた。
ぶっ飛んだ。
何だこれ?
何だこれ!?
何だこれ!!

まるでイタドリをかじったような苦酸っぱさが広がって、後味はオレンジマーマレードを極限まで薄めたような酸味とエグ味。
(エグ味の残る清涼飲料水って何さ!?)
う、うまくねェ―――ッ!!!!
いや「まずい」とは言わないけど、間違いなく「うまくねぇ」ぞ。
二口めが進まないもの。
これがバオバブ風味ってヤツなの?

ラベルには〝開放感あふれる爽やかなコーラ!〟って書いてあるけど、ちっとも爽やかじゃないし、ちっともコーラっぽくねぇぞ。
ネットで誰かが言ってました。「強いて言えば〝ファイブミニ〟に似てる」と。
そう! まさにそれ!!
ファイブミニのソーダ割り!!!
でも、繊維質は取れません(笑)
いやいやいや、キュウリ、シソ、アズキときて、次が「ファイブミニ味」ってかい。
こういう発想をするペプシってバカなの? 味オンチなの?

いやぁ~……他の人はどうか知らんけど、アタシゃ受け付けんわ。




画像マルちゃんのやきそば弁当。通称『やき弁』。
道民ならば知らない者はいない――逆に、道外に住む人には全然おなじみじゃない――東洋水産さんが出してる、北海道限定販売のカップやきそばです。
カップやきそばといえば、日清の『UFO』、明星食品の『一平ちゃん』、まるか食品『ペヤングやきそば』と相場が決まってますが、北海道じゃ、それらが翳んでしまうくらい、グンと売れてるのは『やきそば弁当』なのです。

『やき弁』の何がいいって、中華スープ付きなのがいい。『やき弁』最大の特徴とも云えるのが、この中華スープなのですよ。
「おいおい、ソースの味がどうとかじゃなくて、ウリはそこかい!」とツッコみたくなるのはわかります。
でも、この中華スープなくして『やき弁』は成り立たないのですよ。
中華スープがなかったら、ただのカップやきそば。このカップやきそば+中華スープという組み合わせこそが、やきそば〝弁当〟たる所以なのですよ。
普通のカップやきそばなら、麺を戻したお湯は、そのまま捨ててしまいますよね。
それをこの『やき弁』は、粉末中華スープを溶くお湯に転用してしまうという。
なんというエコ(笑)
しかも、麺を戻す際に出る油分が、そのまま中華スープのいい〝味〟になるんですわ。
なんという逆転の発想(爆)
もぉね、これこそが道産子が口を揃えて「史上最強のカップやきそば」と呼ぶ所以です。
愛され続けて35年、これも間違いなく〝道民の味〟なのです。

そんな『やき弁』、前述のとおり北海道限定なものですから、ワタクシのような道外在住者が手に入れるには、帰省の際に買って帰るか、通販か、たまにコンビニがやる「北海道フェア」で入手するよりない訳です。
今回も、近所のコンビニがやってくれました。
で、そこには通常の倍のサイズの『でっかいやきそば弁当』なるものが。
大盛り1.5倍ならぬ特盛り2倍。
ものは試しで買い。
画像いざ作ろうとフタを開けてみると……

「わはははは。そぉ~かそぉか、そういう発想かぁ~」

普通サイズの2倍という事で、中には普通サイズの麺が2個。
これって、アレかい? 発想は『ダブルラーメン』かい?
(『ダブラー』も北海道限定商品なんだね)
さすがマルちゃん(笑)

ただ……欲を言えば、麺だけじゃなくて具も倍にして欲しかったなぁ。
確かに食い応えはあるんだけど、食えども食えども麺ばかりになってしまうんだもの。やっぱり、麺と具のバランスも考えなくちゃね。
いや、これだったら普通サイズを2個食った方がいいかもしんない。
食い盛りの学生は喜んじゃうんだろうけどね。

いやいやいや、ひさしぶりに懐かしい味を堪能しました。
デパートでやる『北海道物産展』でも、さすがに『やき弁』は並ばないもんなぁ~。
それから、三升漬も、アイヌわさびの醤油漬も、『月寒あんぱん』も並ばない(笑)
基本、デパートの土産物売場になくて、普通にスーパーで並んでるものは出てこないんだね。
そっちの方が、本当の意味での〝おいしいお土産〟がいっぱいあるのに……

北海道限定 やきそば弁当
北海道お土産探検隊
内容量 1食入り 中華スープ付き


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

相模屋
2010年06月06日 22:46
ペヤングも同じ(2個入り)の売ってる。確かに腹は膨れる。ヤキソバ弁当かぁ、食ってねーなー。
讃岐屋
2010年06月07日 13:54
『ペヤング超大盛』は横に2個ですけど、コッチは縦積みですからねぇ~。

インパクト勝負なら『やき弁』の勝ち(笑)

この記事へのトラックバック