越前めしを喰らう

〝越前めし〟なんて誰も呼ばねって。
「食べ物」「越前」で連想するものは?と尋ねると、誰もが「越前がに」って答えると思いますけど、敢えてカニは外す方向で。だって時季外れだもん。
ちなみに「越前がに」ってのは、福井近海で獲れる雄ずわい蟹を指すそうです。これが山陰の海で獲れると「松葉がに」、北海道や東北だと、そのまま「ずわい蟹」となる訳です。
雌ずわい蟹は「勢子(せいこ)がに」と呼ばれます。

画像そういった訳で、越前福井のもう一つの名物料理〝越前そば〟を。
慶長6(1601)年、越前福井藩家老・本多富正が越前府中に赴任した際、領民に飢饉や災害時の非常食として、荒地でも栽培しやすい蕎麦の栽培を奨励。さらに消化を助ける大根おろしをかけて食べる事を奨めたのが、「越前おろしそば」の発端といわれています。
ただ、その頃は「越前そば」とは呼ばれておらず、そう呼ぶようになったのは昭和22(1947)年、昭和天皇の福井行幸がきっかけ。おろしそばを召し上がられた昭和天皇、あまりの美味しさに滅多にしない〝おかわり〟までされたとか。よっぽど印象が強かったのか、皇居に帰られてからも事ある毎に「あの越前の蕎麦が……」とお言葉にされたという噂が広まって、以来、皆が「越前そば」と呼ぶようになったそうです。
――なぁんてウンチクはともかく。
美味しかったかどうかと訊かれれば……そりゃあ美味しいに決まってるよね。
蕎麦、おいしいよね。大根おろし、おいしいよね。上に鰹節がかかってたら、なおさらだよね。
これで「おいしくない」って云う人がいたら会ってみたい。
殴っちゃっから。
こちら、駅ビルショッピングセンター『プリズム福井』内にある蕎麦屋『越前』さん自慢のおろしそばセット。
ちょっと平麺チックな手打ち麺です。冷たい蕎麦なんですが、それがまた美味しくて。
実は昼にも温かいおろし蕎麦をいただいてるんですが、それとはまた違った趣です。

で、セットで出されたのがソースかつ丼。
ソースかつ丼といえば信州駒ヶ根が有名ですが、ここ福井でも有名みたい。駅前だけでも、随分とソースかつ丼専門店が並んでいます。
大正時代、東京・早稲田で『ヨーロッパ軒』という洋食屋が、日本で最初にかつ丼を提供したんだとか。当時のかつ丼は、とんかつをソースにくぐらせたものをどんぶりに乗せるスタイルでした。ところが、卵でとじた今のスタイルが一般的になってしまった為、ソースをかけたものは「ソースかつ丼」と呼んで区別したんだとか。
関東大震災により東京の『ヨーロッパ軒』は再建不能となり、主人は生まれ故郷の福井に戻って店を再開したんだそうです。それが福井でのソースかつ丼の始まりなんだとか。
なんだ。歴史ある、由緒正しいものじゃないか、福井のソースかつ丼は。
福井のソースかつ丼は、駒ヶ根スタイルと違ってキャベツの千切りがありません。ご飯の上に直接ヒレカツを置いて、その上からウスターソースをかけるスタイル。ご飯にちょっと染みたソースの味が何とも言えません。
甘からず、しょっぱからず、酸っぱからず、それでいて美味からず(by ダチョウ倶楽部)
いやいや、目からウロコでした。


画像さてさて、福井といえばもう一つ食べておきたいものが。
「焼き鯖寿司」です。
ところが、こちら『越前』では売り切れ。近くの居酒屋にはあるようなのですが、焼き鯖寿司だけ頼むってのはねぇ~?
回転寿司? いくら福井とはいえ、〆サバはあっても焼きサバはあんのかねぇ~?
第一、蕎麦とソースかつ丼で腹一杯。もうそんなに入んないよ?
でも食べたい。
わがまま一杯夢一杯な讃岐屋です。
で、落ち着いた先が、コンビニ売りの焼き鯖寿司。みそ味、梅味、海苔味とあります――これって駅弁だよね。
ホテルお持ち帰り。
一口サイズに切ってあるとはいえ、キッチリ真空パック。取り出すのに一苦労。思った以上に粘りますよ。
でも、肉厚の鯖切身は、皮の香ばしさといい、〆サバとはまた違った味わい。
ほんの一切れだけ、と思って箸をつけたのに止まらなくって。あっという間に完食!

……はふ。食いすぎた……
明日の朝食バイキング、入るかしら?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック