8月9日――あの暑い夏の日

画像浦上にある平和公園の一角に、その石碑は忘れられたようにひっそりと佇んでいました。
昭和20(1945)年8月9日午前11時2分。アメリカ軍爆撃機B29「ボックスカー」から投下された一発の爆弾は、ちょうどこの石碑の上空約500mで炸裂。一瞬のうちにすべてを灰燼に帰し、多くの人命を奪いました。
プルトニウム型原子爆弾「ファットマン」。
そして、ここはグラウンド・ゼロ――長崎に投下された原爆の爆心地です。


広島型の1.5倍の威力といわれるこの原爆、当初の標的は小倉だったという話です。長崎は、小倉に投下できなかった場合の代替目標。
9日の朝、爆撃隊は小倉に向かいますが、天候不良と数日前の八幡空襲による煙が流れて来ていて、投下目標を視認できませんでした。加えて対空攻撃も激しくなり、小倉への爆撃を断念。第二目標である長崎へ転進します。
長崎に投下されたのが昼近くだったのは、こういった理由。当初から長崎が目標だったなら、広島同様の時間帯になってたでしょうね。米軍の狙いは課業開始前後の人がたくさんいる時間帯ですから。
(小倉上空に到達したのが午前9時44分だったが、これは僚友機との合流失敗で1時間ほどをロスした為。当初の計画通りなら、課業開始時間の8時30分前後に投下されていた筈)
長崎上空に差し掛かった時、長崎も厚い雲に覆われていました。目視爆撃が不可能な場合は、爆撃を中止して、原爆は太平洋上に投棄する命令でしたが、爆撃隊は命令を無視してレーダー爆撃を行う事を決定します。
理由としては、小倉爆撃失敗や燃料系のトラブルなどにより残燃料に余裕がなくなり、とても機を太平洋上に持って行ける状態ではなかった事もありますが、最大の理由は「爆撃を成功させて、俺たちも英雄になりたい」だったと思われます。
事実、広島への原爆投下を成功させた「エノラ・ゲイ」の乗組員たちは、テニアン基地帰還後、勲章を受章したり英雄扱いを受けたりしました。それを見て出撃した「ボックスカー」の乗組員たちに、「失敗したら英雄になれない。何が何でも成功させて、俺たちも英雄になるんだ」という思いが芽生えたとしても不思議じゃありません。
長崎は、国家的エゴの前に、そういった個人的エゴの下、悲劇に曝される事になるのです。
いざレーダー爆撃にかかろうとしたその時、一瞬、雲が晴れます。見えた市街地。それは、長崎の市街中心地から3㎞も離れた浦上地区だったのです。爆撃隊はすぐさまレーダー投下から目視投下に切り替え、高度9千mから原爆を投下。そして午前11時2分――運命の時間を迎えます。
史上2発目の原爆は、浦上地区を一瞬のうちに草一本生えない荒野に変えてしまいました。
広島に較べて長崎の場合は、市街中心地から離れていた事や多くの山による遮蔽があった事などもあって、被害が軽微に済んだ一面もあります。
それでも、約7万4千人が死亡し、建物の4割近くが全焼または全半壊に及びました。
その中には、浦上天主堂で行なわれていたミサに参加していた神父や数多くの信徒もいました。明治のキリシタン弾圧が〝浦上四番崩れ〟と呼ばれていた事に倣うなら、これは〝五番崩れ〟と呼んでもいいんじゃないかと。
また、爆心地近くには連合軍捕虜が収容されていた長崎刑務所があって、主にイギリス・オーストラリアの兵士が多数犠牲になりました。
(米軍司令部は、そこに多くの連合軍捕虜が収容されている事を把握しておきながら、原爆投下にGOサインを出したとされています)
かくして長崎の原爆は、キリスト教徒がキリスト教徒の頭上に、連合軍が連合軍の頭上に投下する悲劇をも生み出す事になったのです。投下した本人たちが知ってか知らずか。
その後も原爆後遺症に苦しむ人々は増え続け、亡くなる人も年々増えていっています。
平成19(2007)年現在、原爆で亡くなった方は14万3千人を越えています。悲劇の語り部たる被爆1世は、年を追う毎に減り、このままでは人々の記憶から消え去る日も、そう遠い話ではありません……
画像画像













            原爆投下前の浦上地区                    原爆投下後の浦上地区

この時の爆発の様子は、16㎜フィルムに火球発生からキノコ雲が立ち上がるまでが、カラー映像として記録され、「世界初の原爆映像」として、全世界に発信されました。
(実は広島での原爆投下の際にも、映像は記録されたのですが、現像ミスによりオシャカになってしまいました。その為に広島の記録映像は、別の機が撮影した白黒のキノコ雲映像しかありません)
穿った見方ですが、長崎に落とされた2発目は、この記録映像を再撮影する為に投下されたのではないか、と。
戦術的・戦略的意味合いより、実験として使われた面がクローズアップされてる原爆投下です。まぁ、そういった事もアリなんじゃないか――憶測の域を出ませんが。


画像平和公園を訪れて。
不謹慎・不見識なのは百も承知で、率直な感想。
「……地味だな……」
広島ならば、原爆ドームというビジュアルにガツンと訴えてくるものがある。なのに、ここ長崎には何もないのです。
あるのは、この浦上天主堂の壁の一部がオブジェとして移築されたものだけ。
ただ、これにしてもインパクトとしては弱過ぎる。そもそも、これが何なのか知らなければ、ただ通り過ぎてしまうでしょう。
戦後間もなく、浦上天主堂を原爆被害の証人として保存しようという話もあったそうですが、教会側の「この場所は我々の聖地である。一日も早くここに再建したい」という意向と、市側が米軍を刺激しないよう配慮した(当時は占領下でしたからね)事から、被爆した壁の一部のみを原爆資料館に移築保存し、残りはすべて撤去したという経緯があります。
それ以外の遺構も、「保存より復興」という事で、あらかた撤去されてしまったんだとか。
これ程までに痕跡がない――裏を返せば、それ程までに何も残らなかった、灰すら残らなかったという事実にぶち当たった時、言葉に言い表せられない戦慄と怒りを覚えました。
それは、原爆を投下したアメリカにというより、原爆そのものに。それを生み出した人間の残虐性と愚かさに。
その怒りと悲しみは、原爆資料館に展示されている数々の展示品を目の当たりにして、さらに強まります。
まるで飴のようにグニャグニャに捻じ曲がった鉄骨。
爆風で吹き飛ばされた無数のガラス片が突き刺さったコンクリートの壁。
閃光と熱線で人の影だけが焼き付いた壁の写真パネル。
高熱で溶け、人骨と一体になってしまったガラス片。
放射能を含んだ〝黒い雨〟が流れた痕が残る壁。
高熱にやられ、表面が粟立った瓦。
中身が消し炭のように炭化してしまった弁当箱……
何千度、何万度に及ぶ熱線に曝された人々は、体内のありとあらゆる水分――血液までもが一瞬で沸騰、蒸発したと聞きます。それってもう焼死とかってレベルじゃないですよね。ある種怪奇現象にも近いですよ。
原爆被害は現在も進行していて、60年以上経った今になって白血病や癌を発症する人もいるそうです。国はそれを「原爆によるものとは一概に認められない」として、原爆症の認定を拒絶してきました。被爆により、通常生活での何倍何十倍の放射能を浴び、若いうちは抵抗力があるから何ともなくても、年老いて抵抗力が低下した事で発症する可能性もゼロではないはずです。浴びた放射能というもの、消化される訳じゃないのですから。
昨今、その認定基準を緩和する動きも出てきていますが、今日まで苦しみ続けてきた人の事を思うと、まだまだ甘いと思うのですがいかがでしょう。

画像爆心地から北東へ約500m行った先に、もう一つの悲劇の地・浦上天主堂があります。
運命の時間、礼拝堂ではミサ(赦しの告解)が行なわれていました。原爆はその頭上に降り注ぎ、参堂していた信徒30数名は全員即死。礼拝堂も一瞬で灰燼に帰しました。
現在の天主堂は、昭和34(1959)年に往時と同じロマネスク様式で再建されたものです。
石段脇には、レンガ壁と被爆した3体の聖人像が残されていて、被爆当時の凄まじさと悲劇を今に訴えています。
天主堂の右隣に建っている信徒会館の2階は、原爆資料室として公開されています。訪れた時間には、残念ながら開館時間を過ぎていて見る事は出来ませんでしたが、焼け跡の残るマリア像や掘り出された聖器具、熱線で溶けたロザリオなど、貴重な被爆遺産が数多く展示されています。

画像爆心地から南東約800m――長崎大学医学部の近くに、山王神社という神社があります。
そこへ至る〝山道〟と呼ぶにはあまりに語弊があるような、極ごく普通の住宅街の一角に、半分だけの鳥居が残されています。原爆の爆風に曝されましたが、爆風に対してたまたま平行に建っていた為に、半壊で済んだんだそうです。
倒壊した側の鳥居は、このすぐ向かい、展示と呼ぶにはあまりにおざなりに、野晒し状態で置かれてあります。説明板がなかったら「何だよコレ、邪魔だなぁ」と思ってしまうような置かれ方です。
この一本柱鳥居は〝二之鳥居〟。山王神社には全部で4つの鳥居があり、原爆の被害を受けながらも倒れずに残ったのは、この鳥居と石段下にあった〝一之鳥居〟だけ。その〝一之鳥居〟も、昭和37(1962)年に交通事故で倒壊したそうです。
……アリか、そんなの……
神社の境内には、爆風に折られ熱線で灼かれ、枯死寸前だった状態から息を吹き返した2本の大楠があります。「今後70年間は草木も生えないだろう」と云われた〝原子野〟の中、わずか2年後(一説では2ヵ月後)には新芽が芽吹き、今では高さが21m幹周り8mにもなんなんとする大木に育ちました。
この樹を通り抜ける風が葉を揺らす〝葉摺れのざわめき〟が、平成7年、環境庁(現・環境省)が選定した『残したい日本の音風景100選』に認定されました。
ただ、このクスノキも腐朽菌に冒され、シロアリに冒され、いつ枯死してもおかしくない状態だそうです。山王神社では、存命処置と治療を続けていく為の募金活動を行なっています。
被爆者の高齢化、戦争体験の風化が危惧される今日、原爆の記憶を物語る数少ない生き証人をいつまでも保存してもらいたいものです。


さて、長崎平和公園というと、真っ先にこの「平和祈念像」が浮かんできます。
昭和30(1955)年に作られたもので、天を指す右手は原爆を、左手は平和を、表情は追悼の意を表わしていると云われています。
訪れた時には、早くも追悼祈念式典の準備が始まっていました。
画像画像















ん~……この銅像の顔が、藤岡弘.氏に似てると思ったのは私だけ?



世界的にも関心が高いアメリカ大統領選。民主党はオバマ候補、共和党はマケイン候補と決まりました。
そのオバマ候補、「世界的な核廃絶の動きにアメリカも同調すべきだ」として、政策に盛り込む事を決めたとか。一方のマケイン候補は今のところ何の動きも見せておりませんが、〝世界の警察〟〝強いアメリカ〟を誇示する共和党の政策を堅持する為、今後も核保有の方針を変えないものと思われます。
この大統領選の行方が、世界の――とりわけ核戦略の行方を占うといっても過言じゃないでしょう。
アメリカが核廃絶に動けば、現在保有を続ける国々にも何らかの影響が出てくるでしょう。もしかしたら、同調して廃絶へ傾く国も出てくるかもしれない。
ただ、もしそうなっても、あのロシアが意趣返しをするとは思えないんですがね。
核廃絶に動かなければ、世界の流れに逆行し、意識格差が広がってしまう。動いたら動いたで、パワーバランスが崩れ、ロシアに軍事的優位に立たれてしまう。
ハリネズミのジレンマ。






あれから63年。今年もまた、あの暑い夏の日がやってきます。
日本は、世界は、どこへ向かって行くというのでしょうか……

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック