龍馬に逢う旅

画像後免町から二駅、のいち駅で降ります。
ここ野市には、幕末の英雄・坂本龍馬33年の生涯を、蝋人形を使って立体的に紹介する『龍馬歴史館』があります。
こういったの、全国によくありますよね。日本三景・松島には『伊達政宗歴史館』がありますし、高松には『平家物語歴史館』があります。萩へ行った時には『吉田松陰歴史館』なんてのを見てきた覚えがあります。
たぶんどこも似たり寄ったり。是が非でも見たいって訳でもなし、このまま室戸岬直行も考えたんですが、そうなると『ヨーロッパ・リベンジ』での大泉さんよろしく「スゲェな。どっっっこも見ねぇんだな」となってしまうので。
まぁ……何も見ないってーのは、旅としてどぉなんだ?てね。
それでは参りましょう。
のいち、にぃ。のいち、にぃ……
(ほほぉ。要はソレが言いたかった、と……ふぅ~ん)


のいち駅から北へ、道なりに歩いて10分ほど。
突然現われる大看板に「ここぜよ」と案内されると、「ほんなら、ちくっと寄ってみるきに」と。
大門をくぐり、玄関先で坂本龍馬の銅像に迎えられながら、館内に入ります。入館料1,050円――高くね?
ここでは、激動の日本を生きた風雲児・坂本龍馬の生涯を、26場面180体の蝋人形で再現しています。嬉しい事に館内は撮影自由。龍馬とツーショットで記念写真が撮れますよ。……需要あんのか?
桂浜にある『坂本龍馬記念館』よりは楽しめましたが……如何せん、人形の元になったのはアノ有名な写真ですから、龍馬が若かろうが歳経てようが、何歳であってもあのしかめっ面(笑) そして、親兄弟といえど、あのしかめっ面が元(爆)
これは、いくら何でも無理があるでしょう!
画像画像














   龍馬といえばこのポーズなのは、かの写真の影響?        乙女姉ちゃん、そりゃ児童虐待ッス(笑)
画像画像














   お龍との婚礼 仲人役は西郷隆盛!(コレ事実!)        「船中八策」が生まれた『いろは丸』の船上

惜しむらくは、龍馬の最期を描く〝近江屋襲撃〟の場面。
賊が近江屋に押し入ったシーンを描いてるんですが、ちっとも緊迫感が伝わってこないんですよ。龍馬と中岡慎太郎は2階で火鉢を囲んで談笑してるし、とても1階で店の者が斬り殺されてるとは思えない、1階と2階のギャップが激しすぎます。
どうせなら、龍馬・慎太郎が賊とやり合ってるシーンくらい再現してくれりゃいいのに。これじゃ、龍馬が非業の死を遂げたという事実、あの時代が抱えていた残酷さが、まるで伝わってこないんですよね。
博物館の方、再考願えませんかね?

画像特別コーナーは、高知県が生んだ偉人、伊藤博文や佐藤栄作などの日本の偉人、ケネディや周恩来などの世界の偉人、世界の有名人が、30体の蝋人形で紹介されています。
ど~でもいいけど、どうしてマリリン・モンローが〝世界の偉人〟なの?
しかも、人形の前に来ると、ご丁寧に通風口から風が吹き上げ、スカートがヒラヒラ舞う(映画『七年目の浮気』の名シーンですね)仕掛けまで。
まぁ、一応クレオパトラや楊貴妃と並んで〝世界の美女〟ってカテゴリーらしいですが。
う~ん……うん?



再来年のNHK大河ドラマは、三菱財閥の祖・岩崎弥太郎の視点から見た龍馬を描く『龍馬伝』に決まったそうです。キャスティングはまだですけどね。
さぁ、龍馬は誰が、どのように演じるんでしょうか。
興味津々。




『龍馬歴史館』に併設するように、ガレージ風の建物があります。
こちらは『世界クラシックカー博物館』。入館料は800円――て、別料金かよ!
館内には、T型フォードやシトロエンC4、世界に2台しかないフィアル・ロードスターなど、一世を風靡したクラシックカー22台が所狭しと並んでいます。
国産だとダットサン、世界初の実用ロータリーエンジン車であるマツダ・コスモスポーツなど名車揃い。
通路以外は立入禁止になっているので、すぐ間近で車を見たり触れたりは出来ませんが、その分、背面が鏡張りになっていて、死角になって見えない部分まで見られるように工夫されています。
画像画像














画像














ある意味、コチラの方が見応えあるかもしれませんね。
個人的には、福山の『自動車時計博物館』の方がいいかな。とても綺麗に磨き上げられてるけど、ここはあくまで見るだけですからね。福山のは、多少塗料が剥げたり錆が浮いてたりしていても、「目で見て、手で触れて」がウリですからね。
まぁ、こういうのを喜ぶのは、たいてい男の子。車に興味のない女の子にとっては「どれも一緒じゃん!」でしょう。カップルにはお奨め出来ませんね。男の子が熱く語れば語るほど、女の子は「あぁ、ハイハイ」と冷めてくのが、手に取るようにわかっちゃいますもの。
「男って、いくつになってもコ・ド・モ」
クゥ~ッ、いっぺんでいいから言われてみたい!(←バカ)
でも、言われるのは一度でいいです。二度も三度も言われると腹立つから(爆)
ワガママ一杯、夢一杯。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック