桑町 茅町 広小路

画像〝忍者電車〟に乗ってガタゴトと。桑町駅で降車します。
桑町駅は無人駅。木造の駅舎が何とも云えない雰囲気を醸し出しています。
一見、ずっと向こうまで田んぼが広がってそうな、スッゲェ田舎にあるように思えますが、桑町一帯はごく普通の住宅街。駅のすぐ近くには名阪バイパスも通っています。
アパートやマンションが立ち並ぶ何の変哲もない街並みに、「わざわざ降りる程の事もなかったなぁ……」と思いながら歩いていたら――





まるでタイムスリップでもしたように、それは突然に現れました。
商家然とした造りの家。昔ながらの虫籠窓。白壁の蔵。塀の屋根瓦の上にチョコンと鎮座まします恵比寿様。
画像画像














何の商売の家だろうと見てみると、なんと醤油の醸造元。「キッコーエイ」という銘柄で、伊賀醤油を造っている英醸造さんです。
いやぁ~……こういうのにヒョッコリ出逢えるから、街歩きってやめられないんだよなぁ~。
気分はすっかり『ちい散歩』(笑)

画像茅町駅は有人駅です。
茅町界隈には高層マンションが幾つも立ち並び、ジャスコのような大きなスーパーもあって、「ははぁん、ここが上野市の中心街なんだなぁ」と思わせる街並みです。そうかと思えば、ガス会社のタンクが並んでいたり、「伊賀越」という銘柄で知られる味噌・醤油の工場があったりという、商・工・住が渾然とした街です。
茅町の近くには、松尾芭蕉ゆかりの「蓑虫庵」という草庵があります。門弟・服部土芳が開いた草庵で、伊賀において芭蕉が門弟たちと句会を開いた〝芭蕉五庵〟と呼ばれる草庵のうち、唯一現存するものです。
開庵当初は「些中(さちゅう)庵」という名前でしたが、芭蕉が開庵祝いに訪れた際、

みの虫の 音(ね)を聞きにこよ 草の庵(いお)

という句を詠み、この「蓑虫」が「些中」に同音で通じるという事から、以後「蓑虫庵」と改められたそうです。時が流れるうち、読みもいつしか「さちゅう」から「みのむし」になって行ったとか。
そういえば、ここ伊賀上野は松尾芭蕉生誕の地でもありましたね。

画像その芭蕉の生家へは、隣の広小路駅が最寄り駅です。
住宅街にぽっこりと現われる駅。ホームと簡単な待合所だあるだけ。
一見して無人駅のようですが、実はちゃんと駅員さんがいます。このプレハブボックスが駅員さんの詰所。ここに日がな一日詰めて、いったい何を思ってるんでしょうねぇ。僕なんかは、すぐ退屈しちゃいそうです。

踏切を渡り、国道25号線を少し東へ向かった先、農人町交差点の一つ手前の角に、芭蕉の生家はあります。
正保元(1644)年、松尾芭蕉はここ上野赤坂町で、準武士待遇の農民である松尾与左衛門の次男として生まれました。名は宗房(むねふさ)。幼少より伊賀藤堂藩の侍大将である藤堂新七郎の三男・良忠に仕え、19歳の時、良忠とともに北村季吟に師事して俳諧を学びます。その頃の俳号は実名を音読みして「宗房(そうぼう)」としてました。
寛文6(1666)年、芭蕉23歳の時、良忠がわずか25歳で亡くなると、仕官を退きます。寛文12(1672)年、処女句集『貝おほひ』を執筆。伊賀上野天満宮に奉納すると、江戸へ出ます。
延宝3(1675)年、芭蕉32歳の時、俳号を本名の宗房から「桃青」に改め、本格的に俳諧師としての道を歩み始めます。「芭蕉」の俳号を使い始めたのは、39歳になる天和2(1682)年頃からと伝えられています。
蕉風俳諧の宗匠(和歌や俳句などの師匠)として多くの弟子を取る一方、しばしば旅に出ては『野ざらし紀行』『更科紀行』などの紀行文を執筆します。弟子の河合曾良を伴なって、かの『奥の細道』の旅に出たのが、46歳になる元禄2(1689)年の事。約2年に及ぶ旅を終え、江戸に戻ります。
故郷である伊賀上野には、折につけ幾度となく帰郷していたようです。その度に友人や門弟らと句会を開いていたようで、伊賀・伊勢で詠まれた句が幾つも残っています。
芭蕉最後の旅も、この伊賀上野からでした。元禄7年(1694)年、伊賀から奈良を経て大坂に着き、南御堂筋にあった旅宿・花屋仁左衛門の家に逗留中に病に倒れ、そのまま亡くなりました。享年51歳。
遺骨は「木曽殿の隣に」という生前の遺言に従って、滋賀県大津の義仲寺にある木曽義仲の隣に埋められ、遺髪が父母の眠る願成寺(愛染院)境内に埋葬されています。それが『芭蕉翁故郷塚』です。
また、辞世の句として有名な

旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る

の句は、実は辞世の句として詠んだのではなく、結果として辞世の句になってしまったのだという話があります。大坂で息を引き取ったのは、本人にとってもまったくの予定外、不本意な事だったのですね。

そんな芭蕉の生家。格子構えの町屋で、母屋は8畳・4畳・8畳の三間。そこに土間と風呂や雪隠(トイレ)がある庫裏が続きます。かつてはもっと大きかったそうですが、流れる歳月の中で改変を余儀なくされ、今の形で残されたんだとか。芭蕉は江戸へ立つ29歳まで、この家で暮らしていたそうです。
この屋敷には、明治18(1885)年頃まで松尾家が代々住んでいたのですが、それ以降は旧藤堂藩士の立入氏に譲り、昭和25(1950)年に立入氏から上野市に寄贈されたそうです。
画像画像














画像画像














画像庫裏を抜けた庭先には、三畳ほどの草庵『釣月軒』が建っています。
芭蕉は、ここで処女句集『貝おほひ』を執筆。伊賀へ帰郷した折には、この建物で起居しました。
晩年、この隣に芭蕉五庵の一つである『無名庵』を建てますが、現在は枇杷の木と句碑を残すだけで、昔の面影はどこにもありません。







広小路駅界隈、寺町には、〝七か寺〟と呼ばれる寺院が整然と並んでいます。城下町を守る目的で、藤堂高虎がここに寺院を集め、そこから「寺町」という町名が付いたのだとか。
〝七か寺〟というだけあって、藤堂家の菩提寺である上行寺や〝日本三大仇討〟の一つ「鍵屋の辻の仇討(伊賀越の仇討)」で討たれた河合又五郎が葬られた万福寺など、7つのお寺が軒を並べます。
「鍵屋の辻の仇討」とは何ぞや?
寛永7(1630)年、岡山藩主・池田忠雄が寵愛する小姓・渡辺源太夫に、藩士の河合又五郎が横恋慕。関係を迫るも源太夫に断られた事から逆上し、又五郎は源太夫を斬殺。自分の仕出かした事に蒼ざめた又五郎、そのまま脱藩して江戸へと逃げ、旗本の安藤次右衛門に匿われます。
怒りが収まらないのは殿様。幕府に又五郎の引渡しを要求するが、安藤は旗本仲間と結託して拒否。「渡せ」「渡さん」の小競り合いは、外様大名対旗本の面子を賭けた争いにまで発展します。そうこうしているうちに忠雄が病死。よほど無念だったのか、遺言に「又五郎を討て」と遺す有様。
幕府は、池田家の因幡鳥取藩への国替え、旗本たちの謹慎と又五郎の江戸追放を命じ、喧嘩両成敗で事を済ませようとします。ところが藩主の遺言を無下にも出来ない岡山藩。源太夫の兄・渡辺数馬は是が非でも仇討ちを果たさねばならない立場になります。
当時、下意の仇討(父が息子の、兄が弟の仇を討つ)は非常に珍しい事でした。通常なら認められない仇討が黙認されたのは、これが単なる仇討じゃなく、外様大名対直参旗本の代理戦争のように受け取られていたからでしょう。
さて、剣術の腕に自信のない数馬、大和郡山藩の剣術指南役をしていた姉婿の荒木又右衛門に助太刀を頼みます。方々を探し回った結果、寛永11(1634)年の秋、又五郎が奈良に潜伏している事をようやく突き止めます。
危機を察知した又五郎、江戸へ逃れようとしますが、伊勢街道と奈良街道の分岐点である〝鍵屋の辻〟で待ち伏せしていた数馬と又右衛門に見つけられ、仇討の決闘となります。
逃げる又五郎側は11人、追う数馬側は4人。多勢に無勢でしたが、又五郎の叔父で元大和郡山藩剣術指南役の河合甚左衛門、妹婿で槍の名手の桜井半兵衛の二人が又右衛門に討たれた事で又五郎一行は総崩れ。逃げ遅れた又五郎は数馬一行に取り囲まれ、5時間にも及ぶ斬り合い(というか睨み合い)の末、数馬はようやっと本懐を遂げます。
(というか、お互い剣術に疎い又五郎と数馬ですから、5時間かけてやっと傷を負わせた数馬に業を煮やした又右衛門が「あぁ、よくやった。よくやった。後は俺にまかせろ」と、又五郎を一刀両断にしたというのが事実のようです)
画像その河合又五郎の墓が、万福寺の本堂脇にある供養塔の横にチョコンとあります。ややをもすると見逃してしまいそう。

決闘の場となった〝鍵屋の辻〟は、上野市の外れの方にあって、今では史跡公園になっています。
まぁ、今回は訪ねませんでしたけど――つーか、「伊賀越の仇討」なんて、知ったのは後々ですもの。荒木又右衛門の名前は知ってましたけど。
その荒木又右衛門といえば、この決闘での〝36人斬り〟が有名ですが、どうもこれは後世の脚色のようです。だって、11人しかいないのに、どうやって36人も斬れるってさ(笑) 実際に又右衛門が斬ったのは、河合甚左衛門と桜井半兵衛の二人だけです。
(河合又五郎は一応、渡辺数馬が討った事になってますから)
いやぁ~……時代劇なんかを見る限り、仇討ってもう少しチャンチャンバラバラやるもんかと思ってたら、こんなグテングテンな物とは知りませんでしたよ。その経緯もドロドロなら決闘の様子までドロドロのグテングテン(笑)
はぁ……何なんスかね、仇討って?

広小路界隈を後にして、国道163号線沿いに行くと、伊賀市役所の向かいに上野市駅があります。
ここまでおよそ1時間――1時間も歩いたってか! 何もないトコを1時間も!!
……まぁ、僕の「のらり旅」は〝歩く事も決して厭わない〟が基本ですからね。
(それでたまに〝痛い目〟に遭う事もあるんですけど)
こうして歩いてみると、実に面白いです。例えば、今も残る昔ながらの町名。
桑畑が広がっていたから、桑町。
茅が鬱蒼と生い茂っていたから、茅町。
お寺がたくさん軒を並べているから、寺町。
高虎の転封に伴なって、伊予国から移り住んだ人がたくさんいたから、伊予町。
などなど。
単純といえば単純ですし、わかりやすいといえばわかりやすいんですが、旧町名と今の姿を照らし合わせてみると、すっかり変わってしまった部分もあり、昔どおりの部分もあり。なかなかに趣深いものがありますね。
さ、それじゃ伊賀上野城と忍者屋敷探訪と参りますかね。

何だ、結局は忍者ぢゃん(笑)
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック