きっと試験に出ない石川県・富山県

富山ライトレールに乗って、終点・岩瀬浜の2つ手前の駅である東岩瀬で降ります。
東岩瀬電停の隣には、旧東岩瀬駅の駅舎があります。JR富山港線沿線に残る唯一の駅舎で、現在は休憩所 兼 観光案内所(といっても、テーブル上に観光パンフレットが数種類置かれているだけですが)として活用されています。
ここを起点にして、かつて北前船の基地として栄えた岩瀬地区を散策いたします。

画像ここ岩瀬の港は、江戸から明治にかけて、蝦夷地(北海道)との運搬船である北前船の荷揚げ港として賑わいを見せ、多くの廻船問屋が営まれていました。
北前船を運営する廻船問屋は、ここから積み込まれた米を蝦夷地で売り、得た売上で蝦夷地の特産品である鮭や昆布などを買い、京・大坂(「大阪」と書かれるようになったのは明治に入ってからの事)で売り捌いて利益を得るといった〝のこぎり商売(鋸のように、行きと帰りで商売した事から)〟で財を成しました。また、行きと帰りで2倍儲かった事から、この地方では北前船とは呼ばず「バイ船」と呼んでいたそうです。
メインストリートである岩瀬大町・新川町通りは、かつて京都から日本海沿いに越後まで結んだ北国街道の一部で、街道沿いには昔ながらの商家然とした家や土蔵が、今も軒を並べています。銀行や飲食店さえ、周囲の雰囲気に溶け込むよう、商家風の建物だったり昔の土蔵を改装したものだったりします。
その中の一軒、国の重要文化財にも指定されている『廻船問屋 森家』が一般公開され、当時の隆盛ぶりを今に伝えています。建物は明治11年に建てられたもの。岩瀬の街は、幾度かの大火のお陰で、江戸時代からの建物はすっかり焼けてしまい、現存する建物はすべて明治期のものなんだとか。
富山城と云い、ここ岩瀬と云い、富山の街はよくよく火災に遭いやすい、火事に弱い街だったんですね。
画像観覧料110円を受付のおっちゃまに支払って中に入りますが、このおっちゃまがまぁまぁまぁまぁしゃべる事しゃべる事!
「どちらからいらっしゃいました? 遠いところ御苦労様です」という社交辞令から始まって、頼んでもいないのに解説を始めます。
「この前の通りは、その昔、加賀のお殿様が参勤交代の時に通った道で……」
をいをい、屋敷の話じゃなくて前の道から入んのかい(笑) こらぁ放っといたら、柱の一本一本についてまでしゃべり出すんじゃねぇか?とか思っていたら、
「この柱は、秋田から運んだ桜のムク材。こっちは屋久島の杉を使ってまして……」
……マジでかい(笑) もう返す言葉もございません。返す気もありませんが。

森家は、岩瀬で二番目に大きい廻船問屋。一見しただけで、他の商家とは趣の違う豪商ぶりが、屋敷の端々に見て取れます。
(ちなみに岩瀬で一番大きい商家は、すぐお隣の馬場家。ここの女主人である馬場はるさんが、莫大な私費を投じて創ったのが旧制富山高等学校――現在の富山大学教養部・文理学部であります。その時の寄附総額が当時の県年間予算の1/7相当と云いますから、いかに豪商だったかがおわかりいただけますでしょうか)
明治中期、汽船の進出や鉄道網の整備で北前船が衰退するや、森家は海運業から銀行業に鞍替え。県会議員なども任めました。昭和25(1950)年に森一族が東京へ移る際、富山に進出してきた倉敷レーヨン(現クラレ)を営む大原総一郎氏に屋敷を売却。倉敷レーヨンでは「晏山寮」と名付け、富山工場を訪れる大原社長の定宿にしていたそうです。クラレが富山工場を閉鎖する際、屋敷は富山市に無償譲渡され、市は観光文化施設として一般開放しました。平成6(1994)年には国の重要文化財に指定されています。

入口を入ってすぐの帳場は〝オイの間〟と呼ばれ、15畳にも及ぶ大きな部屋。囲炉裏まで設えてあります。屋根裏までどぉ~んと吹き抜ける高ぁ~い天井は、セイロ組みにされた能登産黒松の太く黒い梁が目を惹きます。
普通のお客さんはここで接待・商談を受け、上得意さんや大事なお客さんは、奥の茶室で接待を受けていました。この茶室の隅に、一見すると普通の押入れがあるのですが、襖戸を外すと何とも立派な金庫が。
先にも述べたとおり、幾度となく大火に見舞われた富山。それはこの岩瀬とて例外ではなく、商売の上で最も大事な帳簿を灰にしてしまった事も。「二度と燃やすまい」と誓った主人、当時の銀行や官公庁ですら持っていなかった耐火金庫を東京で買い求め、さらに分厚い漆喰壁で金庫を覆い、万全の火災対策を施したそうです。そのお陰かどうか、二度と火事に見舞われる事もなく、あの富山大空襲でも焼ける事はなかったとか。そんなこんなもあって、この金庫は当然金庫の役割を果たしたばかりじゃなく、火除けの守り神でもあったんだそうです。
画像帳場の奥には約20畳という大広間。庭に面した窓には、当時では珍しいガラスが嵌められていました。多くの商家が障子窓だった時代、ガラス嵌め殺しの窓は、それはそれは珍重で人目を惹いた事でしょう。
庭の向こうに見える土蔵の壁には、見事な鷹の彫刻がなされています。代々の森家の主人は、この庭越しに見る鷹が、たいそう気に入っていたそうです。土蔵の壁だけじゃなく、柱の釘隠し一つ取っても、鶴や亀、兎(ウサギとカメ?)、桃(桃太郎?)などの細工がされています。細かなところに贅と遊び心をちりばめた森家の屋敷は、そういったのを探し当てるだけでも楽しくなっちゃいます。
二階は奉公人と女中さんの部屋。あまり広い部屋ではなく、一人頭一畳が与えられたそうです。蒲団を敷いてしまえばそれっきりな広さ。まさに「起きて半畳、寝て一畳」の世界だったんですね。
通りに面した窓は格子窓になっています。普通の商家は平格子(窓を開けるとすぐに格子が嵌められている)ですが、森家は京風の出格子(出窓)になっています。宮大工をわざわざ京都から呼び寄せて作らせたと云いますから、さすがは岩瀬で一、二を争う豪商ぶりです。
女中さんと云うと、「何年かの年季奉公があって、それまでは働き詰め」なんてイメージを持ってしまいますが(時代劇なんかの影響で特に)、実際はそうじゃなかったんだとか。どちらかというと全寮制の家政婦学校に近いものだったそうで、働いて給金を得ながら、礼儀作法や家事を習っていたそうです。だから、この森家や隣の馬場家などでは、女中志願の娘さんが列を成していたなんて逸話も。
奉公人さんも同様で、ただ馬車馬のように働かされるんじゃなく、働きながら商売の仕方を覚え、やがて独立して行くといった、商業学校のような一面も持ち合わせていたんだとか。こちらも「是非〝あいせん〟(森家の屋号)で働きたい」という奉公人志望がひっきりなしだったとか。
階下に下りまして。
〝オイの間〟の前の土間を見ますれば、何の変哲もない土間だと思っていたのは、実は大きな一枚岩だという事を聞かされました。端から端まで80mにも及ぶ一枚岩は、小豆島から切り出してきたもの。小豆島の石といえば、あの大坂城の石垣も小豆島の石。よもや太閤殿下に対抗しようとした訳でもないでしょうが、トイレのドアに使われてるのは屋久杉の板だったり、「目に見えない場所に贅を凝らすのが、本当の贅沢」とばかりに、日本全国から集められた資材で建てられたこの屋敷は、森家の豪商ぶりの象徴でもあります。
土間の先には二つの土蔵があります。大広間から庭越しに覗いたアノ土蔵です。
この土蔵の管理管轄は今でも文化庁なんだそうで、数年前に解体修復工事を行なった際、建てられて百数十年が過ぎていると云うのに、竹などの構造材がまったく傷んでいなかった事に、調査した学者が大変驚かれたそうです。普通これだけの年数が経っているなら、どこかが傷んでたり朽ちてたりしててもおかしくない状態なのに、それがまったくなかったという事は、随分としっかり建てられていたんだという証拠でもあります。
画像画像














土蔵の扉には、一方には龍、もう一方には虎の鏝(こて)絵が施されています。「龍は雲を呼び、虎は風を呼ぶ」の言い伝えどおり、龍虎の鏝絵は火伏のおまじないでもあったんですかね。
内子でも見事な鏝絵を見てきましたが、ここの鏝絵も見事としか言い様がありません。ただ……扉を閉じてしまえば見えなくなる内側に何故?という気もありましたが、それがまた豪商ゆえの贅沢なんでしょうね。「普通の金持ちは表に出して見せびらかす。本当の金持ちは見えない所に贅を尽くす」という事ですね。
土蔵脇の裏木戸を出ると、砂利敷きの駐車場になっていました。昔は裏の道路までが海で、この駐車場は船着場の名残だそうです。かつての港は埋め立てられ、海は100m先ほどに遠のきました。

さて、北前船についてのお話。
蝦夷地で仕入れた品物を金に換えるには、〝天下の台所〟である大坂や堺へ持って行って売るのが、一番手っ取り早い方法でした。ところが、当時の日本海航路は、ここ岩瀬までで終わり。大坂へ荷を運ぶには、ここで一旦積み替え、陸路で琵琶湖まで運び、琵琶湖を船で渡り、大津から再び陸送するといった手間がかかるものでした。船に載せず、すべて陸送で運ぶ事も出来ましたが、輸送にかかる日数などを考えると、琵琶湖を船で渡る方が一般的でした。
ところが、琵琶湖を安全に渡るには琵琶湖の水上生活者(いわゆる〝湖族〟)に積荷の25%を渡り賃として渡さねばなりませんでした。さらには、何度も荷の積み替えがあるので荷崩れの心配が常に付きまとっていました。
一計を案じた加賀の殿様が生み出したのが、日本海を下り、関門海峡を越えて瀬戸内海に入り、そのまま堺の港に船を着けようと云う航路。これにより、琵琶湖の渡り賃を支払う事もなく、また、積み替えがないので荷崩れの心配もなくなりました。そして、陸路で運ぶも海路で運ぶも、かかる日数は40日前後とほぼ一緒だったそうです。
加賀藩が百万石の財を築いた一因は、このロスを最小限に抑えた商売方法にあるのだとか。
そして、蝦夷地から運ばれた昆布が薩摩藩を介して中国に売られ、中国からは薬草が輸入されてきました。それが北前船で富山に運ばれ、富山の妙薬の原料になった――と、すべては一つにつながっている訳です。
余談ながら、この昆布交易で得た金銭が、薩摩藩を幕末の主役に押し上げる原動力になったんだそうです。
また、蝦夷地の昆布が大坂で大量に売り捌かれた事から、関西のうどんは昆布ダシになったんだとか。
という事は、もし北前船が北海道の昆布を買わなければ、薩摩藩が倒幕に動く事もなく、関西のうどんの味も変わっちゃったかもしれない、という話。現に関東が鰹ダシになったのは、昆布が入ってくるのが遅かった為に魚介ダシになったからだとか。
――なんて話も、全部おっちゃまからの受け売りです。


おっちゃまの話術に乗せられ、軽く見て回るつもりが、タップリ1時間費やしてしまいましたねぇ。
岩瀬の昔ながらの通りを抜け、岩瀬浜駅から〝ポートラム〟で富山駅まで戻ります。
ここらでいい加減に金沢へ向かわないと、旅の目的地が何処なのかわかんなくなっちゃいますからね(爆)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック