同行二人 うどん行脚~おいでまい香川

「海外もいいけど、たまには香川でうどんでもどうですか」
何とも安直な呼び掛けで、旅人3段の方を四国・香川に呼びつける事に成功しました。
本当は、もっと多くの人にお声を掛けたのですが、あいにくと皆さん、予定が合わなくて……。
な訳で、「り」様とワタクシめ、二人だけのうどん行脚となりました。
といっても、本番は明日からなのですが。


画像さてワタクシ、「り」様を迎えに岡山空港へ来ております。
……はい? 高松なのに、なして岡山なのか、ですか?
まままままぁ、いろいろ深い理由が、ね。
キーワードは「ポリシー」

飛行機は、案の定遅れております。
20時45分到着予定が21時05分――20分遅れであります。
まぁ、岡山空港って元からよく遅れるそうですし、今日は東北・北陸地方があぁですからね。羽田がごった返すのは言わずもがなでしょう。となれば、当然の帰結として羽田出発が遅れる。出発が遅れれば到着も遅れる。
でも、20分てのはどうだ?
遅れた分、機内サービスは普段より良かったんだろうか。いつもは1回しか回ってこないドリンクサービスが何回も来て、しまいにゃ腹タプタプになったりして(笑)
そんな「り」様を到着口から出てきたところを捕獲!
(捕獲ってア~タ……)
さすがにキョット~ンとしてらっしゃいましたね。「なんでアンタがここにいるの?」みたいな顔してました。
そりゃまぁ、「迎えに行きますよ」なんて言ってませんでしたからね。
目論見どおり、「り」様に一発目のサプライズをかます事に成功しました!
まずは1勝!――何の勝負だ(笑)
空港から岡山市内までバスで約1時間。岡山から高松までマリンライナーで、これまた約1時間。乗り継ぎにおよそ30分。単純計算で2時間半はかかります。会社帰りでそのまま飛び乗るであろう「り」様、着いたら日付が変わるかもしれないなんて、いくら自分で選択した行程とはいえ、それはあまりにあまりじゃないだろうか、と思った次第です。

高速を使って「あっ!」という間、というか「えっ!?」という間に岡山から香川へ。
途中、ほぼ中間点になる与島サービスエリアから見上げた瀬戸大橋は、やっぱり贔屓目に見ても〝隣の村祭り〟でした。
瀬戸大橋は、昼間に見るものです。以上。

さ:「ところで晩メシは?」
り:「一応食べて来ました」

「ならば」という事で、高速を坂出北インターで下りて一般道へ。向かった先は――
画像
天皇寺高照院
よりにもよってソコへ行くか……
して、観光名所でもないし、観光目的で行くような場所でもないし。
ていうか、『水曜どうでしょう』『四国R-14』を見てない方には、まったく馴染みのない場所です。
ちなみに、怪奇現象は体験しませんでした。
何を期待して行ったんでしょう。


多少余分な回り道をしつつ、「り」様をホテルまでお送りすると、明日の約束をして、今日のところはお別れしました。
さぁ、明日からの我々二人、どこでどんなオイシイ体験をするのか。
知ってるのは神様だけです――店と道順はワタクシが知ってますけどね。
〝うどん行脚〟の本番は明日から。
このブログをお読みの方は、箸とドンブリ片手にお待ち下さい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック