神戸で遊ぼう~南京町中華街

京都はどうした?(笑)
「京都で遊ぼう」なんて言っておきながら、滞在わずか2時間って……
この際、タイトル訂正。
「京都の周辺で遊ぼう」
――〝周辺〟にしちゃ、神戸は遠過ぎるよね。
画像画像














画像画像














意気揚々と京都に向かったものの、京都らしい物は何も見ず、京都らしい物は何も食べず、必殺の〝かまぶろ〟先生にも会えず(笑)
見た物といえば、一休さんの袈裟と動かないSLだけってのはどぉだぁ?
気が晴れない 全然気が晴れないよぉ……
一泊くらいの余裕があれば、まだ愉しみ方もあったんだろうけどね。
明日は朝から仕事だし、今日中に帰り着かなくては。
う~ん……日帰りってのは無謀だったか? 詰め込み過ぎ?
こうなったら、せめて中華街で晩メシくらい食いたいところでしょう。
てな訳で、駆け込んだのは『中国菜館 海星』さん。
今夜の御注文は――
画像
牛腩飯(牛バラ肉かけ御飯)と小龍包ですよ。
これが今日一番の〝当たりメシ〟だったかもしんない。
角煮かっ!?てくらいゴロンとした牛バラ肉の塊。でも、箸をスッと入れたらホロッと崩れるほど柔らかい。それを青梗菜と一緒に混ぜ込みながら食す。ちょっと味付けが濃いかな?て気がするけど、それがまた食欲をそそるんですねぇ。
小龍包も、もちもちっとした皮をチョンと破ると、中から熱々のスープがジュワッと溢れ出す。それを具と一緒に口の中へ流し込む訳ですよ。もぉ美味しくないハズがない。
完  食  !!
いやぁ~……京都やめて神戸にしとくんだった(笑)
でも、まぁ、神戸は何度も来てるしね――いや、何度来ても、いいモノはいい!!(爆)


そんな訳で、「晩メシ食っただけの神戸の方が、印象強いってのは何事!?」なんて反省しながら、フェリー埠頭に向かってますよ。
う~ん、京都は……リベンジだな。今度は行き当たりばったりじゃなく、キッチリ計画立てて。
嵐山のトロッコ列車って乗った事ないし、保津川下りにも乗った事ない。
貴船の川床遊びなんてのも雅ですなぁ。
とりあえず、帰ったら『おにぎり』のビデオで研究だな。
〝豚一家の京都〟をトレースする旅――さぁ、胃薬、いくつ必要だろう?

つーか、普通に観光バス乗ればぁ? さほど京都に詳しい訳じゃないんだし。


ともあれ、行き当たりばったりの日帰り旅は、文字通りバッタリと倒れ込んでしまったのでした。
――そぉ~かそぉか。今回も結局、そんなオチかぁ~……

この記事へのコメント

アバロン
2007年09月02日 20:48
カブで行ってるのかなぁ?道中お気を付けていってら~♪
讃岐屋
2007年09月04日 01:52
原付だなんて、そんな御無体な(笑)
せいぜいが駅前でサイコロをチョチョイっと……しませんって!(爆)

この記事へのトラックバック