へい、CUE丼一丁!

6月に入りまして、TEAM NACS勢揃いで出演しております、グリコ『DONBURI亭』のテレビCMが、昨日から全国でOAされております。
皆さん、もうご覧になりましたか? まだの方、グリコのホムペ内でも見る事が出来ますので、是非ご覧下さい。
いやぁ~……何ざんしょ、あのバカさ加減は(笑)


舞台はとある料亭。
中華丼の注文を受けて、大泉さんが威勢良く厨房に伝える。
シゲが汗だくで、かまどの火を起こす。
音尾クンが男気一杯に丼を差し出す。
もリーダーが、にぃぃいいええーいっ!と御飯をよそう。
ヤスケンが、熟練のラーメン職人のように、鍋から〝ある物〟を湯切りする――それは『DONBURI亭』のレトルトパック。
大泉さんが、ビシッと封を切って丼にあける。
そして、五人勢揃いで「これがオレたちの自信作だ!」とばかりに差し出す。

あはは、ムダにバカバカしいわ(笑)
いかにも威勢良く、分業でこさえてくけど、要はレトルトあっためて丼に開けるだけでしょ?――いや、そういう商品なんだけどさ。キャッチフレーズが「手間暇かけず、技いらず」だから、それでいいっちゃあいいんだけどさ。
よくもここまでバカカッコよく仕上げてくれたもんだ。
それにしても。
シゲってば、どうしてこうもムダな汗流す姿が似合うんでしょ(爆)
んで、安田さん。
『ハケンの品格』効果でしょうか、7月からのドラマ『ホタルノヒカリ』にレギュラー出演が決定しました。NHKに続き、日本テレビにも気に入られたようですよ。
またまたマンガが原作の、テイストは『ハケン』に近そうですが。今度は、綾瀬はるかチャンや国仲涼子チャンらと共演です。
〝平成の怪物〟〝陰鬱な肉体系〟はどこまで行くつもりなんでしょう?
とりあえず、安田さんを抜きにしても〝干物女〟って気になってるんですけど(笑)
たぶん……見る……ん……だろうなぁ……



さて。
同じテレビCMといえば。
あのオクラホマの二人が、アイドル・市川由衣チャンと一緒にキャンペーンキャラクターに起用されたJRA北海道シリーズのCMが、近々OAされる事になっておりまして。
オクラホマの二人が初めてブラウン管に登場したのは、『鈴井の巣』(ドラバラじゃなく、第一期『夢企画』の)の企画「北海道でお笑いを目指す大学生二人の引越しを応援しよう」ででした。
当時はまだ北大水産学部の学生だったオクラの二人が、函館から札幌へ引っ越すにあたり、大泉さんと安田さんがそれぞれを担当し、いかに早く安く引っ越せるかを競うモノでした。
その後も番組に何度となく出演し、これが縁でオフィスCUEに入社し、何度かの〝解雇宣告〟を経験(笑)しながらも、今や後輩・大下宗吾クンと3人で繰り広げるお笑いライブ『まんぴん』は、毎回ソールドアウト。その知名度も上昇中。
いやぁ~……スゲぇ出世だ。『お釜にポン!』の時とはエラい違い。
そして、JRAのCMといえば、過去、明石家さんまや木村拓哉、ナインティナインが出演したCM。
あはは。たとえ一シリーズ限定とはいえ、コイツら、さんまやキムタク、ナイナイと肩を並べちゃったよ(笑)――まぁ、99%市川由衣チャンのお陰だろうけど。
だって、知らない人が見たら「誰やねん? このデブとカマキリは」となる事は間違いないもの。

で、今日からそのCMが、JRAのホムペで先行特別公開されております。
これがまたエラく凝ってましてね。
公開されている2本のCMを、そこに至るまでの三人三様のエピソードでつないでるんですよ。
藤尾はカメラが趣味。河野は食いしん坊。そして競馬初挑戦の由衣チャンという3人が、競馬場にやって来るというお話なんですが、実は藤尾・河野の二人は、お互い密かに由衣チャンに憧れてる――なんて裏設定もあったりで。
今後の展開が楽しみ……か?

競馬といえば、明日はGⅠレース安田記念の日。
JRA・日本中央競馬会の初代理事長である安田伊左衛門の功績を称えて名付けられた重賞レースとか。
これが「ヤスダ記念」だったら、馬はみんな裸馬。騎手も素っ裸で騎乗するんでしょうな(笑)
……チョット見てみたい(爆)





ともあれ、最近CMづいている(北海道限定でOAしてるCMはたくさんあるけど、全国CMって意味では初という事で)オフィスCUEであります。
この先、どこまで行くつもりなんでしょう?
とりあえず……夕張か(笑)

この記事へのコメント

2007年06月05日 23:06
TVではまだですが、HPで見ましたよ、CM。
カナリ爆笑でした。
あんだけ、威勢いいのに、レトルトですからねぇ、
私も思わずツッコんでしまいました(笑)

そういえば夕張絡みで鈴井・大泉両氏がラジオや雑誌など、
出まくってますね。。色々大変らしいですが、ぜひとも成功させて頂きたい。。
2007年06月05日 23:19
つか…なんだよ。ファンミ。
すげ~~~~裏切ってくれたな(笑)。

実物の干物女とは綾瀬はるかのような人物ではなく、リアルわたくし、そのものでございます(自爆)
讃岐屋
2007年06月06日 01:43
>Sea-naさま
ね。バカ面白くていいでしょう? たぶん、バカ度の方が上でしょうけど。
こんな料亭、一度行ってみたい(笑) でも二度は行きたくない(爆)

ちなみに、J○北海道が民営化で多角経営に乗り出した当初、オープンした喫茶店は、ほとんど冷食でした。冷凍庫から取り出して、レンジでチンしたものを皿にあけるだけ。
せめてフライパンくらい振れよ、○R北海道!と思ったものでした。


>sora@oさま
マレーシアってのは意表突きすぎですよね。皆揃って虎退治。

〝干物女〟ってカワハギですか? 氷下魚ですか?――て、そりゃ〝乾き物〟だ(笑)

この記事へのトラックバック

  • 世間との温度差

    Excerpt: ついでですから、引き続いてCMネタを。 Weblog: りーまんとらべらーの日常と非日常 racked: 2007-06-10 00:06