徳島ゴォ~ル!!

長いようで短かった30時間25分の旅。
途中、思わぬアクシデントにも見舞われましたが、終わってしまえば、すべてがいい思い出です。
13時59分、徳島到着。ツアーの全行程が終了しました。
オールオーバー。


振り返ってみますれば、楽しかったような、楽しくなかったような……て、楽しかったに決ってますけどね!
ただ。
やっぱり旅ってのは、ゆっくりするのが一番ですよ。名所旧跡をまわり、美味しい物を食べ、美しい風景に触れる。
こんな忙しないのは、「陣取り合戦」以来だわ。
これって、「移動」であって「旅」じゃないよね。
今度はもっとゆる~ゆるした旅がしたいですねぇ。
そして。
僕にとって、ある意味で収穫だったのは。
真の鉄道マニア――いわゆる本物の「てつ」の方々に触れられた事。
いやぁ~、今まで「これでも〝てつ〟の端くれ」と言ってた人とも何人か知り合いましたが、その人たちって何だったんでしょう? アノ方たちに比べればとてもとても……
趣味とマニアの境界線。コアでディープ。
これはねぇ、例えるなら重度のカルチャーショックですよ。正直、一般人には付いて行けない世界です。
そんな世界でも、中に入ってみなければわからない。
郷に入れば郷に従え。
朱に交わればシュラシュシュシュ。

まるっきりダメでしたね。

あの輪の中に入って行くには、僕は50年くらい山ごもりしなきゃ太刀打ち出来ません。
今でも乗り物酔いのような感じが残ってますよ。
云うなれば「てつ」酔い(笑)
まぁ、言うなれば「こういう世界もあるんだなぁ~……」と。


こんな書き方をすると(今までのレポートでだって)きっと気分害するんだろうなぁ~、とは思うんですけど。
別に悪気があってこんな記事になってるんじゃありません。
アナタ方の鉄道に対する並々ならぬ熱意は、痛いほどよくわかりました。
尊敬にすら値します。
ただ、誰でもがおいそれと立ち入って行けない世界であるのも事実です。
我々がアナタ方のレベルに達するには、相当量の努力を重ねなきゃなりません。
それこそ、大学受験を一からやり直す以上に。
そこんトコだけはわかって下さい。

鉄道マニアに最敬礼。
(あぁ、なんかどうやって弁明しても、小バカにしてるって思われそうだ)


僕は、ただの旅好き、「旅バカ」でいいです。
ゴメンなさい。

画像







それでは次回九州一周弾丸ツアーでお会いしましょう!(笑)

やんねぇって、絶対!!



この記事へのコメント

2007年04月01日 16:46
お疲れ様です。
後からの旅行記をじっくりと楽しませていただきますね。
2007年04月06日 21:36
じっくりと拝見させていただきました。
ごちそうさま!

さて、来年あたりTBAリターンズでもやりますか?(爆)
讃岐屋
2007年04月06日 22:00
これこれ、滅多な事を言うもんじゃありません。どこで誰が聞いてるやら。壁に耳あり、クロード・チアリ。
宝塚方面には、こういうのには目敏い方がおられますから(笑)
特に〝角〟の方に(爆)

この記事へのトラックバック