緊急事態発生・2

お楽しみの『マリンライナー』グリーン席は、「いくら2階席で見晴らしが良くたって、夜中じゃ何も見えねぇぢゃん!」という残念な結果になりました(T_T)
そして……JR西日本はスゴいねぇ~。定刻どおりだもの。
という訳で、「やはり」というか「結局」というか、〝賭け〟には敗れてしまいました。乗り継ぐはずの『しおかぜ29号』とは、瀬戸大橋上ですれ違いましたぁ(ToT)
皆さまお察しの通り、児島には22時19分に到着したものの、ただ今途方に暮れております(笑)
手の中にある、多度津までの指定席券が虚しいです(爆)
何より一番哀しかったのは、「ひょっとして、さっきすれ違ったのは別の列車じゃないか?」と淡い期待を抱いて、我先にとホームへ駆け上がった添乗員の滝川さんの
「行っちゃいました……」
という苦笑いでした。

さぁ、どぉ~しましょ~か。
我々、明らかにこのツアー最大のヤマ場を迎えておりますよぉ(笑)
まぁ、過ぎてしまった事はしょうがない。起こってしまった事は、今さら取り返しがつかない。
とりあえず、我々Aチーム全員、瀬戸大橋線完全踏破という事で。
(まぁ、事情が事情なので、先に宿で休んでいるBチームの方々も、瀬戸大橋線踏破という事になるんですけど)
ここからは戻る算段。
次便のマリンライナーで坂出まで引き返し、そこから多度津行き、琴平行きと乗り継いで、琴平到着が0時20分――というのが無難な線……となるところ、宿の御主人の御厚意で、多度津まで迎えに来てくれる事に。
まぁ、琴平-多度津間は明日も通りますし、全線踏破に支障はないのです。


それにしても、土砂降りのヒドい雨です。閑散とした駅舎の中にまで響いてますよ。あまりの雨音に思わずビビっちゃいました。
いやいや、雷まで鳴ってますよ。
何だぁ? こんなヒドくなるって天気予報で言ってたかぁ?
こうなると心配なのは、ここで運行ストップになって、このまま児島駅で一泊っ!という最悪の事態に陥りやしないか、という事。
それも魅力!(笑)
いやいや、笑い事じゃなく。
まぁ、さすがにそうなったらそうなったで、滝川さんが全力と全責任をもって、木賃宿でも何でも手配してくれるんでしょうけど……


どうか止まりませんようにっ(ぱんぱんっ)

この記事へのコメント

讃岐屋
2007年03月31日 23:13
いやぁ、そらぁ起こしてくれるでしょう。ミスターが(笑) まぁ、その為に添乗員さんが二人も付いてる訳だし。二人とも寝坊したらどうすんだろ?(爆)
2007年03月31日 23:28
もう3月も終わり…あれ?3月最終日に何かあったような?頼りない記憶力をたどっているうちに、急に思い出しました。この二日間は、讃岐やさんが四国を制覇する日でしたね!もう半分終わっちゃいましたが、これから拝見させていただきます。
讃岐屋
2007年03月31日 23:50
mさま・・・それはあまりにも御無体な仕打ち・・・忘れないで(はぁと)

この記事へのトラックバック