池谷駅で乗り換え

画像いやぁ~、さすが「弾丸ツアー」ですねぇ~。忙しないったらないわぁ。
8時7分に鳴門に着いたと思ったら、12分には出発。速攻で折り返しですもの。しかも、乗ってきたその列車で折り返そうってんだから。まさに、『水曜どうでしょう・サイコロ3前編』でのハウステンボス状態(笑)
そのうえ、こっちは荷物を降ろす事もなく、滞在時間5分ですからね。どうでしょう班の上を行きましたよ(爆)
で。
この忙しさの中で、「それでは記念写真を撮りまぁす」ですって。スゴいスゴい。
コレって、アレですかね? 各路線の終着駅ごとに、記念写真というか証拠写真を撮ってくんですかね?
――という訳で、ツアーのスタートから約30分。早速ではありますが、鳴門線完全踏破です。


現在、高徳線の池谷(いけのたに)駅で、乗り継いだ徳島行き普通列車の出発待ちです。
ここ池谷駅は、鳴門線とY字に交差してるので、駅舎を挟むようにしてホームを跨ぐ形になります。
気分は私鉄乗り入れ駅。
画像画像














さて、阿波徳島といえば、四国の狸の総大将・金長狸のお膝元。
という訳で。
改札を抜けた先では、彼がお出迎え&お見送りです。大谷焼のデッカイ徳利(というか壷ですな、こりゃ)からは、酒ならぬ水がチョロチョロと、杯を模した水鉢に流れ落ちています。
何でもこの一帯に棲んでいた総領狸が、池谷駅が出来た事で住処を奪われ、その為に人に祟るようになったので、祠を建てて祀ったところ、この地の守り神になったという謂れがあるそうです。
『平成狸合戦ぽんぽこ』の世界ですかい。
実は、祠の隣にも小狸がおりまして、親子で道中の安全を祈ってる、という具合です。
芸が細かいですねぇ。
細か過ぎて、誰も気づいてないんでか?

徳島に着いたら、吉野川に沿って走る徳島線(よしの川ブルーライン)で、阿波池田に向かいます。そこからは『南風3号』に乗り継いで高知の太平洋岸を抜けると、いよいよ清流・四万十川と御対面です。
それが、今日前半のヤマ場ってトコでしょうかね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック