07:20 旅バカ、徳島駅に集結

まいど! 旅人委員会特派員(笑)の讃岐屋でおま。
さぁ、いよいよ始まりますよぉ。
全行程30時間25分という、壮大にして、あまりにバカバカしい『四国一周弾丸ツアー』……じゃなかった『JR四国全線最短時間乗車ツアー』が。
案内状によりますと、「朝7時30分までに、徳島駅改札前にてツアー受付を済ませる事」となっています。
画像画像














で、これが徳島駅前の様子です。
どぉ~ですか。
もぉね、駅前のモニュメントからして渦巻いちゃってますよ。
郵便ポストの上では、阿波踊りでもって、我々を歓迎してくれてる訳ですよ。
(そぉかぁ?)


徳島駅コンコースに参りますと……はいはい、おりますおります。
御夫婦で参加の一組を含む総勢17名、粒選りの命知らず(?)&旅バカの皆さんです。
ツアコンはJR四国ワープ徳島支店のお二方。
メガネを掛け、恰幅のよさそうな方が黒田さん。一方、長身痩せ型、ちょっと欽ちゃんに似てなくもなくない(どっちやねん!)方が滝川さん。
これからツアー最終まで、2日間のお付き合いです。
受付を済ませると、早速手渡される記念品の数々。
ツアーのしおり。JR四国の路線図と各路線開通日一覧。ツアーらしく、お手製の沿線ガイド。
それらを入れたクリアファイル。
JR四国の会社案内と、「20年のあゆみ」と題された冊子。四国の観光パンフレット。
広告入りポケットティッシュ。メモ帳。大小2種類のアンパンマン缶バッジ。
2006年改正版のポケット時刻表(願わくば、最新版のが欲しかった)。
JR四国のネーム入りワインオープナー(ウイング式の本格タイプ)。
それらを一まとめにして、小さなビニールバッグに入れて。
モチロン、れっきとしたツアーですから、参加ワッペンと荷札も付いて。
いや、何と申しますかねぇ……こう……三々五々集まってきた皆さんが、揃いも揃って同じバッグを持って行動するのを見てると……「ツアーなんだな」と(笑)

さて、肝心のキップの方。
今回用意されたのは、『20周年謝恩きっぷ』のグリーン券タイプ。
それに「用意できるだけは用意しました」とおっしゃる指定席券。
指定席車のある列車は、すべて指定席で移動しましょう――てな訳です。中にはグリーン車も混じってますよ。
僕ねぇ、白状しちゃいます。
グリーン車、一度も乗った事ないんですよ。初体験の匂い。
思わずねぇ、「おほ! グリーン車だ」なんて声上げちゃいましたよ。
用意できなかった分ってのは、『剣山』や『うずしお』のように、指定席車両が編成されない特急。自由席車の一部が指定席になってるってヤツですね。
まぁ、どうせ始発駅から乗るんですから、別に自由席でもかまわないんですがね。
座れりゃヨシ、と。

ワタクシ、若干の不安と興奮、そして緊張をしてまいりました。
いやぁ~……何でしょう? なして緊張してんだぁ?
この緊張感、一昨年秋の〝TBA陣取り合戦〟以来ですよ。
――て、アレからもう2年半になるのか……
気になるのはお天気。
あまりスッキリしない空模様。予報では「午後から雨」なんて話も。最後まで持ちこたえてくれるでしょうか。


これより7時37分発の普通列車で、第1の目的地・鳴門へ向かいます。
鬼が出るか蛇が出るか……駅弁は間違いなく出ます(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック