JR四国からの挑戦状―解決篇―

さてさて。
以前、JR発足20周年を記念して、JR四国が仕掛けた『四国一周早周りクイズ』について紹介しましたが、その正解が発表になりました。
JR四国全線乗車 最短時間は30時間25分!!


応募総数161件に対し、正解者は27名。いやいや、猛者はいるもんだ(笑)
さしものJR四国さんも、今回ばかりは、さすがに企画倒れかと思ってたんですが……いやぁ~、いるもんですねぇ~、旅バカの方って。(いや、9割は〝てつ〟だとは思いますがね)
侮ってましたよ、バカの底力。

んで、早速といってはアレですが、この弾丸ツアー、本当に売り出される事になりました(笑)
ツアー日程(3/31~4/1)が日程なだけに、一足早いエイプリルフールだと思ってたのに(爆)
ルートはこうです。

31日の朝7時34分、徳島を出発。鳴門線の終着駅・鳴門を目指します。
着いたかと思うと、速攻で徳島まで折り返し、四国の母なる川・吉野川沿いを走る徳島線(よしの川ブルーライン)を、特急剣山3号で阿波池田まで。
阿波池田から、土讃線を特急南風3号で窪川まで行くと、風光明媚な四万十川沿いに走る予土線(しまんとグリーンライン)で宇和島まで。
宇和島から特急宇和海18号に乗り、内子線経由で伊予市まで行くと、予讃線経由で伊予大洲まで引き返し。これで予讃線・内子線ループも走破。
伊予大洲からは、特急宇和海22号・いしづち32号と乗り継ぎ、坂出着。ここからマリンライナー68号で児島まで。すぐさま、折り返しの特急しおかぜ29号で多度津へ。これにて瀬戸大橋線も走破。
多度津からは土讃線普通列車に乗り、琴平到着が23時05分。

翌朝6時40分には琴平を出発。宿の温かいご飯よサヨウナラ。僕らはおにぎりだ(笑)
特急しまんと1号で阿波池田まで足を伸ばし、これにて土讃線完全走破。
折り返しの特急南風2号・いしづち4号で高松着。高松からは特急うずしお3号で徳島まで。これで予讃線および高徳線を完全走破。
徳島からは、牟岐線を海部まで。折り返して、ゴールの徳島着が13時59分。

どぉ~です(笑) この間、JR乗りっぱなし。降りて観光する暇なんかありゃしない。琴平一泊だって、単に〝寝るだけ〟。〝睡眠〟じゃなくて、あくまで〝仮眠〟ですから。
まさに命がけ弾丸ツアー。
ツアーパンフには「長時間の列車移動になりますので、体力に不安のある方のご参加はお控えください」なんて書かれる始末。
まぁ、こんなバカっ旅、そうそうノッてくる輩もいないだろうってんで、先着20名限りとなってますがね(笑)
妥当な線です(爆)
しかもこのツアー、添乗員さんが同行するってんだからオドロキ。(まぁ、当たり前っちゃあ当たり前なんだけど)
添乗員さんも御苦労様なこってす。あまりの苛酷さに昇天しちゃって「天上員」にならない事を祈ります。


そこで。
(ひさびさ登場)旅人委員会といたしましては。
さんざんコケにしたこのバカっ旅に。
有能なる特派員を派遣して。
旅の一部始終をレポートさせる事を決定いたしました。

「ハイ、質問です!」
「はい、何ですか?」
「特派員は誰ですか?」
「僕です」

ちゅどぉ~んっ!!















死して屍、拾う物なし――合掌。




こんなバカっ旅の向こうを張って、『20周年記念号で行く四国一周鉄道の旅』なんて豪華旅もありますよ。
こちらは6泊7日、じっくり観光なんかも楽しみながらの24万8千円!
方や1万5千円の弾丸ツアー。
この振れ幅の大きさ! いいですねぇ~(笑)
さすがAlways Railways JR四国であります。

この記事へのコメント

2007年03月01日 00:29
参加したい気はやまやまなのですが、いかんせんこのスケジュールでは、ニコチン切れを起こしてリタイアしてしまう危険性が大です。
特派員の方の詳細なレポートで満足することにいたしますので、全20羽くらいの対策を期待しております(笑)


・・・にしても、ちゃんとした食事が1回しかないってのがすごいですね
讃岐屋
2007年03月01日 00:47
「全20羽」ってア~タ……そらぁ鳥インフルエンザも発生しようってもんです。
あ~、鳥臭いっ!と(笑)

う~ん……一昨年の〝陣取り合戦〟で鍛えた技能が炸裂しそうです。
ある意味、経験しといてよかった旅でしたね。
つーか、アレ以来「過酷な旅」と聞くと、ワクワクドキドキしながら飛びついてしまうのは考え物です。職業病か?(〝職業〟ぢゃねっての!)
2007年03月02日 00:03
誤変換もここまで来るとそれはそれで意味を持ってくるんですね・・・
ワタクシの辞書ってどういう学習をしているのでしょうか。
「ごへんかん」と入力すると「ご返還」と変換しやがりました。
2007年03月02日 23:07
列車の旅の予告に、このデザインテンプレート……。廃線跡ですよね?何の暗示でしょうか。
讃岐屋
2007年03月03日 12:26
>「り」さま
よいっ! みうらじゅんも真ッ青な誤変換ぶりです。
この調子で、育ててやってください。

>mさま
これは……吉野か四万十あたりの沈下橋だと思うんですが?
まぁ、放っといたって僕の旅は、「過酷」と「トラブル」が常に付きまとってんですけどね(笑)

この記事へのトラックバック