帰る日・仙台・雨

画像いよいよお別れの日です。
これでまたしばらくは、仙台を訪れる事もないでしょう――四国からじゃ遠いからね。
朝から雨模様。今までの反動でしょうか。
つーか、この2日間よく持ってくれましたよ。天気予報では、昨日から崩れると出てましたから。
「日中はともかく、夜は降るかなぁ」と覚悟してたのに、結局一滴も降る事もなく「り」様たちを見送る事が出来ましたし。
――て事はアレかい? やっぱり僕が雨男かい?
いやいや。一昨日は晴れてたし、天気が悪くなったのはお二人が仙台に着いてからだし。
誰のせいとは云わないけど……いや、誰だぁ?(笑)

ホテルを後にし、お土産もいくつか買い込んだら、空港行きのリムジンバスに乗り込みます。
このバスに乗るのも、これが最後でしょう。
というのも、来年春にはアクセス鉄道が開通するからです。
画像画像



















今までバスで40分近くかかっていたものが、最短で17分、しかも空港から仙台駅まで乗り換えせずに行けるようになるんですから。
仙台空港からは新駅を2つはさんで、JR名取駅に直結します。ここからJR線に乗り入れ、仙台駅へとつながる事になります。
来春開業へ向けて、工事は急ピッチで進んでいました。
鉄道高架部はほぼ終わり、後は駅舎ならびに周辺整備を残すだけとなったようです。
画像画像














画像画像














仙台空港駅も外観上はほぼ終わっていました。空港ビルから駅舎へは、駐車場への連絡通路を使う事になっています。階段を下りれば駐車場、そのまままっすぐ行けば駅舎という訳です。
逆に駅側からは、改札を抜けて連絡橋を渡れば、すぐに出発カウンターとなる訳です。
う~ん、どんどん便利になりますねぇ。と同時に、どんどん僕の知らない仙台になって行くのは、何とも寂しい気持ちになります。

さて。仙台に来たからには、どうしても買わずに――つか、食さずにおれない物があります。
画像画像



















ずんだシェイクっ!!

いやぁ~、何なんでしょう。バニラシェイクでありながら、後味にふんわり来る枝豆フレーバー。一度飲んだらヤミツキ。この味にすっかり虜です。
ずんだ関連商品数々あれど、これが一番のヒット作だと僕は断言しちゃいますよ。
販売元は『ずんだ茶寮』。あの仙台銘菓『萩の月』で有名な『菓匠三全』が展開してるずんだ専門店ですから、そりゃあ間違いないってもんです。
あのキティちゃんですら、ずんだまみれになる御時世です。春先にも言いましたが、改めて言い切っちゃいますよ。


今、仙台は〝ずんだ〟が熱い(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック