ひつまぶしキタ―――(^o^)―――ッ!!

画像名古屋に来たからには、ひつまぶし。
どうせ食べるなら名店で。『いば昇』にするか『あつた蓬莱軒』にするか、悩みどころだったんですけどね。
決め手は三杯目。『いば昇』さんはお茶をかけるんですが、『あつた蓬莱軒』さんは出汁でいただく。この「出汁で」って味が想像つかなかったんで、『あつた蓬莱軒』さんに決めました。ちょっと遠いんですけどね。
JR東海道線・熱田駅下車――名鉄・神宮前駅や地下鉄名城線・伝馬町駅の方が、断然近いんですけどね。「青春18きっぷを有効に使う」って決めちゃいましたからね。……歩くと、結構遠かったです。
熱田神宮南門の真ん前に、『あつた蓬莱軒』さんは店を構えています。こちらは神宮南門店。本店(蓬莱陣屋)は、神宮南交差点を渡って、もう少し行った先です。神宮店が定休日(火曜日)or混雑の時は、本店に回るといいかもしれません。庭園を眺めながらいただくひつまぶしというのも、なかなかオツなもんじゃないかと。
でも、人気の店ですから、どちらに行っても混むのは同じでしょうか。
画像
今回初めて知ったんですけど、〝ひつまぶし〟は『あつた蓬莱軒』さんの登録商標だったんですねぇ。言われてみれば、他の店では〝櫃まぶし〟と書いてあった気が……
営業時間は昼の部と夜の部に分かれていて、昼の部は11時半から2時半まで。夜の部は夕方4時半から8時半まで。
時間帯も時間帯でしたので、店内はかなり混雑。結構待たされましたけど、名店の味がいただけるなら何のその(笑)
本心は、今さら引っ込みがつかない(爆) 時間を改めて、なんて気力もございません。

画像一杯目はそのままで。
炭焼きの香ばしさ、タレの程よく上品な甘しょっぱさ、細く刻んだふっくらほくほくのウナギ。
ん~ふふふふふ~♪ んまああぁぁ~い ヽ(´∇`)ノ♪










画像二杯目は海苔・わさび・刻みねぎの薬味を載せて。
薬味が丁度いいアクセントになって、ウナギの味を引き立たせてくれます。
これも、んまぁ~い♪
僕、この味の方が好きかも。









画像三杯目は薬味を載せた上から出汁をかけて、お茶漬けのようにサラサラと。
ウナギの脂が、出汁にすうっと溶けて、さっぱりといただけます。
そして、この出汁も非常に上品な味。ウナギの味を殺す事なく、十二分に引き立ててくれます。
またまた、んまぁ~い♪

  完  食  !!

わざわざ熱田神宮まで来た甲斐がありましたぁ!
税込2,415円は、ちょっと高いカナとも思いますが、それだけの価値はあります。
僕が保証します!
……は? オマエの保証くらい信用ならないものはない?

そぉ~んなぁ~il||li _| ̄|○ il||li


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 3種で味わうひつまぶし

    Excerpt: 鰻とご飯をまぶしただけの“簡易ひつまぶし”は食べたことはあったけど、ちゃんとしたのは初めて。 Weblog: おおきに - ブログでつづるイラスト日記 racked: 2006-01-23 23:23
  • 初ひつまぶし

    Excerpt: 昨日のお昼も足助でうな丼だったけど、やっぱり名古屋だからひつまぶしに挑戦。うま... Weblog: まろまろ記 racked: 2006-02-08 14:27
  • 名古屋めしの逆襲

    Excerpt: 皆さまご存知の通り、名古屋には〝名古屋めし〟と呼ばれるほど、独特の食文化がございます。 味噌カツに代表される、米麹をまったく使わず豆だけで作る独特の赤味噌「八丁味噌」を使った味噌料理。外身はカリカリ.. Weblog: 讃岐屋が行くわよっ☆ racked: 2008-02-18 16:42