讃岐屋のらり旅 2005・夏 ―福山篇・その3―

≪おもしろ博物館めぐりの旅≫


お昼です。福山ラーメンをいただきました――て、福山ラーメンって有名なの? お隣の尾道ラーメンは全国的に有名ですけどね。
基本はとんこつ細麺。尾道のように背脂が浮いてる訳じゃないし、博多長浜のようにこってりしていない。いわゆる〝あっさりとんこつ〟ってヤツですね。でも、スープが御自慢らしく、店によっては「麺は残してもスープはすべて飲み干して下さい」なんて書いてある。コラーゲンたっぷりなんですと。
味は……「おぉ!」と思う事もなく、ごく普通。ひょっとして普通が特徴?

画像さぁ、腹ごしらえもしたところで、観光に戻りましょう。
駅から北へ15分ほど行った先に、福山自動車時計博物館があります。大きなマンションの上に大看板があるので、迷う事はないかと思います。
入館料900円! 高っ! 訪れる回数によって割引になるようですが、カーマニアでもない限り、そうそう何度も来ないでしょう。入場券と一緒に博物館特製ステッカーがもらえます。
時計コーナーはそれ程でもなく、マッカーサー元帥愛用の懐中時計や世界各国の実用時計が、無雑作に展示してあります。まぁ、メインは車の方なんで、こんなもんなんでしょう。
そのメイン。
何でしょう。巨大ガレージとでも云うんでしょうか。国産・海外の名車が所狭しと並んでおります。しかも、博物館のコンセプトが「見て 触って 動かして」ですから(〝動かして〟ったって、運転出来る訳じゃないですよ。レバーやスイッチ類をって事ですよ)。写真だって撮り放題です。
本当に名車揃いですよぉ。ブガッティやヒルマンミンクス、トライアンフ、幻の軍用バイク・陸王、ぐっと身近にダットサンやホンダR2(テントウムシですな)などなど。珍しい車もあれば、「あぁ、昔ウチでこんなの乗ってたなぁ」「あぁコレ、近所の○○さんが乗ってた車だぁ」と懐かしく思える車あり。ある種、無雑作・無節操に並べてある訳ですが、実際に中に乗る事が出来ます。子供らが喜ぶ事喜ぶ事。思わず小林旭の『自動車ショー歌』を口ずさみながら、ぐるり見て回っちゃいます(なんでそんな歌知ってンの?)。
道路の反対側にもボンネットバスや各種消防車なんかも展示されてますが(全体的にそうなんですが)、「おいおい。展示してんだから、もうちょっと手入れしようや」という気が。館外展示の車は、悪く言えば野晒しで、サビなんかも浮きっ放し。
ん~……惜しいなァ。そこまで管理しきれないんだろうか。所蔵車両は、展示車両の他にもまだまだあるそうですから。

画像福山から広島方面へ2駅、松永駅下車。
駅から数分のところに、日本ではここだけという「日本はきもの博物館」があります。
国内・海外を問わず、草履から宇宙服の靴に至るまで、およそ履き物と呼ばれるもののすべてを紹介しています。この地方が下駄の産地である事に由来してるようです。隣接する郷土玩具博物館と共通の入館料は1,000円。
なかなか面白い履き物がありましたよ。聖徳太子が履いたと伝えられる沓(古代の靴は、こういう字を用いたんですね)や、地方の農村に伝わる夜這い専用(!)の草鞋、中世ヨーロッパのファッションに特化したブーツとか。ジャイアント馬場や長嶋さん、イチロー選手が履いた靴なんかも展示してありました。
ちょっと〝へぇ~ボタン〟を連発したくなるような博物館でしたね。1,000円払ってでも見に行く価値アリ、かな?




画像福山に取って返して、時の朝鮮通信使が「日東第一」と賞賛した、鞆の浦の夕景で旅を締め括りましょう。
福山駅前から鞆港行きのバスで約30分。運賃片道530円って高くねぇか?
終点の鞆港バス停からちょっと引き返し、福禅寺の客殿「対潮楼」からの眺めが一番。拝観料200円。
瀬戸内の海に浮かぶ弁天島や仙酔島などの島影。確かに素晴らしい景色なんですが、惜しむらくは、瀬戸内海に沈む夕日を見るには早いんですねぇ。「対潮楼」の閉館時刻は夕方5時。で、この時期の夕方5時って、まだまだ日が高いんですね。残念ながら、思い浮かべたような「夕陽に染まる海を往く船影」というのには程遠い景色でありました。
鞆の浦の名物に「保命酒」という物があります。冷え性・夏バテに効果があると云われる薬膳酒です。明治の昔から、鞆の浦を訪れた観光客が買って行く逸品だそうです。
ん~……養命酒みたいなもんかな?


駆け足で巡り歩きました福山の街。事の発端は駅から見た石垣でしたが、お城以外にも見所があって、ちょっとビックリ。あ~んど大収穫(後半戦のお写真はコチラ)。
ちなみに、市内のどこを探しても「桜坂」という地名はありませんでした。

だぁ~から福山雅治はもぉえぇっちゅうねん!!

この記事へのコメント

2005年08月29日 02:03
お疲れさまっす。
写真を見せてください!リクエストしときます!
讃岐屋
2005年08月29日 14:58
お待たせしまうま。お写真大公開!
前記事のと合わせてお楽しみ下さい。
2005年09月01日 04:16
待機予定地のネットカフェを調べるというのはナイス案ですね!
一応うちも調べときます!
讃岐屋
2005年09月02日 14:31
うわ! 久保Pだ!!

――て気付くの遅ッ!!
(だぁってぇ、今見たんだも~ん)

この記事へのトラックバック

  • プロデューサーの久保です。

    Excerpt: TBブログをご愛顧いただいているみなさま  プロデューサーの久保です。 いつも 『トラックバック・オーライ』 をご支援いただき、ありがとうございます。 このたび、ようやく第二回の企画が固まりました。 .. Weblog: トラックバック・オーライ racked: 2005-09-01 07:11
  • TB班応援準備:ライバル分析

    Excerpt: いよいよ明日の21時からトラックバック・オーライの第二弾企画「逆襲の北海道!14支庁完全制覇の旅!!」が開始です。 なんとしてもトラックバック・オーライ班(TB班)には勝って欲しいな。 孫子の兵法.. Weblog: って、ど~よ racked: 2005-09-01 15:01
  • Do-Yoさん分析→チキチキ5のすべて!

    Excerpt: Do-Yoさんのブログ『って、どーよ』に今回の企画の解説が、このトラックバックオーライより 詳しく、また的確に出ております。 TBオーライ班以外の5チーム(通称チキチキ5)の特徴がズバリ!出ており.. Weblog: トラックバック・オーライ racked: 2005-09-01 16:19