Fight! 大館「銀のエンゼル」上映会実行委員会

「銀のエンゼル」を見てから今までの経緯」について、読まさせていただきましたよ。
なぁ~るほどぉ~。単なる思いつき(失礼!)が、随分と大きな事態になってしまって、戸惑っている様がよぉ~くわかりました。
でもでもアナタ、「脇役」どころか、しっかり「主役」じゃあないですか!
うらやましいですよ。長い人生、こんな経験が出来る人なんて、そうそういるもんじゃないですから。大変でしょうけど、その「大変さ」も楽しむつもりで、上映会のその日まで、主役道を突っ走って下さい。
でないと潰れちゃいますから。ストレスやら、プレッシャーやらで。


勝手ながら、ココのトップページにリンクを貼らせていただきました。少しでもPRのお役に立てればいいんですけど。
とは申せ、ココを訪れる人なんて微々たるものでしょうけど……

この記事へのコメント

サオリ
2005年02月17日 21:38
讃岐屋さん・・・・

ほんとうにありがとうございます!
讃岐屋さんのお言葉にいつも励まされます。
リンクも貼っていただけるなんて・・・有難いです。
ありがとうございます!

私はこの上映会の主役なんかでは全然ありません。
けれど、讃岐屋さんのおっしゃってくださったとおり、
なかなか経験できることではないので、
「大変さ」を楽しむことを忘れないように、そして
おいでくださるお客様全員が主役になれるような上映会を目指して、
やれるだけやってみようと思います。

ありがとうございます。
讃岐屋さん

讃岐屋
2005年02月17日 22:24
いやいやいや。サオリさん、やっぱり主役ですよ。観客の皆さんは当然主役ですけど、スタッフの皆さんも主役だと思いますよ。
おそらく、サオリさんが関係者の方々に提案だけ投げかけて、「後はよろしくお願いします」で終わらせてしまってたら脇役だったんでしょうけど、(望むと望まざるとに限らず)イベント実現へ向けて何かしら行動を起こした以上、主役なんですよ。
脇役ってのは傍観者なんだと思うんです、僕は。他人事に考えてしまう人、他人任せにしてしまう人が脇役なんです。「何かしよう」「何か出来るんじゃないか」と思って、動ける人が主役になれるんです。例えばそれが、今回のようなイベントだったり、生活して行く上で巻き起こる様々な事柄だったり、大きく言っちゃえば「それぞれの人生」だったり。
自分の人生の脇役って……悲し過ぎますよね。
……あれ? 何の話でしたっけ?

この映画を見て、「面白かったね」で済ませてしまうのか、「なんか心が暖かくなった」「なんか勇気をもらった」と思っていただけるのか……一人でも多くの方々が主役になれますように。
サオリ
2005年02月22日 01:27
脇役とは傍観者、
他人事に考えてしまう人、他人任せにしてしまう人が脇役・・・・
おっしゃる通りですね。

ほんとうはみんな主役なのに、
脇役に身を引いてしまうのは自分自身でしかないのかもしれないと思います。

私は自分の人生の舵取りが難しすぎて、
十代のころに脇役になってしまいました。

当時はそれで精一杯でしたが、それ以後、
自分の人生をリアルに生きているという感覚を
感じることができなくなってしまいました。

銀のエンゼル、どうでしょうを通して、
その感覚が変わってきています。
そして、変えていきたいと思っています。

讃岐屋さん
ブログが引っ越します。
それで今までのブログの記事を移動させているのですが、
讃岐屋さんにトラックバックしていただいた記事が
移動できず残念に思っております・・・。

もしお時間がありましたら、
新しい方へトラックバックしなおしていただけませんでしょうか・・・。
お手数お掛けして申し訳ございませんが
よろしくお願い致します。
讃岐屋
2005年02月22日 11:56
(再トラックバック&リンク貼り直し 完了)

あれま。お引越しなんですね。何のお手伝いも出来ませんで(って、手伝える事あンのかよ?) 新しいブログの方にも、ちょくちょくお邪魔させていただきます。引越しそば……じゃなかった、引越し稲庭うどんをいただきに(笑)
サオリ
2005年02月22日 20:23
なにをおっしゃいますか!
十二分にお手伝いいただいております!

讃岐屋さんには何度も励まされ、そして
リンクやトラックバックしていただいて本当に有難く思っております!

稲庭うどん、食べにいらしてください (笑)
私も讃岐うどんをいただきに
またお邪魔させていただきます!

再トラックバックとリンクの貼りなおし、ありがとうございました!
お手数お掛けいたしました☆
讃岐屋
2005年04月09日 03:49
(先方のブログ引越しに伴い 再々トラックバック&リンク貼り直し)

この記事へのトラックバック