1泊2日・長州生き地獄ツアー ―第2夜―

≪ 山陽道 死の行軍 ≫


うぁぁあああぁぁ~、進まねぇなぁ~。

現在、広島県と山口県の県境。
時刻は午後7時を回りました。
……7時ってかい! まだ岩国の「い」の字も見えねぇぞ!!


広島の端から端まで抜けるのに、1時間かかりました。市内は意外とスムーズでした――市内はね。
市電と併走しながら、宮島を通過したのが5時半。このペースで行けば、7時半前には山口市内へ入れるから……うん、楽勝楽勝。やっぱり3時間延ばして正解だったね――なんてのは甘い考えでごんした。
山口県との県境に近づくにつれ、ビタ―――――――ッと動かなくなった。
遥か前方(4、5㎞はあるか?)まで続く車列。どうやらその先にも続いてる気配。
……ヲイヲイ、あそこまで行くのに何時間かかんだよォ~ッ!!
いえね、まったく動かないんなら、車を降りて暮れ行く海を見ながら、「やっぱり夕暮れの瀬戸内海はキレイだぁねぇ~」とかホノボノしちゃうんですけどね。
微っ妙~っに動くんだわ。
何分かに何メートルかずつ位。
だから、降りて休憩する事すら出来ない。こうしてイライラするしかない。忘れた頃に動いてくれるもんだから、ちょっとでも車間が開くと、すかさず後ろのトラックがクラクションで急かす。
見りゃわかんだろ? 急かしたって進まねぇんだって。たかが5mや10m開いたって、すぐに詰まって、まぁた動かなくなるんだって。
クラッチとアクセルを小刻みに駆使。必然的に足が疲れてくる。これは今夜の温泉が楽しみだわ――つーか、温泉にでも入んないともうダメだって! 車も帰ったら点検に出すぞ!!
ヨシ、岩国入ったら高速に乗ろう。でなきゃ絶対間に合わないって――もうすっかり肚をくくってるんだけど……その岩国にいつ着くんだよぉ!!

広島-岩国間約50㎞。所要時間……2時間半……。
拷問だ……絶対拷問だ……。
コレ、いったい何の刑よ? 俺、いったい何した? ただ、休暇利用して遊びに来ただけだぞ? 
岩国市街のちょっと手前、燃料補給に入ったスタンドで、うつろな目で時計の針を見ながらグッタリする。目の前の車列は、ようやっとゆっくり流れ出してる。
……もう7時半回ったよぉ。
間に合わねぇって。絶対間に合わねぇって。残り1時間で瀬戸内海から日本海抜けるのなんて、絶対出来っこねぇって……
誰だよぉ? 5時には着けるとか余裕こいてたヤツは。8時なら楽勝とか言ってたヤツは――あ、俺か。
本日2回目のタイムリミット(つーか、タイムリミットが2回もある旅って何よ?)を迎え、今夜の宿に再び泣きを入れるハメになったのでした。
「スミマセン……先程お電話した讃岐屋ですが……まだ動かないんで、9時過ぎになりますぅ(泣)」
「く、9時ですか!? ……はぁ……まぁ……わかりました。お待ちしております……どうかお気をつけて……」
そらぁ旅館のフロント係も呆れるわな。
これで3回目のタイムリミットがあったら、セリフは決まったな。
「キャンセルですぅ」
そしたら多分、旅館の返事も決まってるでしょう。
「二度と予約しないでください」
そうならないように念じながら、岩国インターから山陽自動車道に乗る。

何だぁ、オイ!?
……ガラッッッガラ。
飛ばしても飛ばしても前の車が見えない。追ってくる車もまばら。
こんな事なら、最初っから高速にするんだったよ。
そうです。今回の旅は、当初の計画から間違ってた訳です。
意気揚揚と出発したのに、岡山市内に入るまで延々と迷い、抜けてからは大渋滞に巻き込まれ、所要5時間の予定が倍の10時間……。
はぁ。旅行運ねぇなぁ……
小郡インターで降りて、山口市内に入ったのは夜8時過ぎ。
……30分で来たってか! 高速様々だな、オイ。
ここからは、国道9号線・262号線と乗り継いで、45㎞程。多少の山道ではあるものの、今までがウソのようにスムーズに。
『ようこそ萩へ』の看板を見た時には、本当に涙が出そうになったものでした。

こうして、オノレの浅はかさ&自業自得とはいえ、アクセルよりブレーキ踏んでる方が多かった、ドライブと呼ぶにはあまりに楽しくない大移動の末、「山陽道・渋滞の刑」からようやっと釈放された僕は、ホンットに9時ギリッギリに宿に入ったのでした。
いい……もう今日の事は忘れよう……
明日だ明日! 今日はゆっくり休んで、明日は……明日こそは今日の分も楽しんでやるんだぃ!!


ところがギッチョン。
この日の旅神様は、まだまだ手痛い仕打ちを用意してくれていたのでした。
いいから休ませてくれよぉ……


この記事へのコメント

katchi
2004年08月14日 23:40
うわぁ・・・読んでるだけで辛くなるなぁ。オートマならラクなんですけどね。ミッションだと結構忙しいし、ノロノロ運転の時はめんどくさいっすもんね。おいらも久留米→大阪を高速使わずにドライブした事がありますが、あの時はスイスイ行ったんで、特に苦労しなかったもんなぁ。
讃岐屋
2004年08月15日 00:19
ツラいのはもう一山あるのよん♪ ――て、この旅自体どうよ? 全部ひっくるめて何かの罰ゲームか?
まだ一人だからよかったんですよ。もし他に誰かいたら、絶対に険悪になってたでしょうね。
「ツラいねぇ……」「云うなって! 余計ツラくなるから」
katchi
2004年08月15日 02:00
まだあるんかい!おいらだったら泣きますね、うん。正に罰ゲームw ま、一人旅ってのはそういう点ではお気楽でいいよね。
sora@o
2004年08月15日 11:05
私の場合「ね~ね~トイレ」とか「のど渇いた~」とか終いにゃあ静かになったかと思うと隣で寝ますから(爆)。だから私結構嫌われものです。こういう辛いときひとりがいいのか、誰か話相手がいたらいいのか・・・。私みたいな人が同乗してたら間違いなく「オイ、オマイ降りろ!」といわれてしまうでしょうね・・・_| ̄|○ 
讃岐屋
2004年08月15日 11:35
「寝たけりゃ寝ててもいいんだよぉ」とか言っときながら、本当に寝られたら「オマエ、何寝てんだよ! 起きろ!!」 ……ドライバーも結構わがままです。
どんな渋滞でも、お子様は元気ですねぇ。シートの上でピョンピョン飛び跳ねてたかと思うと、アンパンマンメドレーやらポケモンメドレーやらを大合唱。静かになったなぁーと思ったら寝てる。ムックリ起き上がったら、蒼い顔で「気持ち悪い……」 ……いやぁ~元気だ。うっとぉしいくらい元気だ。ドライバーのお父さん、同情します(哀)

この記事へのトラックバック