アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅行」のブログ記事

みんなの「旅行」ブログ

タイトル 日 時
メイソウする空
今日の山陰は久々に晴れました。 昨日までは雨模様でね、予報も週明けまでは雨交じりの悪天候が続くってんで、組んでいた旅行スケジュールをオールキャンセルした矢先にコレだよ。運がいいんだか悪いんだか…… ま、行先が天橋立だったんでね、ある意味結果オーライなんスけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/05 17:53
撤退へのカウントダウン
数日前、成田撤退に揺れるスカイマークってのを記事にしましたが、今日(14日)、10月26日以降の冬ダイヤが発表になりました。 成田3路線の運休は予定通りでしたが、茨城−中部便の運休も併せて発表されました。 そして。その上で。 この4月に就航したばかりの米子−羽田便と米子−札幌便の直行便を、神戸空港経由の運行に切り替えると発表。 つまり、羽田便と札幌便は事実上の廃止、と。 これって実質米子撤退準備と言ってもいいよね? そぉ〜かそぉか、そうきたかぁ〜…… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/14 22:46
山陰の第3の翼、視界不良……?
エアバスA380の購入契約の見直しを巡って、多額の違約金を求められているスカイマークが、10月末をもって、成田空港からの撤退を検討している事が発表されました。 今のところ検討中≠ニはなってますが……成田便3路線(札幌・那覇・米子)はいずれも不採算路線ですし、経営再建への名手は他にないでしょうし……まぁ、本決まりでしょうね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/06 14:51
帯広の遊び心
帯広の遊び心 久しぶりに味わってきましたよ。リアル氷点下20℃。 「あぁ、これこれ。この肌に突き刺さるような寒さ。懐かし〜!!」みたいな。 で、久しぶりに街中を散策してきました。 さすがにエゾノーには行きませんでしたけど(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/10 00:48
AIR DOの遊び心
AIR DOの遊び心 つい数日前、久方ぶりに――それこそ10年近くご無沙汰してた実家へ帰省してまいりました。 ……は? 何をこんな季節外れな時期にって? いいじゃないですか。 ちょうど中国は春慶節(日本でいうお正月)で、店という店が全部閉まってるから、そのまま居残ってても食うに困るんですもの――いや、中国にいるのはワタクシではなく兄貴様なのですが。 で、その兄貴様の一時帰国に合わせて、お休みを取ったという訳でして。 お互いのスケジュールがビミョーに食い違ってて、一晩しか一緒にならなかったのはご愛嬌という事で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/09 23:07
新春恒例 妖怪詣
新春恒例 妖怪詣 正月の水木しげるロード詣も、毎年の恒例行事になってしまいました。 昨日(もう一昨日か)のブログで「正月からいい天気」なんて書きましたが、あれから一気に崩れて、雨だったり、雪だったり、強風が吹いたり…… ま、それが山陰クオリティと言っちまっちゃあ、それまでなんですけどね。 傘を片手のお出かけです。 お出かけったって、汽車で(JR境線は非電化なのですよ)30分程度のもんですけど。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/03 00:24
丸ノ内・東京ステヰション
丸ノ内・東京ステヰション 首都・東京の表玄関としての役目を、長きにわたり果たしてきた東京駅。 とりわけ丸の内口の赤レンガ駅舎は、どんなに周囲の近代化・高層ビル化が進もうと、その堂々たる威容を、今もって誇り続けています。 同じ東京駅でも、近代的な八重洲口駅舎とは、まったく趣が違います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/17 22:26
イコちゃん海を渡る
イコちゃん海を渡る 3月17日、JRグループ各社で列車ダイヤの改正が行なわれます。 主だったところでは、新幹線各線の増便と高速化が図られる一方、『日本海』や『きたぐに』などの寝台列車が姿を消すという、鉄道ファンには寂しいダイヤ改正となるようですが。 そんな中、注目されるのは、このダイヤ改正に合わせて、JR四国の高松駅と坂出駅で、JR西日本が発売しているICカード乗車券『ICOCA』が使えるようになる事です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/10 02:44
青春18きっぷ 2012春の陣
青春18きっぷ 2012春の陣 買っちまったぜぃ。春の青春18きっぷ。 しかも日付が2月29日だぜぃ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/29 23:38
カード1枚で旅に出る
カード1枚で旅に出る 首都圏や京阪神で暮らす人(特にサラリーマン)の財布の中に、たいてい1枚は入っているであろうICカード乗車券。チャージさえしてあれば、キップを買わずして電車やバスに乗れますし、電子マネーとしてお買い物もできる便利なシロモノです。 ただ、いくら相互利用ができるようになったとはいえ、利用できるエリアが限定されていたりと、多少不便な面もありました。 (JR東日本が発行している『Suica』は、JR西日本『ICOCA』のエリアは乗れても、関西の主要私鉄各社が運営する『PiTaPa』のエリアには乗れない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/05/20 19:23
真実はいつもひとつ!
真実はいつもひとつ! 『大栄スイカ』の産地でもある鳥取県北栄町は、『名探偵コナン』や『まじっく快斗』『YAIBA』などの作者である青山剛昌先生の出身地です。そういった関係もあって、北栄町はコナンのふるさと≠ニして町づくりをしています。 その中核になってるのが、国道9号線沿い『道の駅・大栄』のすぐ裏手に位置する『青山剛昌ふるさと館』です。 ふふん。砂丘と妖怪ばかりじゃないんですよ、鳥取県は。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/08 11:40
トワイライト・ゾーン
トワイライト・ゾーン 車で道を走っていて、トンネルに入るとどうしても緊張が走り、身がキュッと縮こまってしまう(ような気になる)のは、人間生理学的に仕方がない事なんだそうで。 明るいところから暗いところへ入る時は、どうしても身が竦んでしまうものなんだそうですよ。 そのトンネル、形が丸かったり四角かったりしてますが…… ここまで洞窟チックにする必要あんのかい(笑) 岩肌を削ったってより、明らかに人口造成物っぽさが際立つんですけど。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/15 00:27
出雲阿国のお国は何処
出雲阿国のお国は何処 出雲大社から稲佐浜へと向かう途中、奉納山展望台の入口に『出雲阿国終焉の地』と刻まれた大きな石碑があります。 歌舞伎の創始者とされる出雲阿国は、故郷であるこの場所でその生涯を閉じたのです。 (厳密には、ここから程近い場所に構えた草庵で息を引き取ったそうですが) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/14 20:57
日 没する処の日御碕
日 没する処の日御碕 出雲大社から国道431号沿いに西へ。古代出雲伝説にも登場する稲佐浜から海岸沿いに北上すると、行き着く先は日本一高い灯塔を有する出雲日御碕灯台です。 国内最大規模のレンズを用いた灯火部は48万カンデラの光度を誇り、遥か21海里(約39km)先までを照らし続けています。 犬吠埼灯台や室戸岬灯台など、国内で6つしかない第1等灯台のひとつに挙げられています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/14 01:00
出雲路を駈け抜けて〜一畑電車百年ものがたり
出雲路を駈け抜けて〜一畑電車百年ものがたり 松江市中心部に位置する松江しんじ湖温泉から宍道湖北岸を巡り、八百萬の神々おわします出雲大社および出雲市までを結ぶ、島根県内唯一の私鉄・一畑電車。 沿線住民から「バタデン」と呼ばれ、親しまれているこの一畑電車を舞台に描かれた映画『RAILWAYS〜49歳で電車の運転士になった男の物語』の公開を記念して、現在、出雲大社の隣にある島根県立古代出雲歴史博物館において、特別展『BATADEN〜一畑電車百年ものがたり』が開催されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/12 17:33
道民の翼、十勝の空を舞う
道民の翼、十勝の空を舞う 今日のかちまいWEBでも、AIR DO(北海道国際航空)のプレスリリースでも発表されてますが、 来年3月27日、羽田−帯広便の開設が決定されましたぁ!! 計画では1日2便。使用機材は126人乗りのボーイング737-500型。 いやぁ〜……長かったぁ〜! 就航要請から苦節8年、ようやっとの思いで、十勝の空をエア・ドゥの翼が舞う事になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/01 21:37
全日本修学旅行選手権
今さらながら『ひだまりスケッチ』既出の5冊、一気に大人買い 最新刊(第5巻)をパラパラめくって、「あぁ、ナルホド。『☆☆☆(ほしみっつ)』のエピソードは、この辺りをベースにしてんだなぁ」などと思ってみたり。 ちょうど、3年生二人(ヒロ&沙英)が修学旅行に行く回が載ってて。 ふと疑問。 あれ? 高校の修学旅行って3年になってからなの? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/13 01:20
宇高航路、一転存続へ
3月26日をもって航路廃止を表明していた宇高国道フェリーですが、利用客や関係自治体からの運行継続の要望が相次いだ事を受け、「自助努力で何とかなるのなら続けたい」と、四国運輸局に出していた廃止申請の取り下げ願を提出。これが受理されました。 これにより、当面はフェリー運航が続けられる事になりました。 残る1社――四国フェリーは、「宇野高松間地域交通連絡協議会の議論を十分に見極めて判断したい」と、即答は避けました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/05 01:20
それってどうなんだべ?
昨日の事なんですが。 JALからのメルマガが届きまして、そこにはバースデー割引の復活が告知されてました。 思わず「ウソぉ! マジでぇ!?」と声を上げてしまいましたが……大丈夫なんですかね? 会社再建に乗り出したばっかりだってのに、こんな割引商品出しちゃって。 ソッチの意味でも「マジで!?」なんですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/01/30 22:45
彩の国のらり旅〜行田ローカルフード攻略戦
彩の国のらり旅〜行田ローカルフード攻略戦 時計は午後2時をまわりました。 「さぁ隊長、これからどこへ行きます?」 だ〜から、誰が隊長やっちゅうねん。して、何の隊やねん。 ……まぁ、かすかべ防衛隊≠ナはない事は確かです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/27 20:11
彩の国のらり旅〜小江戸散策・ねこねこパニック
彩の国のらり旅〜小江戸散策・ねこねこパニック 川越という街は面白い街で、江戸・明治・大正・昭和の4世代(平成も含めると5世代か?)の街並が渾然一体として息づいています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/27 01:26
彩の国のらり旅〜小江戸・川越・菓子屋横丁
彩の国のらり旅〜小江戸・川越・菓子屋横丁 「隊長、今日の予定はどうしますか?」 フライト翌朝。Y君が訊いてきました――つーか、誰が隊長やねん? 確かに「このまま帰ってもツマラナイ」とは思ってたんですよね。 して、それとなく予定してた事がない訳じゃない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/26 21:56
Oh! JAL……
思わず「ジュリィ――――ッ!!」と身悶えしてしまいそうなニュース。 (ふ、フリが古すぎて誰も付いて来れなひ……) 深刻な経営不振に陥っているJAL・日本航空が、再建策の一環として、20路線以上にも及ぶ国際線の廃止・減便を決め、さらに3年後の2011年までに国内29路線を廃止、神戸空港や静岡空港など7空港から撤退する経営改善案が明らかになりました。 その廃止路線候補に、羽田−釧路便や帯広便も検討されているんだとか。 ……マジか中島…… ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/19 23:37
車さ きゅうには止まれねぇ
車さ きゅうには止まれねぇ 2009年9月9日――「9」が3つで「Thank CUE(サンキュー)の日」。 てな訳で。 今日は、われらがオフィスCUEの感謝デーであります。 この佳き日を祝わずして、何のファンか!――とばかりに、ワタクシめも祝福すべく、鳥取砂丘へと足を運びました。 は? 何故に鳥取砂丘なのかって? それはですねぇ〜 サンキュー → サキュー(砂丘) → 砂CUEなんちゃって。 「おぉ〜い、山田くぅ〜ん。座布団、全部持ってっちゃえ!」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/09 22:56
12年に一度の神事・松江ホーランエンヤ
12年に一度の神事・松江ホーランエンヤ 米子から松江までJR片道運賃480円。でも味噌汁付かない。 ……ありゃ?(笑) 以前、出雲郷(あだかえ)≠ニいう「こんなの絶対読めねぇって!」な地名に導かれて、その地名の由来となった阿太加夜神社を散策したお話をしましたが。 その時に、12年に一度行われるお祭り「ホーランエンヤ」の事をちょこっとしました。 で。 今日がその「ホーランエンヤ」が行われる初日という事で、どうにも空模様が怪しい中ではありましたが、松江は宍道湖大橋の袂まで出かけてまいりました。 はぁ〜……こんなお祭り、あった... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/16 21:17
夕陽を追いかけて・完結編
夕陽を追いかけて・完結編 一昨年の秋の事。宍道湖に沈む夕陽が綺麗だという事で、松江から出雲大社へかけてのらり旅≠敢行いたしました。 この時は残念ながら、夕方、雨に降られまして、夕陽を拝むどころじゃなく。しきりに「再戦じゃあ! いつか絶対拝んじゃるぅ!!」なんて意気込んでたんですが…… まさか……ねぇ……この時は、車で30分ほどで行けちゃうような米子に引っ越す事になるとは、コレっぽっちも思うはずもなく。 だからといって、コチラへ来たからといって、いつでも拝める訳でもなく。行こうと思った時には天気が悪かったり、春霞... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/14 20:17
複雑やなぁ……
土日祝日の高速道路通行料金が一律1,000円になって1ヶ月。皆さぁん、高速乗って遠出してますかぁ?――て、別に国土交通省やNEXCOの回し者じゃないですよ。 この「ETC休日割引」の恩恵を受けてなかった山陰道・米子〜出雲方面ですが、今月29日からやっと一律1,000円になります。ゴールデンウィークに間に合いましたな。 ただ……どエラく複雑怪奇なんですよねぇ〜。 いや、怪奇≠ナはないんですが……考えようによっちゃ、ある意味怪奇かも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/27 23:52
今日の甍(いらか)の波
今日の甍(いらか)の波 JR西日本の、特に山陰本線側の駅舎は、会社のイメージカラーに合わせてか、青い石州瓦で葺かれているものが多くあります。 で、その屋根瓦の両端に置かれる鬼瓦ですが、これがまたチョット面白い事になってるのに気づきました。 スゴいですねぇ。ご丁寧に「JR」の紋が入ってまっせ。 「この紋所が目に入らぬかッ!」てなもんで。 ……誰もそんなトコまで目が行かないって(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/11 00:23
大きなのっぽの
大きなのっぽの さて、皆様。これは何でせう? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/10 21:12
春の陽射を左頬に浴びて
春の陽射を左頬に浴びて 左頬限定なんだ(笑) 昨日の雨がウソのよう。晴れ間も見えて、天気は回復方向にあります。 帰るとなると晴れるんだもんなぁ…… 休みをもう一日、なんてのは望むべくもないから、せめて一日ずらしてもらうか、天気を一日ずらしてもらうかしてくれれば万々歳だったのにねぇ〜。 それこそ望むべくもない事ですが。 滋賀との県境にあるトンネル群を抜けると、すっかり晴れ模様です。 行きは湖西線回りだったんで、帰りは東海道線回りがいいなぁ〜と思ったんですが、そううまくはいきません。帰りも湖西線回りになっちゃい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/02 12:26
日本最古の城・越前丸岡城
日本最古の城・越前丸岡城 福井駅前から本丸岡行きのバスに乗って約30分、越前丸岡城址にやってきました。 バスは「丸岡城」または「城入口」停留所で降りるとすぐ目の前なのですが、便によっては「本丸岡」(バス営業所)までしか行かない場合もあります。それでも、歩いても程なくすると国神神社に突き当たり、その角を左に折れると、天守閣が唐突に現れます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/02 08:56
今日のコケコッコ
今日のコケコッコ つーか、めんどりはコケコッコーとは鳴かないよね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/01 22:18
越前めしを喰らう
越前めしを喰らう 越前めし≠ネんて誰も呼ばねって。 「食べ物」「越前」で連想するものは?と尋ねると、誰もが「越前がに」って答えると思いますけど、敢えてカニは外す方向で。だって時季外れだもん。 ちなみに「越前がに」ってのは、福井近海で獲れる雄ずわい蟹を指すそうです。これが山陰の海で獲れると「松葉がに」、北海道や東北だと、そのまま「ずわい蟹」となる訳です。 雌ずわい蟹は「勢子(せいこ)がに」と呼ばれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/01 21:57
愛宕坂 灯の回廊
愛宕坂 灯の回廊 雨脚は早くなるばかり。「あぁ、もう観光どころじゃないな」とばかりに、福井市内に戻って、そそくさとホテル入り。 本当は丸岡城にも寄ってみたかったんですが、すっかり予定が狂ってしまいました。 ――まぁいいか。丸岡城は明日の朝だ。 風呂にも入って一息入れ、「さて晩飯でも」と思った頃には雨も上がってました。 ……まぁ、そんなもんですわ。 ちょっとガッカリしていたワタクシめに、旅神様はちゃ〜んと別の楽しみを用意してくれていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/01 20:43
水曜サスペンス劇場
水曜サスペンス劇場 えちぜん鉄道で三国港まで出たはいいのですが、東尋坊行きバスの接続がよろしくありません。 40分待ちってどうなのよ? 待ってる間に着いちゃうよね――てんで、「えいやっ!」と歩く事にしました。幸い雨も小降りだし、地図で見る限り歩いて行けない距離じゃないみたいだし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/01 11:41
北陸路は雨……
北陸路は雨…… 5時間の大移動の末、福井まで来ました。 結局、福井です。 高山方面、どうにも接続が悪くてですねぇ。『18きっぷ』オンリーだと移動だけに明け暮れて、飛騨高山に着いた途端に宿探ししなきゃならない。それじゃあ不毛ってもんでしょう? まだ福井に向かった方が見所がありそうです。 とか言いながら、別角度からの琵琶湖が見たいと湖西線を選んだんですけど、結局寝ちぎったくらいにして(笑) 完全に逆光だったしね。湖西線から琵琶湖見るなら午後の列車だね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/01 10:14
一枚のキップから
一枚のキップから エイプリルフールどこ吹く風、2連休です。連休となれば、久々に「のらり旅」のスタートです。 昨夜遅くに米子発の深夜バスに乗り、早朝の、夜も明けきらぬ時間になんばOCATに放り出されました。距離が中途半端に短いんだねぇ〜。 『ムーンライト』が運行してる時期なら、それを利用するのもテだけど……春は運行してないしね。そもそも山陰方面への『ムーンライト』の設定はないし。 (かつては『ムーンライト山陰』『ムーンライト八重垣』なんてのが走ってたけど、運休して久しいし。『ムーンライトながら』が臨時運行扱い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/01 05:12
そんな地名、あったかえ?
そんな地名、あったかえ? 突然ですが問題です。 この地名、いったい何と読むでしょう? いずもきょう? いずもごう? チョットひねって、いずもざと?  それじゃあマトモすぎるでしょう? もっとひねってひねって。脳みそが腸捻転起こすくらい(て、脳なんだから腸捻転は起こさねぇだろぉ、なんてツッコミは却下)ギュンギュンにひねって! ……ダメ? 降参? ――と、その前に……ブッブー! 残念、時間切れ〜!! 正解は…… あ・だ・か・え………… 読めるくわっ!!いやいやいや、当て字にも程があるって。つーか、当て字にもな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/30 23:28
電車に乗って中国へ行こう!
電車に乗って中国へ行こう! 米子だって中国だい!――ケツに地方≠ェ付くけど(笑) 米子ライフ108日目。ボンノーの数だけ暮らしてしまいました。 だけど、煩悩は増えるばかり いけません、いけません。 こらぁ煩悩払いに旅に出るしかありません――て、なして「旅」なん? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/29 20:38
千円札を握って高速に乗ろう!
米子ライフ107日目。 今日から高速料金が上限1,000円になりましたね。 といっても土日祝日限定・ETC限定だし、2年間の時限割引ですけど。そして、首都圏・京阪神エリアは除外なんですと。 (だから、タイトルどおり千円札握って高速乗っても、何の得にもならんのですよ) そのかわり、東京湾アクアラインや本四高速も、今回の値下げに先行する形で、20日から、通行料金が上限1,000円になってます。 いやぁ〜、考えてみたらスゴい話だ。 「湯布院で一泊!」なんて事が、片道1,000円で出来ちゃう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/28 21:24
犬も歩けば神話にあたる
犬も歩けば神話にあたる 安来市から車でさらに西へ。隣町の東出雲町へ入ります。 そこでワタクシ、トンデモないものを見つけてしまいました。 丹波哲郎もビックリ、「死後の世界」への入口です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/11 00:48
どじょうすくいでエッサッサ♪
どじょうすくいでエッサッサ♪ 米子ライフ89日目。本来なら休みの予定なんですが、昨日あんな事がありましたからねぇ。お天気トラブルが長引くようなら、いつでも出社できるよう「自宅待機」も覚悟してたんですが、幸い夜には復旧しましたからね。予定通りお休みです。 ならば、という事でお出かけ。近場――というか隣町ですけどね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 29

2009/03/10 23:37
愛をください
愛をください 米子ライフ86日目。夜勤明けの空、晴れそうな予感。も、ウズウズでしてね。 やっぱり買っちまったダス、春の『青春18きっぷ』。 別にどこへ行くって予定もないんですけどね。まぁ、計画立てるのも楽しみのうち。 そういえば来週はホワイトデーですね。「……フン! 関係ねぇや!!」それを言っちゃ元も子もないんですけど(笑) え〜……米子じゃないんですが、お隣・島根の松江市に、隠れたラブスポットがございましてね。今回、ちょっとソチラをご紹介。 ホントはバレンタインデーに紹介したかったんですが……出遅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 21:48
シモあらいにきました。
シモあらいにきました。 米子ライフ79日目。上空から米子の街を見たのは初めてです。 米子空港って、ウチから結構近かったですよ。車で15分くらいかな。「米子空港」とは言いながら、実際は境港市にあったり(境界線越えてすぐだから、まぁ「米子」でもいいんだけど)、正式名称は「美保飛行場」だったりしますが、 まぁそんな事はどうでもいい話です。全日空が羽田まで1日5往復、名古屋まで2往復。アシアナ航空がソウル仁川空港まで週3便。結構飛んでるでしょ? 国道431号線を境港に向かってひたすらまっすぐ。途中、弓ヶ浜なんて観光名所を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/28 16:07
白壁土蔵と赤瓦の街・倉吉
白壁土蔵と赤瓦の街・倉吉 米子ライフ72日目もお休み。昨日は大山町の御来屋まで行きましたが、今日はもうちょっと足を延ばして倉吉まで。 米子が鳥取県西部地域の中心都市なら、倉吉は中部地域の中心都市。江戸初期から商業都市として栄え、その名のとおり蔵の街≠ニして有名です。特に市内を流れる玉川沿いでは、造り酒屋や醤油醸造元の土蔵がずらりと並ぶ一方で、緋色が特徴の石州瓦で屋根を葺いた町屋群が軒を並べるといった光景が見られます。 中でも白壁土蔵群≠ニ呼ばれる打吹玉川地区は、『かおり風景100選』『美しい日本の歴史的風土100... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2009/02/21 20:03
明治の馨り漂う御来屋駅
明治の馨り漂う御来屋駅 米子ライフ71日目。昨夜から降ってた雨も、午後から止みました。止んだら止んだで、風が強くなってきましたけど(笑) ワタクシめ、本日はお休み。なのに、どこへ行くでもなく、ただのんべんだらりと過ごすってのは、何とももったいない話。という訳で愛車マー君に乗り、東へ向かって出発! そういや、こっちへ来てから西へは行ったけど、東へ向かった事はなかったなぁ。 山陰道を、今のところの最東端・名和インターで降ります。国道9号線と出くわす交差点のすぐ手前に、JR山陰本線の御来屋(みくりや)駅があります。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/20 23:08
湯之助の宿 長楽園
湯之助の宿 長楽園 米子ライフ67日目。だけど今日は出雲ライフ。 山陰三湯完全制覇≠ニ銘打って、玉造温泉を訪れた話は先日の記事に書きました。その時に入りました温泉施設『玉造ゆ〜ゆ』の隣に、『湯之助の宿 長楽園』という大層立派な温泉旅館がございます。 この宿の売り≠ニ申しますか、自慢の一つに「日本一広い露天風呂」というのがあります。 その広さ、ナント120坪!! 120坪といえばア〜タ、畳数に換算して実に240畳! ちょっとした大広間じゃないですか。 ハハハ……バカでしょう? アホでしょう? ふざけてる... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/16 18:19
境港は妖怪だけじゃないのじゃ。
境港は妖怪だけじゃないのじゃ。 『水木しげるロード』から境水道まで出ます。居並ぶ漁船を眺めながら、境水道大橋の袂近くまで歩きます。幕末の頃、隠岐近海にも出没していた黒船に対抗する為に築かれた境台場の遺跡を今に残す台場公園の向かい側に、日本一の剥製水族館である『海とくらしの史料館』が建っています。 館内一番の見物は、全長2.8mもある巨大マンボウの剥製です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/07 20:44
境港は妖怪の故郷なのじゃ。
境港は妖怪の故郷なのじゃ。 『ねこ娘列車』に揺られて45分余り。やっぱり傘を差しての観光になりそうです。 鬼太郎駅≠フ愛称が付いているJR境港駅は、港町を象徴するかのように、2階建ての駅舎の屋上に灯台の塔が建てられています。 で、駅前には執筆中の水木しげる先生のブロンズ像が。 鬼太郎とねずみ男が興味津々で覗き込んでます。じっと睨んでる目玉おやじは編集者か? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/07 20:17
おい、鬼太郎! 旅に出るのじゃ。
おい、鬼太郎! 旅に出るのじゃ。 米子ライフ27日目。 昨日の夕方、夜勤明けの昼寝から覚めると、神様がチョットだけプレゼントを用意してくれていました。 そうだよねぇ〜。晴れるとこんなに綺麗なんだよねぇ〜、大山って。 で、一夜明けた今日はというと……また朝から雨なんですわ。 こうも雨続きだと、そらぁ陰鬱にもなりまさぁね。「山陰の陰≠ヘ陰鬱の陰=vてか。 まぁ「陰だ、陰だ」と騒ぎ立てられたところで、僕、競輪や競艇の選手じゃないんでね。インだろうがアウトだろうが、ど〜でもいい話です。 ……あ。違う? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/07 19:34
ねずみ男が手招きする?米子の街
所用で鳥取の米子に来ています。 いやいやいや、何だぁオイ!? 昨日、着いたらいきなり雪ですよ。やっと晴れ間が見えたと思ったら、すぐに雨が降り出し、あっという間に雪に変わって。 以下、最初から繰り返し。 こんな風に、天気が(天気に限らず)くるくる変わる様を、よく「猫の目のよう」なんて表現をしますが、こうも目まぐるしく変わったんじゃ、猫だって目ェ回すって。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/20 08:25
ご近所のらり旅 ―桃太郎さんは盆栽がご趣味―
童話でも有名な『桃太郎』。 皆さんがよく知っているのは、犬・猿・雉をお供に鬼ヶ島へ鬼退治に出かけ、人々をさんざん苦しめていた鬼を懲らしめ、たくさんの財宝を携えてお爺さんお婆さんの許へ帰ってくるというお話でしたね。 実はこのお話に続きがあるというのをご存知でしたか? そんな続%国セ郎伝説が残る土地が、高松市の西にある鬼無(きなし)町という場所なのです。 実はワタクシめが住む場所からは目と鼻の先。ほんのお散歩コース的なトコだったりします。 てな訳で、今回ののらり旅≠ヘ何処へ行くでもなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/10/30 23:05
旅はSuicaでICOCA、てなもんで
昨今のICカード乗車券事情は、目ざましいモノがありますね。 昔はSuicaだけだったのに、今じゃICOCA、TOICA、PASMOにPiTaPaと、どんどん増えてきてますよ。 も、いろんな名前がありすぎて、どれがどれだかわからくなってきちゃいます。 加えて今年秋から来年春にかけて、JR北海道とJR九州も事業を開始する事が決まってます。 ICカード乗車券、これからますます増えてくんですね。 ……どうした? JR四国(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/27 14:12
長崎ぶらぶら
風ぇ〜もないのに ぶぅ〜らぶら♪ ……『長崎ぶらぶら節』って、こんな歌じゃないよね(笑) 実は「長崎に行ったらコレ食いたい!」てのがありまして。ついででもって、『光圀さん』のミッションも達成しときたいな、と。 ハイ、そうです。狙うは長崎名物・卓袱(しっぽく)料理です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/31 13:56
出っ張ってない出島(笑)
出島を訪れた人の何人かは「え〜? 出島っていうクセに、全然出っ張ってないじゃ〜ん!!」と思うらしいです。 出島≠ニいう名前のとおり、海に向かって飛び出しているというイメージを抱いてやって来るらしく、実際に目にして「海なんか全然見えないし、ちっとも島じゃねぇじゃんよぉ。それにエラい小さいし」と、脳内イメージがガラガラと音を立てて崩れてく人も数知れず。 ある意味ガッカリ名所′補かもしれませんね。 でも、中入ったら全然ガッカリしないよぉ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/31 12:18
長崎ルネッサ〜ンス!!
長崎2日目の朝です。 目ぼしい観光スポットは、昨日あらかた周っちゃいましたんで、今日はちょっとゆっくりめ。 とは言っても、帰りの電車の事もあります。「アッチだ、コッチだ」とあまりギューギューには詰め込めません。行けても2つか3つてトコでしょうか。 そういった訳で、これから日本近代化の礎、ジャパニーズ・ルネサンスの魁である出島を巡ります。ルネッサ〜ンス!!……無理して流行りに乗ろうとするの、やめた方がいいと思うよ。えぇやないか〜い!!……はぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/31 11:27
例えばこんな夕餉
セイコーの時計がシチズン(7時)をお報せします。 ポッポッポッ……ポ〜ポポポポポ ポ〜ポポポポポ ポ〜ッポ〜ッ♪ ……鼠先輩はいいから。 気を取り直して。 時刻はもう夜の8時半です。 宿で一息入れて、「さぁ〜て、メシでも……」と思って外に出たら、もうこんな時間ですよ。も、どこで何を食っていいのやら。 だからって、わざわざ長崎まで来て、ファミレスだ吉野家だココイチだってのはイヤだなぁ〜。 讃岐屋、結構ワガママです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 23:08
8月9日――あの暑い夏の日
浦上にある平和公園の一角に、その石碑は忘れられたようにひっそりと佇んでいました。 昭和20(1945)年8月9日午前11時2分。アメリカ軍爆撃機B29「ボックスカー」から投下された一発の爆弾は、ちょうどこの石碑の上空約500mで炸裂。一瞬のうちにすべてを灰燼に帰し、多くの人命を奪いました。 プルトニウム型原子爆弾「ファットマン」。 そして、ここはグラウンド・ゼロ――長崎に投下された原爆の爆心地です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/30 18:34
どるびぃ さらうどん
朝から動き回ると、さすがにお腹が空くってもんです。大浦天主堂を後に、新地中華街で昼食を摂る事にします。 やっぱ、長崎といえば中華街でしょう――て、確か神戸や横浜でもこんな事言ってませんでしたっけ? 進歩ねぇなぁ。 でもまぁ、これにて日本三大中華街♀ョ全制覇です。 も、ちゃんぽんでも皿うどんでも持ってきやがれってんだ! 「ぢゃあ、マクドナルドのハンバーガーで」 え〜!? マックはヤダぁ〜(←ワガママ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 14:38
聖母は今も此処に在りて
おのぼりさん≠ツいでに、これまた長崎観光に来た誰もが行くだろう大浦天主堂へ向かいます。 「向かいます」たって、帰り道の途中――グラバー園の出口を少し下りた先にあるんで、向かうもヘッタクレもないんですけど。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/30 12:49
長崎BREEZE
さぁ、長崎を観光で訪れた人が必ず行くというグラバー園。ワタクシめも参ります。オノボリさんですから(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/30 12:25
絵はがき坂、上って下りて
オランダ坂は、大浦海岸電停から石橋電停に至る誠孝院(じょこういん。日蓮宗の寺院)前の坂までの切通し、活水学院(活水女子大学)前の活水坂、旧英国聖公会会堂跡前に至る坂の3つの坂の総称です。 中でも活水坂一帯を指すのが一般的のようです。 切り出しの石で舗装された坂道は、異国情緒溢れる、それはそれは印象深いものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 11:31
長崎は今日も暑かった……
快速『ムーンライト九州』は、朝7時半に終点・博多に到着です。 夏の九州らしく、抜けるような青い空。今日も暑くなりそうです。 博多駅は現在、新駅ビルの工事中でした。『サイコロの旅』で見慣れた駅前広場も、仮設の屋根や工事フェンスだらけでした。 これでは天下一武道会は開けませんね(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 10:41
今宵、月光に抱かれて
学生さんは夏休みに入り、遊びにバイトに日々大忙しの事でしょう。 社会人の皆さんも、お盆を絡めた夏期休暇を念頭に置きながら、もう一踏ん張りといった所でしょうか。 「夏休み? ンなモン知らねぇよ!」と憤慨されてる皆々様、ワタクシからも一言述べさせていただきます。 同志よ……(涙) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/07/30 07:41
あかおか駅で下車
「アンタ、室戸までは行けんよ」 「えぇっ!?」 慌てて時刻表をめくりますれば。 今から乗ろうとしてる快速列車、奈半利到着は15時42分。一方、奈半利から室戸岬行きのバスが出るのは15時32分。 ……ははぁ、確かに10分遅いですな。 その次のバスは18時台。ついでに言うなら最終便。 室戸岬で降りたら、その先の交通手段がない。ましてそんな時間じゃ、見る物なんか何もない。晴れてりゃ海に沈む夕陽でも見られるものの、生憎と今にも降りそうな空模様。 いやいや、遊び過ぎましたな……て、それじゃダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/26 15:09
ジャパニーズ・モータリゼーションの夜明け
ジャコッ、ジャコッとクランクシャフトが回る。 松任谷正隆作曲のテーマ曲『THE LAST RUN』に乗せて、オールドカーがワインディングロードを駆け抜ける。 ……『カーグラフィックTV』スか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/26 14:10
龍馬に逢う旅
後免町から二駅、のいち駅で降ります。 ここ野市には、幕末の英雄・坂本龍馬33年の生涯を、蝋人形を使って立体的に紹介する『龍馬歴史館』があります。 こういったの、全国によくありますよね。日本三景・松島には『伊達政宗歴史館』がありますし、高松には『平家物語歴史館』があります。萩へ行った時には『吉田松陰歴史館』なんてのを見てきた覚えがあります。 たぶんどこも似たり寄ったり。是が非でも見たいって訳でもなし、このまま室戸岬直行も考えたんですが、そうなると『ヨーロッパ・リベンジ』での大泉さんよろしく「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/26 13:05
後免町で「ありがとう」
後免駅と後免町駅じゃ紛らわしいってんで、「ありがとう駅」という愛称が付けられてる後免町(ごめんまち)駅です。 この言い回しも紛らわしい? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/26 12:41
土佐の高知のはりまや橋で
坊さんは、かんざしを買うどころか、影も形も見かけませんで(笑) 「日本三大がっかり名所」の一つ、はりまや橋です。 はりまや橋というと、どうしても赤い欄干のを想像するんですが、今架かっているのは、昭和25(1950)年に架けられた御影石製の橋。平成9(1997)年の親水公園整備の時に、復元・架け替えされたものです。それまでは川もなく、車道と歩道の間に朱塗りの橋モドキ≠ェ、まるでガードレールのようにあるだけでした。 そりゃあガッカリもするよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/26 11:33
10:21 高知着
そぉかそぉか、高速バスだと2時間ちょっとかぁ。 この前、半日かけて移動したんは何やったん? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/26 10:41
東四国のらり旅
やっぱり我慢できなかったッス(笑) お給料も出て、フトコロ具合にも余裕が出てきた事ですし、『四国鉄道まるごとパス』の残り1日分、ここで投入です。 いい加減使っとかないと、あ〜だこ〜だしてるうちにすぐ月末を迎えちゃって、折角の全線乗り放題も乗れなくなっちゃいますからね。 ――とか言っときながら、いきなりバスに乗っちゃってるもんなぁ(爆) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/26 08:29
松山到着
高知から足摺を巡り(足摺岬までは行けませんでしたけど)、宇和島・西予と巡ってきた一泊二日の南四国のらり旅・U≠焉Aいよいよクライマックス。後は、這ってでも高松に帰り着くだけです。 ……いえいえ、ホントに匍匐前進して帰る気は毛頭ありませんが(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/29 18:36
宇和島→松山 下灘駅通過
15時18分発の松山行き普通列車に乗りました。普通列車とは云っても、使ってる車両はキハ185系。さすがにリクライニングは出来なくされてますが、特急仕様のフカフカシートで、のんびり3時間ちょっとの旅。 おまけに、内子線回りじゃなくて予讃線回りですもの。伊予灘に沈む夕陽なんてのも拝める訳ですな。 夕陽と呼ぶには、まだまだ陽が高いですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2008/04/29 17:53
宇和島散策 [R指定……?]
松山へ向かう列車が出るのは、およそ1時間後。 このまま黙って待合室でボーッとしてるような讃岐屋じゃありません。動きます。 気の向くまま、足の向くまま、のらりくらりと参りましょう――それが「のらり旅」スタイルです。 知人から「宇和島へ行く事があったら、多賀神社ってトコ行ってみるといいよ」と、やけにニヤニヤしながら紹介されましてね。そのニヤニヤの意味がわからず……まぁ、わからずとも、おそらく好からぬ代物なんだろう事は容易に想像つくんですけどね。 話のタネとして行ってみる事に。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/29 15:02
宿毛→宇和島 路線バスの旅
宿毛から宇和島へは、バスで移動する事にしました。 宿毛駅できっぷに改札印をもらっておきながら、移動はバスってかい(笑) いやいや、バス便の方が便利良かったもんですから。 鉄路なら、乗り継ぎ・接続含めて4時間あまりのところ、バスならおよそ2時間ほど。おまけに、これまでに何度も通った事のある四万十川沿いじゃなく、山あり海ありの道のり。 こらぁバス代払うだけの価値あるでしょ? たまには違う風景も見たいわさ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/29 13:25
足摺の海と奇岩群と
日本一の収容人員を誇る、中四国唯一の海中展望塔『足摺海底館』です。 岩礁から突き出す形で建つ展望塔へは、歩道橋のような橋を渡って入ります。 海上には、太平洋を一望する展望室。岩礁からの高さ24m。 昔見た科学雑誌に、こんなのがあったのを記憶してます。確か『海底アパート』でしたっけ。海中と海上、建つ位置は違いますけど。 マンションじゃなくアパートってのが、何とも時代を感じさせるよねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 10:12
宿毛から竜串海岸へ
南四国の旅2日目は、宿毛駅前からバスで土佐清水にある竜串海岸を目指します。 本当は足摺岬まで足を伸ばしたかったトコなんですが、一泊二日という時間的制約上、残念ながら断念せざるを得なくなりました。今日中に帰れなくなりますからね。 まぁ、足摺岬はだいぶ以前に一度行ってますしね。無理してまで行く事もなかろうと。 あの雄大な景色を、皆さんにご覧いただけないのは残念ですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/29 08:59
宿毛で一泊!
中村で土佐くろしお鉄道に乗り換え(実際には、窪川から先が土佐くろしお鉄道になるんですが)、18時ちょうどに終点の宿毛に到着しました。 途中、宿毛市街を流れる松田川を横切って、鯉のぼりが何十匹もズラリと連なってるのを見ました。最近、あちこちで見かけるようになりましたね。このメザシのぼり=i笑) それから――これは西日本というか、四国だけなんでしょうか――節句幟≠チて云うんですか? 家紋や子供の名前、武者姿などを染め抜いた何mもある大きな幟もよく見かけます。 そういうのを見てると、「あぁ、も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 20:15
須崎市内散策
四国内で、陸上交通が最も立ち遅れていた高知県。 鉄路が敷かれたのは、大正13(1924)年に須崎−日下間が開業したのが最初。 やがて高知へ、高知から高松へと延伸して行き、香川・徳島・高知の3県を貫く土讃線(多度津−須崎間)が全線開通したのは、昭和10(1935)年の事。鉄路はさらに西へと延び、須崎−中村間が開通したのは昭和45(1970)年。 さらに中村−宿毛間が開通したのは、JR四国から土佐くろしお鉄道に移管された後の平成9(1997)年――ずいぶんと最近の事なんだぁ。 そういった訳で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/28 16:24
……やっちまったい…… _| ̄|○
須崎です。すざき≠カゃなくてすさき≠ネんですね。 早速、鍋焼きラーメンをいただこうと、目ぼしい店にアタリを付けて何軒か行ってみたはいいけど……臨時休業だったりするんだな、これが(ToT) そういった訳で、駅からはかなり離れてしまうんだけど、橋本食堂という店へ。 一応「専門店」と謳ってますんで、その「専門店の味」とやらはどんなもんなのか確かめたかったんですね。 ですが……これがまた……殊の外混んでまして……ブツが出てくるまで20分近く待たされました。 おまけに「鍋焼き」ですから、目一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 15:02
高知到着
やっと着いたぜよ(笑) ……長かったぁ〜!! ここまで5時間かかりましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 11:27
阿波池田で待ち合わせ
学生たちに混じって、阿波池田に到着しました。 ……そぉかそぉか、世間様は普通に月曜日なのね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/28 08:05
坂出にて乗り換え
天気予報は晴れなのに、今ひとつスッキリしない空模様の下、予定通りに旅に出ました。そのうちスカッとした青空が広がってくれるものと期待して。 快速マリンライナー6号で高松から坂出へ。反対側ホームで出発待ちの琴平行き普通列車に乗り換えました。 (て事は、行き先は南って事ね) つーかね、コイツ、出がけに見たわ。それもそのはず。コレ、高松を先に出発した列車です。 「だったら、そっちに乗りゃあいいじゃん」という声は黙殺しますよ。確かにハナっから琴平行きに乗ってれば、こんなしちめんどくさい乗り継ぎしな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 06:44
「旅成分」補充大作戦!!
全国の皆さぁん、GW満喫してますかぁ?――て、本番はこれからッスよね。 まぁ、暦どおりに休みを取る人からは、今年のGWは飛び石≠ニいうか前後半分離型≠ネんで、今イチ楽しめないって意見がチラホラ聞こえてきますけど。「中途半端に仕事させんな!」という嘆きの声も。 そうかと思えば、11連休なんつーツワモノもいたりして(まぁ、そんな人は、ナゼかしらメキシコの空港でビバークしちゃってますけど)。 あ。ワタクシめですか? 明日・明後日休んだら終わりですが、何か? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/27 20:19
東予20万石の御城下
「牛に牽かれて善光寺参り」じゃありませんが、ここはもういっちょ藤堂高虎に導かれて、今治城再訪問と参りましょう。 先の時は、中をじっくり見れませんでしたからね。 あ。モチロン「青春18きっぷ」で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/06 21:24
伊賀の里に明治の息吹
上野公園を離れ(こういう書き方をすると、どこかに西郷さんの銅像がありそうですけど)、お濠沿いの道を少し下ると、住宅街の中に木造の洋風建築が現われます。 太鼓楼と白亜の壁が印象的なその建物は、旧小田小学校の本館です。 明治14(1881)年に建てられたもので、現存する小学校校舎としては三重県で最古のもので、現在は「近代初等教育資料展示室」として公開されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/31 13:20
忍びの里と俳聖と
いやぁ〜……やっぱり来ちゃいました、忍者屋敷。 だって、同じ敷地内なんですもの。 伊賀流忍者のすべてを紹介する「伊賀流忍者博物館」は、伊賀上野城二の丸――上野公園の中にあります。 「忍者博物館」は、実際に忍者が暮らしていた「忍者屋敷」、忍者が使う武具・道具を実際に体験できる「忍術体験館」、忍者の暮らしや隠密行動についての資料を展示した「忍者伝承館」の3つのゾーンからなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/31 12:40
白鳳舞う伊賀上野城
伊賀上野城には、白鳳城≠フ別名があります。静かな雰囲気を醸しながらも、端正な姿を見せる陣容が、あたかも鳳凰が翼を休める姿に見える事から、この名が付きました。 伊勢津城に入城した築城の名手・藤堂高虎が、徳川家康から「津は平城なり、当座の休息所までと思うべし。伊賀は秘蔵の国、上野は要害の地。根拠とすべし」との密命を受けて、豊臣討伐における前線基地とすべく整備した城郭です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/31 11:45
桑町 茅町 広小路
忍者電車≠ノ乗ってガタゴトと。桑町駅で降車します。 桑町駅は無人駅。木造の駅舎が何とも云えない雰囲気を醸し出しています。 一見、ずっと向こうまで田んぼが広がってそうな、スッゲェ田舎にあるように思えますが、桑町一帯はごく普通の住宅街。駅のすぐ近くには名阪バイパスも通っています。 アパートやマンションが立ち並ぶ何の変哲もない街並みに、「わざわざ降りる程の事もなかったなぁ……」と思いながら歩いていたら―― ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/31 10:32
のらり旅 改め 忍び旅?
大阪から乗り継ぎ乗り継ぎ、電車に揺られる事2時間。伊賀流忍者の里≠ニして有名な伊賀上野に到着です。南の方を振り仰ぐと、伊賀上野城が見えます。 ここから伊賀鉄道に乗り換え、伊賀上野の中心部である上野市駅に向かいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/31 08:53
ミスタ〜ぁ〜 ム〜ンラぁ〜イっ♪
日付変わって31日。伊予西条から快速『ムーンライト松山』で関西へ向かいます。 伊予西条0時25分発。今年で開通20周年を迎える瀬戸大橋を渡ると、山陽本線をひた走り、大阪には6時4分、終点の京都には6時44分に到着します。 別に伊予西条まで出なくたって、今治からも乗れるんですけど、車中で日替りしちゃいますから――て、どうせ両日とも『青春18きっぷ』で乗るんだから、どこから乗ろうが大差ないんですけどね。 車掌さんのサインよりは駅の改札スタンプの方が、後で切符を見たときに「これはどこそこから乗っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/31 06:37
This is 今治 style.
おっなかっがす〜いたっ♪ おっなかっがす〜いたっ♪ 欠食児童が大騒ぎしてますので、今治城址を後にして、晩飯を食いに出かけます――て、誰が欠食児童やねん! 出かけたのは、昔ながらの赤提灯と大きな看板が印象的な焼き鳥屋『鳥林(とりばやし)』さん。 ハイ、『四国鉄道ぽっぽや検定ガイドブック』でも紹介されている焼き鳥屋さんでございます。赤提灯もそうですが、赤と白の大看板と「やき鳥」のデカ文字(象形文字?)が、何とも食欲をそそりますねぇ。も、全身が「喰うぞぉ〜!!」の態勢になっちゃいますよ。 実を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/30 21:02
春雨じゃ、のらりと参ろう
雨の降る日は 天気が悪い 悪いはずだよ 雨が降る 高校時代からの親友に教えてもらった、彼の自作の詩です。一部抜粋。 本当はもっともっと長い詩なんですが、どうもこのフレーズだけが頭にこびり付いて離れないんですよ。もう二十年近くが過ぎようとしてんのに。 よっぽどインパクトがあったんですかね。 で。 この1ヶ月の心境ってのが、まさにこのフレーズ。 人が休みだって〜と、必ずと云っていいほど雨が降る。 ピーカンとまでいかなくても、多少曇ってるくらいなら何処か遊びに行こうと思うんですが、起き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/30 19:54
のらり旅・春の宿題〜蜂須賀桜を追いかけて(完結篇)〜
去年の春、JR四国の開業20周年企画『JR四国全線最短時間乗車ツアー』に参加いたしまして、その記念に海部駅構内に桜の苗木を植樹しました。で、その桜の木が蜂須賀桜≠ニいう品種だと教えてもらい、あまり聞き慣れない名前に「蜂須賀桜ってどんな桜よ?」と興味を抱き、ツアー後に蜂須賀桜を追う旅を敢行。原木がある原田邸まで追跡したものの、早咲きの桜ゆえ、結局お目にかかる事ができませんでした。 今年に入りまして。 原田邸の一般公開が3月7日(金)〜9日(日)の3日間にわたって行なわれ、蜂須賀桜も咲き始めて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/07 22:19
灯りをつけましょ おんどりに♪
……ローストチキンっすか? こんがりキツネ色、讃岐屋です(笑) 昨今、全国各地で街角に雛人形を飾るイベントが増えてきてます。ここ香川でも、東讃の引田町(東かがわ市引田)が有名ですが、今回は、昨日・今日の2日間にわたって宇多津町で催された『うたづの町家とおひなさん』を見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/02 17:09
名古屋めしの逆襲
皆さまご存知の通り、名古屋には名古屋めし≠ニ呼ばれるほど、独特の食文化がございます。 味噌カツに代表される、米麹をまったく使わず豆だけで作る独特の赤味噌「八丁味噌」を使った味噌料理。外身はカリカリ、中はふわふわ、カリふわ≠ノ焼き上げたうなぎの蒲焼を短冊切りにしたものをご飯に乗せ、薬味や出汁などで味の変化を楽しむ「櫃まぶし」などなど、名古屋圏ならではの美味の数々。 かと思えば、他県・他地方の人からしたら「名古屋人の舌はバカ舌か!?」(名古屋の皆さん、スイマセンっ!)と思えるほどの甘々メニュ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/04 22:40
豊田一族が遺したモノ
チョット遅い……訂正、メチャメチャ遅い昼食を取って、店を出たら3時半――いくら何でも遅すぎだろ! てな訳で、どこか見て回るにしても1ヶ所がいいトコでしょう。それもあまり遠くない場所で。着いたはいいけど「お時間ですので」と云われたんじゃ元も子もありませんから。 で、選んだのはトヨタテクノミュージアム・産業技術記念館。 地下鉄東山線・亀島駅から歩いて10分ほど(名鉄だと栄生駅からすぐ)。JRと名鉄の高架下をくぐって、則武新町交差点を左折。名駅通を真っ直ぐに、食器で有名なノリタケの本社前も過ぎて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/03 00:10
NAGOYA BAYSIDE STORY〜B SIDE
名古屋港水族館から港を跨ぐ橋を渡って、向こう岸の名古屋港ポートビルへ参ります。 ガーデンふ頭臨港緑園の隣、水際に建つ名古屋港ポートビルは、海に浮かぶ白い帆船をイメージした建物です。 ……どっちかっつーと、船のレーダーって感じがしなくもないんですが。上の階、クルックル廻ってくれませんかね?(笑) ビルの1階は無料休憩所とインフォメーションセンターのあるロビー、2階はレストランとギャラリーになっています。また、4階には200人収容の講堂が、2階と6階には会議室があります。 地上53mの最上階... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/02 17:04
NAGOYA BAYSIDE STORY〜A SIDE
名古屋2日目は、地下鉄名城線・名港線で名古屋港に向かいます。 名古屋港は、日に100隻以上の客船や貨物船が往来する日本最大の貿易港です。 その一方で、ガーデン埠頭≠ニ呼ばれるエリアは、名古屋港水族館、海洋博物館と展望室があるポートビル、ショッピングモール『イタリア村』などがある、名古屋屈指のレジャースポットでもあります。また、ポートビルそばには南極観測船「ふじ」が繋留され、艦内が一般公開されています。 ヤロォ二人の名港レジャーツアー、まずは名古屋港水族館からスタートです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/01 10:46
小倉トースト、いただきます
名古屋に来たからには、ここに寄らなきゃウソでしょう――て、確か2年前も同じ事言ってたような。 そんな訳で2度目の、友人は初めての『ラディッシュ』討ち入りです。 訪れたのは、日も暮れなんとする「子供は早く帰りなさぁい!」という時刻。先にホテルでチェックインを済ませてきましたから、何だかんだでこんな時間になってしまいました。 店内はまぁまぁの混み具合。でも、藩士と思しき者は約1名。「夢のコーナー」前に陣取ってらっしゃいました。 友人は、店内の意外な広さに驚いた様子。藩士が連日のように押し寄せ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/01 00:11
地下鉄(メトロ)でGo! レトロでGo!
名古屋でも市電が走ってた事を知ってる(もしくは覚えてる)人は何人いるでしょうか? そんな市電と地下鉄の歴史を紹介してくれているのが、名古屋市交通局の市電・地下鉄保存館――通称『レトロでんしゃ館』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/30 11:21
名古屋市市政資料館
名古屋市役所前を左に折れ、拘置所方面へ歩いて行きます。 県庁東大手庁舎の前に、清水橋という小さな橋が架かっています。橋の下は、整然と区切られた涸れ水路が続いています。 この水路、実は名古屋城三之丸の外堀跡でして、振り向けば東大手庁舎の向かい側に位置する「清水橋街園」と呼ばれる小公園にも、三之丸の石垣がそのまま残されています。かつて名古屋城の敷地がここまであったという証しです。 名古屋拘置所前の細い道を右に折れ、しばらく行くと、レンガ造りの三階建て洋風建築が見えてきます。レンガの赤と白い花崗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 01:06
尾張名古屋は城でモツ
別にお城でモツ鍋食おうってんじゃないですよ(笑) え〜……久しぶりの名古屋です。そして、これまた久しぶりの深夜バス&ネットカフェです。 今回の旅は友人と二人旅。僕は2年ぶり3回目の名古屋(といっても近々の名古屋訪問は、三越でonグッズの買い出しして、「いば昇」で櫃まぶし食べて速攻で帰ってきましたから、観光目的では2回目ですね)、彼は初出場です。まぁ、一日の長があるという事で、僕が案内役を買って出る事に。 記録と記憶を遡ってみると、前回は2006年の1月19・20日。今回は27・28日。ほぼ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/29 21:13
汽笛一声、西条を……
も〜い〜くつ寝〜る〜と〜 寝〜正〜月〜♪て、どんだけ寝る気してんのよ!?(笑) 大晦日から仕事仕事の毎日で、年越し蕎麦が「どん兵衛」じゃあまりに寂しいだろうってんで、調理道具一式抱えて出勤して、仕事そっちのけで年越し蕎麦こさえて食ったり、正月早々コンビニ弁当じゃあまりに味気ないだろうってんで、カマボコ紅白に切り分けたり、雑煮こさえて食ったりしながら、まじ〜めに職務に勤しんできた訳ですよ。 (どこがじゃ!) そんなこんなもありまして、皆さま方から遅れる事5日、ようやっと正月休みに入りました―... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/01/07 00:50
完璧に試験に出ない石川県・富山県
すっかり城に始まり城に終わる旅≠ノなってしまいました今回の旅、シメは金沢城に参ります――と云ったって兼六園のすぐ真向かい、桂坂口の真ん前なんですけどね。 歩いて5分。なんだこの近さは?(笑) まぁ、兼六園って元々は金沢城の庭だったんだから、当然っちゃあ当然なんですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/21 12:45
絶対に試験に出ない石川県・富山県
う―――わんっ!!(笑)にゃははは。これこれ、この風景! この「ザ・兼六園」的な光景! 元はといえば、コイツを直で見たくて今回の旅に出たんですよぉ。そりゃ吠えもしますって(笑) その割にゃ、あちこち寄り道を楽しんじゃってますけど(爆) いいぢゃん、いいぢゃん。旅ってそんなもんでしょ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/21 10:57
間違いなく試験に出ない石川県・富山県
夜を迎え、一旦富山へ戻ります。 城址公園を中心に、駅前から中心街・総曲輪町まで、大通り沿いに続くイルミネーション『とやまスノーピアード』を見る為です。 いえね、富山駅に貼られていたポスターを見て、「『スノーピアード』って何?」とチョット興味を抱いちゃったもんですから。 どうせ片道1時間。どうせ18きっぷ。結構遅い時間まで電車は動いてるみたいですから、ホテルでのんべんだらりとしてるよりはマシかなぁ〜、と。 「だったら最初から富山に泊まりゃよかったのに」 てな意見はデフォルトで却下します(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/21 08:25
やっぱり試験に出ない石川県・富山県
富山から普通列車で1時間あまり。本来の目的地である金沢に着きました。 いやぁ〜……何だ、この到着の遅さは? もう夕方3時ってかい。「本来の目的地」が当初の目的地に成り下がり、「ついで」のはずの富山がメインになってる感は否めないぞ。 そして、何だ!? この駅前広場の巨大オブジェは。 門か? 門なのか? 門でいいのか? して、この太い柱のモチーフは篝火か? それとも鼓か? ……え〜……『鼓門』と云うらしいです。全面ガラス張りの巨大ドームとともに、加賀百万石の中心・金沢の玄関口を象徴するラン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/21 01:18
きっと試験に出ない石川県・富山県
富山ライトレールに乗って、終点・岩瀬浜の2つ手前の駅である東岩瀬で降ります。 東岩瀬電停の隣には、旧東岩瀬駅の駅舎があります。JR富山港線沿線に残る唯一の駅舎で、現在は休憩所 兼 観光案内所(といっても、テーブル上に観光パンフレットが数種類置かれているだけですが)として活用されています。 ここを起点にして、かつて北前船の基地として栄えた岩瀬地区を散策いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/21 00:37
たぶん試験に出ない石川県・富山県
富山といえば、昔から有名なのが富山の薬売り≠ナす。 市内には、古来から伝わる丸薬を今も作り続けている薬屋が何軒かあって、そのどれもが店内の一角や別棟に資料館を設えて、越中売薬の歴史や販売の仕組みなどを紹介してます。でも、どうしても自社製品を中心に紹介されてしまいますから、客観的に紹介されてる場所をという訳で、富山市民族民芸村の中にある『売薬資料館』に向かう事にします。 ……まぁ、他が水曜定休だったり予約が必要だったりってのも関係してんですけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/20 23:12
試験に出ない石川県・富山県
皆さんお忘れかと思いますが。 讃岐屋ブログ≠ニいえば旅ブログなんです。 ……ウッソだぁ〜!!(笑)その割にゃ全然別のネタで盛り上がってるし、たまに書く旅ネタだって、旅の楽しさがちっとも伝わって来ないぢゃん。 (↑これがホントの真っ赤なウソ≠チてか?) それに何だ? この「水曜どうでしょう≠ニいえば旅番組なんです」みたいなノリは(笑) まぁ。 まぁまぁまぁまぁ、それはそれとして。 旅に出るよぉ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/20 22:02
同行二人 うどん行脚〜まさかのリタイア宣言……
朝に飲んだ風邪薬が効いてきたのか、幾分顔色も良くなってきた「り」様。 その「り」様の口から「予定を一便早めて、帰る事にします」というお言葉。 ワタクシ、このうどん行脚≠フシメは『山田家』で、と決めておりました。で、今まさにその『山田家』に向かおうとしていたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/24 14:53
同行二人 うどん行脚〜東かがわ市引田【かめびし屋】
国道11号線をひたすら東へ。 徳島との県境も目と鼻の先の東かがわ市引田町に入ると、マルナカスーパーを目印に交差点を左折。小海川沿いの細い道を行き、誉田八幡宮の鳥居脇を右折してすぐの赤い橋を渡ると、そこに目指す『かめびし屋』があります。 鮮烈なまでに目に飛び込んでくる紅いベンガラ壁は、宝暦3(1753)年創業の醤油屋『かめびし』の蔵。何を隠そう、『かめびし屋』は、その『かめびし』直営のうどん屋なのです。 ……昨日は米屋で、今日は醤油屋ってかい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/24 12:13
同行二人 うどん行脚〜高松市番丁【さか枝】
2日目。 朝食は県庁裏の『さか枝』をチョイスしました。 ここは、早朝からオープンしているセルフ店です。高松市内でも五本の指に入る人気うどん店ですが、昼のピーク時でもない限り、ズラズラ並ぶ事はありません。つーか、この店であまり行列というものを見た事がありません。 というのも、『さか枝』は官庁・オフィス街の中にあるので、サッと入れて、パッと食べれて、スッと出れる≠ニいうオフィス街の昼食の条件≠忠実に守っている訳です。 客を捌くスピードは通常の店の3倍――赤くもないしツノもありませんが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/24 09:34
同行二人 うどん行脚〜箸休め・金刀比羅宮
今回のうどん行脚を計画する際、方々の旅行代理店が主催するうどん屋巡りツアー≠フパンフを参考にしました。それによると、どのツアーも1日4軒くらいが限度のようです。 それにもまして、 「これ以上入りません」 と「り」様からギブアップ宣言が出ました。我々の胃袋の中には、わずか3時間のうちに、一人頭4玉のうどん玉が収まっているのです。「り」様ならずとも、「チョット食い過ぎたなぁ」と感じるところです。 食べ過ぎたら消化すればいい。オーバーしたカロリーは消費すればいい。コレ、自然の哲理。 てな訳... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 15:20
同行二人 うどん行脚〜まんのう町美合【谷川米穀店】
さ:「んじゃ、今から米屋に行きますから」 り:「米屋ぁ!? 米屋で何すんですか?」 さ:「ん? もちろん、うどん食うの」 り:「……はぁ!?」 いや、まぁ、普通はそういう反応でしょう。「り」様、正解! でも、そこはそれ、コアでディープな讃岐うどんワールドです。アヤしさ全開フルスロットル、てなもんでございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 13:14
同行二人 うどん行脚〜綾川町羽床上【山越】
おまっとさんでした! キング・オブ・讃岐うどん=w山越』の登場ですよぉ。 『なかむら』を出た我々、県道195号線から県道22号線を東進します。そのまま国道32号線に出ると、高松側へ若干引き返し、新羽床口交差点を右折して国道377号線へ。羽床上交差点を右に曲がると、すぐに赤・青・黄の三色のストライプが描かれた駐車場の看板が見えます。目指す『山越』の専用駐車場です。 さすがキング≠ナすねぇ。この駐車場の他に、小学校を過ぎた先にもう一つ駐車場を構えてます。警備員まで雇って車両誘導する有様。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 11:54
同行二人 うどん行脚〜丸亀市飯山【なかむら】
坂出市内を抜けて、県道18号線を西へ。土器川を渡る一歩手前の、彦江に負けず劣らず「こんなトコにうどん屋なんか絶対ねぇぞ」な道を入った所にあるのが、中讃の雄『なかむら』でございます。 一見すると、納屋か物置にしか見えない建物。看板すら出ていない。そこに行列がなければ、案内人なしでは誰もが通り過ぎてしまうであろう佇まいであります。 店の傍らに山積みされてた材木やトタンも撤去され、随分と立派な駐車場に。しばらく来ないうちに随分と様変わりしちゃいました。 まぁ、お陰で探しやすくはなったんですが。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/23 10:19
同行二人 うどん行脚〜坂出市横津【彦江製麺所】
挨拶代わりに、つーか朝食代わりに「おみまい」するのは、坂出にある彦江製麺所。 もリーダーが、ここの一杯を食う為だけに、北海道から飛行機で通った程に惚れ込んだ店です。となれば「どうバカ」「NACSバカ」の「り」様にも是非とも御賞味いただきたい! 高松から県道33号線に沿って西へ。坂出警察署の前を通り過ぎ、およそ「こんなトコにうどん屋なんかねぇよ」という住宅街の奥深くへ入り込んでまいります。コアでディープな讃岐うどんワールド、早くも炸裂です。 不安がる「り」様を「うぷぷ」と笑いを噛み殺しながら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 09:03
同行二人 うどん行脚〜身柄確保、そして連行
現在、午前8時10分。りーまんとらべらー氏の身柄確保! ……キョーアク犯ですかい?(笑) つーか、コッチの方が、やってる事は遥かにキョーアクなんですけど(爆) え〜、今日と明日の二日間、「り」様をコアでディープな讃岐うどんワールドに引きずり込んで差し上げます。 「り」様も、「おう、望むところだ!」と気合い十分……ではないんですね。心なしか不安げ。 それもそのはず。ワタクシ、「り」様に行き先をお教えしておりません。 お教えするつもりもございません。 人はこれを拉致あるいは誘拐と呼ぶ(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 08:12
同行二人 うどん行脚〜おいでまい香川
「海外もいいけど、たまには香川でうどんでもどうですか」 何とも安直な呼び掛けで、旅人3段の方を四国・香川に呼びつける事に成功しました。 本当は、もっと多くの人にお声を掛けたのですが、あいにくと皆さん、予定が合わなくて……。 な訳で、「り」様とワタクシめ、二人だけのうどん行脚となりました。 といっても、本番は明日からなのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/22 22:53
こんぴら舟々
せっかく石段を500段も上がってきたんですから、どうせならこのまま本宮まで上りましょう。 新茶所『神椿』から、社殿ゾーンへ向かう石段を振り仰ぎ…… 見てはいけない 見てはいけない…… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/08 01:37
松山散策〜漱石・子規・秋山兄弟
『坂の上の雲ミュージアム』の裏手に、松山藩主の子孫である久松定謨(さだこと)氏の別邸として建てられた洋館・萬翠荘が建っています。現在は愛媛県美術館分館として利用されています。 そのさらに裏手、小高い丘をさらに登った先に、2階建ての一軒の家が建っています。夏目漱石が松山中学校に英語教師として赴任していた際に下宿していた家で、『愚陀仏庵』と名付けられています。愚陀仏≠ニいうのは漱石の俳号です。 実際にはもっと街中(二番町)に建っていたそうですが、昭和20年7月の松山大空襲で焼失。昭和57年に、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/31 23:49
坂の上の雲〜秋山兄弟と正岡子規
堀之内公園からは歩いてもさほどない距離、愛媛県庁・松山地裁を過ぎてすぐの道を左に折れると、全面ガラス貼り、剥き出しのコンクリート、三角形のフォルムが特徴の『坂の上の雲ミュージアム』が見えてきます。 あいにくと坂の上にはありませんし、雲一つない秋晴れの日でしたが(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/31 22:21
夕陽を追いかけて〜追いかけても追いつけず……
出雲大社の隣200mほど先に、島根県立古代出雲歴史博物館があります。 今年3月にオープンしたばかりの、まだピカピカの博物館です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/05 18:41
夕陽を追いかけて〜神々おわしますところの地
北海道神宮でございます。 (ブッブーッ!) 三吉神社でございます。 (ブッブッブーッ!!) 出雲大社でぇ〜ございますっ!! (どどんっ!!!)……え〜、往年の名作『サイコロ4』をフィーチャリングしてみました。いかがですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/05 16:18
夕陽を追いかけて〜旅行者どもが夢の跡
「ツアーものどもが ゆめのあと」と読みます。……苦しいか?(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 14:18
夕陽を追いかけて〜拝啓、へるん様
松江城の御壕を悠々と巡る「堀川めぐり」の船を眺めながら、城山西堀川沿いの道を北に向かいます。城の北側、堀沿いに続く道なりに「塩見縄手」と呼ばれる武家屋敷群が並びます。「縄手」とは縄のように一筋に伸びた道の事を言い、ここには松江藩中級藩士で、後に異例の出世をした塩見小兵衛の屋敷があった事から、この一帯を「塩見縄手」と呼ぶようになりました。この一角では、松江藩中級藩士が住んでいた武家屋敷も一般公開されています。 塩見縄手の西端、交差点角に建つのが「小泉八雲記念館」です。ここには、小泉八雲の遺品や書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 11:39
夕陽を追いかけて〜雲州18万6千石の御城下
昨夜の雨が嘘のように爽やかな朝です。 松江の朝は、宍道湖のシジミ漁で明けるのですが、土日祝日と毎週水曜日は資源保護の為に休漁。して、今日は水曜日――残念。 観光客にとって、松江の朝はとても早いです。主だった観光施設は、朝8時半には開場します――て、たかだか30分しか違いませんが、この30分が結構重要だったり、最後まで尾を引いたりするんですよね。 慶長12(1607)年、堀尾義晴がまちづくりに着手した松江は、2007年の今年、ちょうど開府400年にあたります。 400年前に思いを馳せながら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 10:39
夕陽を追いかけて〜こうなりゃ食うっきゃねぇだろ!
松江に着いたはいいものの、肝心の夕陽は雨で拝めない。 こうなりゃ食うっきゃねぇだろ! てなもんで。 まずはご挨拶代わりの出雲そば。 三色割子でございます。 山菜そば、山かけそば、なめこそばの三種類。そば湯も付いてます。薬味は刻みねぎ、紅葉おろし、刻み海苔――どれにどれをかけるんだ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/04 22:02
夏の宿題
【問1】 小泉八雲と小泉孝太郎、小泉今日子の関係を簡潔に述べよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/04 18:33
神戸で遊ぼう〜南京町中華街
京都はどうした?(笑) 「京都で遊ぼう」なんて言っておきながら、滞在わずか2時間って…… この際、タイトル訂正。 「京都の周辺で遊ぼう」 ――周辺≠ノしちゃ、神戸は遠過ぎるよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/01 19:19
京都で遊ぼう〜梅小路
今度こそ京都! せっかく京都まで来たのに、お寺巡りは性に合わないし。時間も時間だし。 (京田辺からの接続が悪くてね。おまけに何処かで人身事故があったらしく遅れがち) じゃあ何処で遊ぼうかって話になって、ピンときたのがJR梅小路蒸気機関車館。 梅小路か大阪の交通博物館、どちらかいっぺん行ってみたかったんだわ。会社の同僚に尋ねたら、「絶対に梅小路!」と言うもんだから(「同じ交通博物館に行くなら、埼玉の方が断然いい」とも) そんな訳で、今回の旅二つ目の目的。つか、こっちがメイン。 メインの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/01 16:06
京都で遊ぼう〜一休寺
また京都じゃないし(笑) ここは京田辺市にある酬恩庵一休寺。 あのトンチで有名な一休さんが、晩年を過ごしたお寺です。 一休さん縁りの寺だけあって、一休さんに因んだ品物が数多く存在します。 虎退治した屏風はありませんけどね(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/01 11:55
京都(?)で遊ぼう
とか言いながら、奈良に来ちゃってるし(笑) まぁ、天平年間にはここが京都だった訳だから、あながち間違いではないよね。 (うわ! こじつけ) ……つか、なんで奈良になんか来たんだっけ? え〜とぉ……確か京都から奈良行きの普通電車に乗って、木津で乗り換え……あれぇ? まぁいいや。来ちゃったもんは仕方がない(爆) このまま折り返すのも癪だから、奈良観光と参りましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/01 09:23
旅に出てます
探さないで下さい(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/01 06:33
のらり旅・春の宿題〜蜂須賀桜を追いかけて(後篇)〜
徳島から牟岐線で一駅(まぁ、歩いたところで、そう大した距離でもないんですが)、阿波富田駅下車。 富田小学校とは反対方向にちょっと行った住宅街の一角にあるのが、『原田家武家屋敷』です。 本当に「エッ、こんなトコにあるの?」「えっ、これが?」というような場所と佇まいです。 でも、ここが間違いなく蜂須賀公から桜の樹を託された原田一平の屋敷跡で、この庭に聳える大きな桜の樹が、蜂須賀桜の原木です。 時期が遅かったのか、今年の暖冬の影響か、花はすっかり散ってしまい、青々とした新緑が威勢を張っていまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/10 00:52
のらり旅・春の宿題〜蜂須賀桜を追いかけて(前篇)〜
『JR四国全線乗車最短時間ツアー』(今さら『四国一周弾丸ツアー』だなんて言いませんヨ)完走記念に、海部駅前に蜂須賀桜の苗木を植樹しましたが、ここで浮かんだギモン。 蜂須賀桜って、どんな桜よ!?だいたいにおいて、そんな桜があるなんて初めて知ったし(つっても知ってる種類ったら、ソメイヨシノ、枝垂桜、山桜、八重桜、千島桜くらいなもん)、見てるのは苗だけだし。どんな花が咲くのか、正直知らんのですわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/04/09 23:50
それいけ!アンパンマン・トロッコ号
JR四国が運行しているアンパンマン列車≠ノ、この春新しい仲間が誕生いたしました。それがこの『瀬戸大橋アンパンマントロッコ号』です。 JR四国でのトロッコ列車は、窪川−宇和島間の『清流しまんと号』、阿波池田−大歩危間の『大歩危トロッコ号』の運行に続いて、3つめになります。 この『瀬戸大橋アンパンマントロッコ号』、岡山・茶屋町−琴平間を1日2往復、185系1両に牽引されて、瀬戸大橋を渡ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/06 05:43
徳島ゴォ〜ル!!
長いようで短かった30時間25分の旅。 途中、思わぬアクシデントにも見舞われましたが、終わってしまえば、すべてがいい思い出です。 13時59分、徳島到着。ツアーの全行程が終了しました。 オールオーバー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/04/01 14:04
11:17 海部到着
海部駅到着をもって牟岐線完全踏破。 ついに「JR四国全線完全乗車」達成でございます!! ドンドンドンドンドン、パフパフパフパフパフ。 (誰も祝ってくれないから、自分で祝っちゃいます) いやぁ〜、長かったですねぇ〜、この2日間。 (ツアーとしては、まだ徳島までの折り返しがあるんですがね) 『TBA陣取り合戦の旅』の45時間に較べたら、半日以上も短いはずなんですがねぇ。何でしょう、この言い知れぬ倦怠感は。 でもまぁ、悪くない疲れです。うん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 11:40
09:35 徳島到着
特急『うずしお3号』は、予定より4分遅れで到着。 高徳線完全踏破です。 こうしてみると、結構四国内を回ってたんですねぇ〜、僕も。まったく見た事もない景色って、ほとんどなかったような。 さぁ、ここからは未知の世界(笑) 特急『剣山4号』で、牟岐線の終着駅・海部を目指します。 阿波池田からやってきた『剣山4号』は、ここ徳島から牟岐線に乗り入れて牟岐まで。牟岐からは各駅停車の普通列車になります。面白いですねぇ、特急仕様の普通列車ですよ。なんて贅沢なんでしょ。 阿南海岸沿いに徳島から海部までを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 09:38
ただいまぁ、高松
そして、さようなら(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/01 08:18
阿波池田で折り返し
食べたばかりのうどんもこなれないうちに、琴平6時40分発の特急『しまんと1号』に乗って、弾丸ツアー2日目のスタートです。 のどかな田園風景から山間の風景へと移り変わって……いくんですが、ものの20分ほどで阿波池田に着き、降りたと思ったら3分で折り返し。今はもう岡山行き特急『南風2号』に揺られております。 さっき見たばかりの車窓の風景を、また見てます。 いやぁ〜、これが弾丸ツアーでしたねぇ〜。一晩寝たら、すっかり忘れてましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 07:22
おはよぉ〜ございます!
つーかね、普通に全然眠いって。5時起きって何さ? んでもって、起き抜けにおにぎり2発お見舞いされ、今また、「こんぴらうどん」さんで醤油うどんをお見舞いされております。 確かにしっかりコシがあって、おいしいうどんには間違いないんですがね…… ついさっきおにぎり食って(しかも、おかずが朝から唐揚げってどうよ?)、そこへもってうどんですかい? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/01 06:14
おやすみなさい・・・
ハプニングは旅のアクセントだ! ……やかましいわ!! ハプニングはOKですけど、アクシデントはごめんです。 何でしょう。僕は普通に旅が出来ないんですかね。 そんな訳で(どんな訳さ?)無事に宿に到着いたしました。 琴平で一泊。 だったら家で寝かせろって(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/04/01 00:03
緊急事態発生・2
お楽しみの『マリンライナー』グリーン席は、「いくら2階席で見晴らしが良くたって、夜中じゃ何も見えねぇぢゃん!」という残念な結果になりました(T_T) そして……JR西日本はスゴいねぇ〜。定刻どおりだもの。 という訳で、「やはり」というか「結局」というか、賭け≠ノは敗れてしまいました。乗り継ぐはずの『しおかぜ29号』とは、瀬戸大橋上ですれ違いましたぁ(ToT) 皆さまお察しの通り、児島には22時19分に到着したものの、ただ今途方に暮れております(笑) 手の中にある、多度津までの指定席券が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/31 22:46
21:52 坂出到着
松山を10分遅れで出発した特急『いしづち32号』ですが、結局15分遅れで坂出に到着。 スケジュール上、乗り継ぎ時間が20分もあって良かった。 乗り継ぎ予定の快速『マリンライナー68号』も、6分遅れで到着。 チャラでございます。 松山を出た途端、究極の選択が待っていました。 「このままスケジュールどおり進むか。多度津で途中下車して、琴平の宿に向かうか」 このままスケジュールどおり行動して、乗り継ぎに間に合わなければ、琴平の宿に入るのは夜中12時を越えてしまう。明日の出発時間を考えると、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 22:08
緊急事態発生!!
ちょっと風が強くなってきたかなぁ〜、とか思ってたらア〜タ! 『宇和海22号』の車内で、添乗員さんから緊急発表がありました。 「今治−伊予西条間で、安全基準の風速を超えたんで、列車の運行がストップしました」 え、ええ〜っ!? そ、そんな風強いのォ〜ッ!? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/31 19:22
伊予大洲リターンズ
リターンエース――なんちゃって。 正直申しますとね、青息吐息。 ○×クイズ50問、何とか乗り切りましたよ。 もぉね、頭から湯気上がってますよ。グリーン車の乗り心地なんか、楽しんでる余裕もありませんでした。 宇和島で受け取った夕食の弁当なんか、手ェつける気力もありませんよ。 (つか、夕方3時に夜弁当渡すってのもどうだ?) さらばグリーン車。君の事は忘れない(笑) 何も覚えちゃないけれど(爆) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 18:48
15:21 宇和島到着
予土線完全踏破! という訳で、お決まりの記念写真。 駅前に置かれた、宇和島軽便鉄道で使われていたSLの前で撮ります。 そして、宇和島といえば闘牛。 宇和島の闘牛は、皆さんが頭に描いてるようなスペインの闘牛とは違って、牛同士が戦う訳です。高知の闘犬の牛版です。 ですから、当然牛追い祭≠ネんかありませんよ(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/31 15:57
四国の車窓から・2
13時22分発の予土線普通列車で、宇和島へ向かってます。 1両だけのワンマンカー。座席はほぼ満席。座り切れずに吊革につかまって立っている人も。 しっかり住民の足なんですねぇ。スーパーの買い物袋抱えた御婦人方もいますよ。 そして、相変わらずカメラ片手に先頭に陣取る「てつ」の皆々様(笑) ちったぁ景色を楽しみゃあいいものを。 (まぁ、これが彼らなりの楽しみ方なんでしょうけど) しまいにゃ、運転士さんから「扉の開閉の邪魔だから、もっと中に入るように」って怒られる始末だし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 14:28
12:45 窪川到着
太平洋に別れを告げ(て、内陸とトンネルばかりで、海なんかまるで見えなかったんですけど)、ついでにアンパンマン列車にも別れを告げ、ここ窪川からは普通列車で、四万十川沿いに宇和島までまいります。 とは申せ。 乗り継ぎ時間が30分少々。 する事もなく出発までぶ〜らぶらしてます。 こうしてみると、以前南四国を周った時、須崎で途中下車したのは正解だったかもしれません。だって、ホンッッッット何にもないんだもん。 あまりにも何にもないもんだからねぇ〜。 キオスク覗いたついでにねぇ〜。 買っちゃっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 13:08
南風3号で窪川へ
わ〜い、アンパンマン列車だぁ〜♪ (いい歳して喜んでんぢゃないっ!) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/31 11:02
四国の車窓から・1
阿波池田行きの特急『剣山3号』で、吉野川沿いを走ってます。 徳島−阿波池田間を結ぶ徳島線は、よしの川ブルーライン≠ニいう愛称が付いてます――て、確か以前にも紹介しましたよね。 山瀬駅を過ぎた辺りから、線路は吉野川に寄り添うように走ります。四国の母なる川・吉野川は、春の陽光にきらめいてますよ。 ここ数日来の暖かさで、桜の花も咲き出しています。樹によっては爛漫と咲き誇っているものもありますが、全体としてはまだ三分〜四分咲きといったところでしょうか。 まだ咲き残る梅の花や菜の花畑と一緒に、車... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 09:58
池谷駅で乗り換え
いやぁ〜、さすが「弾丸ツアー」ですねぇ〜。忙しないったらないわぁ。 8時7分に鳴門に着いたと思ったら、12分には出発。速攻で折り返しですもの。しかも、乗ってきたその列車で折り返そうってんだから。まさに、『水曜どうでしょう・サイコロ3前編』でのハウステンボス状態(笑) そのうえ、こっちは荷物を降ろす事もなく、滞在時間5分ですからね。どうでしょう班の上を行きましたよ(爆) で。 この忙しさの中で、「それでは記念写真を撮りまぁす」ですって。スゴいスゴい。 コレって、アレですかね? 各路線の終... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 08:37
07:20 旅バカ、徳島駅に集結
まいど! 旅人委員会特派員(笑)の讃岐屋でおま。 さぁ、いよいよ始まりますよぉ。 全行程30時間25分という、壮大にして、あまりにバカバカしい『四国一周弾丸ツアー』……じゃなかった『JR四国全線最短時間乗車ツアー』が。 案内状によりますと、「朝7時30分までに、徳島駅改札前にてツアー受付を済ませる事」となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 07:26
スキップ SKIP ラン 乱 RUN♪
実家方面の空港がJALさんしか飛んでないので、勢いJALしか使わない人、讃岐屋です。 仙台にいた頃は、札幌便はANAさんしか飛んでなかったので(当時は、ですよ?)、いつもは千歳経由JRでってのが定番だったんですけど、高松へ越してからというもの、JALしか使わなくなりましたねぇ。 ANAの札幌直行便もなくなった事だし、羽田のターミナルが2つに分かれたお陰で、ANA⇔JALの乗り継ぎが非常に不便になったし。 でもまぁ、今までの感謝も込めて、少しはお付き合いしなきゃ――つかマイレージを積む為にも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/25 23:52
倉敷春宵あかり
春のほのかな灯りに導かれ、京都から倉敷へ。 ここ岡山県倉敷市では、今日・3月21日から25日までの5日間、美観地区を中心に、灯りのイベント『倉敷春宵あかり』が開催されます。 昨日に続いてのライトアップイベント鑑賞。 お。何だ? オイラはホタルか何かか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/21 22:59
そうだ 京都、いこう
別に一昔前、二昔前のJRのキャッチフレーズに踊らされてる訳ではありませんが――て、しっかり踊らされてるやん(笑)――ふと思い立って、京都を訪れました。 東山一帯で行われているライトアップイベント『京都東山花灯路』を見る為です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/20 23:54
ぶるぅじーんめもりぃ
皆さんは、倉敷市児島が日本のジーンズ発祥の地≠ニ云われている事を知っていますか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/16 23:48
北近畿のらり旅―城崎温泉―
せっかく北近畿に来たのに、余部鉄橋だけ見て帰るって〜のはどぉだ? てな訳で、城崎温泉で途中下車です。 2年ぶりの城崎温泉。ゆっくりしたい(ついでに泊まっちゃいたい)のは山々なんですが、まぁそうゆっくりもしてらんないので、今回は新装なった外湯『御所の湯』を目指します。 前に来た時はパスしちゃったんだよねぇ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/13 20:32
北近畿のらり旅―餘部―
鉄橋〜を渡ると 君の家が見える〜♪ (今時のコは石橋正次なんか知らんて!) 山陰本線の鎧−餘部駅間に、高さ41m、長さ309mという規模を誇る、日本一の鉄橋・余部鉄橋が架かっています。 明治45(1912)年3月に完成した余部鉄橋ですが、安全性と定時運行性を確保する為、平成22(2010)年までにコンクリート橋へと架け替わり、その歴史を閉じる事になっています。 という訳で、「なくなる前に、この目で見に行かねば」という思いがフツフツと沸き上がり――行っちゃいました(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/13 14:29
四国一周弾丸ツアー〜予告篇つーか前哨戦〜
ハイ、申し込んできましたよぉ。四国一周弾丸ツアー=c…もとい、JR四国全線乗車 最短時間ツアー≠ノ。 「募集人員15名以上20名まで」なんつー酔狂なツアーに挑むヤツなんざ、そうはおれへんやろ――そう思ってたワタクシめ、考えが甘ぉございました。 募集開始から1週間。ワタクシめ、16番目の申請者でございました。 て事はですよ。ワタクシめの申し込み以前に、ツアーは成立していた訳でありまして…… うわぁ〜……やっぱ行くのかよぉ〜……(そんなにブルーになるんだったら、申し込まなきゃいいのに) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/03/08 13:50
お世話になります
ハイ、巷で話題の『JR発足20周年・青春18きっぷ』でございます――て、誰が噂してんでしょ?(笑) 今期も買っちゃいましたぁ。 ホントに8,000円なんだぁ〜…… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/06 23:29
JR四国からの挑戦状―解決篇―
さてさて。 以前、JR発足20周年を記念して、JR四国が仕掛けた『四国一周早周りクイズ』について紹介しましたが、その正解が発表になりました。 JR四国全線乗車 最短時間は30時間25分!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/28 11:38
JR四国からの挑戦状
昭和62年(1987年)4月1日、国鉄が分割・民営化されて、今年で20周年を迎えます。 それを記念して、この春の『青春18きっぷ』は『JR発足20周年・青春18きっぷ』と銘打って、なんと特別価格8,000円で提供されちゃいます。普段の『青春18きっぷ』が11,500円ですから、3,500円もお安く利用できる訳です。もちろん安くなったからといって、ルール・制約に変更はありません。 とあるブログでは「せっかくの機会なのに、新企画が旅ものじゃないとは……」などとお嘆きのようですが(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2007/02/09 22:41
呉・大和ミュージアム
ク〜レクレタコラ〜♪ (大まつがい……) 冬の『18きっぷ』最終日、朝も早よから電車に乗り込み、どこへ向かったかと申しますと、明治から続く日本屈指の軍港・呉であります。 実はですね、社内でのムダ話の中で、呉にある『大和ミュージアム』の事が話題に上りまして、「一度は行っといた方がいい」と頑なに主張する方がおられまして(広島の方なんですけどね)、「そぉいやぁ、行った事ねぇなぁ〜。行ってみっかなぁ〜」な気持ちになりまして。 で、今回めでたく(?)呉・日帰り旅≠ニ相なりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/21 00:22
湯ったりのんびり、有馬の湯
炭酸泉源公園へ続く坂の麓に、外湯『銀の湯』があります。 泉質は炭酸ラジウム泉。『炭酸泉源』のお湯を全身で楽しめるという訳です。 入浴料は550円。でも僕には共通入館券があるので、それをカウンターに差し出すと、裏に「り」のスタンプを押してくれます。 見ると、『太閤の湯殿館』のところには「ま」のスタンプ。 ははぁ〜ん、ナルホド。これは『金の湯』に行くと「あ」のスタンプを押してくれて、「あ」「り」「ま」となる訳ですね――なんつって、押してくれるスタンプが「は」だったりしたらビックリするんだけど... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/19 00:41
有馬よいとこ、一度はおいで
JR三田駅から出たすぐ脇に、神戸鉄道の三田駅があります。そこから新開地行きに乗って有馬口まで。有馬口から有馬温泉行きに乗り換えて――乗ったと思ったらすぐに終点・有馬温泉に到着です。 駅を出ましたら……おほっ、出てる出てる。至る所から湯船……もとい、湯気が。 (こりゃ大泉サンの別府ネタかい?) 駅のすぐ隣から温泉旅館がズラリと並び、浴衣姿の温泉客が通りを歩く。 うんうん、風情やねぇ。 神鉄の駅舎は普通のビルなので、風情どこ吹く風ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/18 23:42
おゝ、タカラヅカ♪
「休みの日には天気が悪い」というマーフィーの法則=iなのか?)にドップリ嵌り、休みなのにどこにも行けず、家でジッとしとかなきゃならない日々を過ごしておりました。 「強風の為に瀬戸大橋線が終日運休って、ンなのアリかい!」 という心の叫びもむなしく、『18きっぷ』の使用期限は刻々と迫ってきております。 ……は? JRがダメでもフェリーで渡りゃあいいだろうって?  はいはい。御説もっともなんですがね。 荒天の影響は瀬戸大橋に限らず、どこもかしこも軒並みノロノロ運転でして。 何でしょう、1... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/18 22:18
帰ってきました。
雨は大阪まで降ってましたね。 機内から眺める光景は、雲海と呼ぶには雲だらけ。何ともつまらないものでした。 新大阪から新幹線で岡山へ移動。岡山に着く頃には、雨もすっかり上がり、小春日和の秋の日差しが照らしていました。 陽光に輝く瀬戸内の夕景を眺めながら、無事に帰ってまいりました。 いやぁ〜、日本は広いわ。そして遠いわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/23 22:25
帰る日・仙台・雨
いよいよお別れの日です。 これでまたしばらくは、仙台を訪れる事もないでしょう――四国からじゃ遠いからね。 朝から雨模様。今までの反動でしょうか。 つーか、この2日間よく持ってくれましたよ。天気予報では、昨日から崩れると出てましたから。 「日中はともかく、夜は降るかなぁ」と覚悟してたのに、結局一滴も降る事もなく「り」様たちを見送る事が出来ましたし。 ――て事はアレかい? やっぱり僕が雨男かい? いやいや。一昨日は晴れてたし、天気が悪くなったのはお二人が仙台に着いてからだし。 誰のせい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/23 10:48
藩士の旅が普通に終わる訳がない
帰りは順調だったんですよ。 カーナビはひっきりなしに渋滞情報を伝えてきますが、多少は緩やかでも、それなりに流れてますし。そもそも何を基準に渋滞と呼ぶのか、いささか疑問ではありますが。 このまま行けば、夕方6時……いや、6時半には仙台駅まで到着できるでしょう。 ところが。 藩士の旅が普通に終わる訳がない≠ニは誰の言葉だったのか。 僕が――というより、前の車が――急ブレーキを踏んだばかりに、後部座席で大惨事が巻き起こってました。 「どうしましたッ!?」 「……メガネが壊れました」 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/22 22:20
Back in 若柳
見事に計算が狂いました。狂いまくって狂いまくって、時計も4時を回ろうとしています。 ……4時ってかい(笑) 何とか無事に(?)若柳まで戻ってきたものの、予定していた旅行プランは丸潰れです。 これから先、岩手・厳美渓の空飛ぶだんご≠ゥっこう団子で対決とか、宮城の明治村≠ニ呼ばれる登米市界隈を散策しようとか、いろいろと楽しませるネタは用意してたんですが、こうも時間が押しちゃあそれもままならず。 おとなしく仙台へ引き返す事にします。 まぁ。 まぁまぁまぁ。 結局、丸一日かけてくりで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/22 16:08
こ、小枝師匠〜ッ!!
ぱ、ぱ、ぱ、パラダイスです! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/22 13:40
終点・細倉マインパーク前駅
ディーゼルの音も軽やかに、汽車は稲刈りを終えた田園風景の中を駆け抜けて行きます。 途中、東北自動車道や東北新幹線の高架をくぐって、のんびりと進んで行きます。 こういう風景、鉄ちゃん≠ノはたまらないんでしょうね。時代の最先端を行く新幹線と、廃線を間近に控えた「くりでん」が交差するなんてのは、実に絵になる光景じゃありませんか。 鳴らす汽笛は、最近の電車にあるような「プァ〜ン」という機械的な音じゃなく、かといってSLのような「ボォーッ」という重厚な音でもなく。どことなく心地よく懐かしい……そう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/22 13:26
いよいよ windy train に乗車
車は、国道4号線をひたすら北上いたします。 いえね、泉インターから高速に乗ったってよかったんですよ。ほんで、若柳金成インターで降りれば、目的地はすぐそこだったんです。 んでも、東北自動車道と国道4号線って、ほぼ並行して通ってますし、何よりずっと防音フェンス見て走るのって味気ないでしょ? だったら、道すがらいろいろネタ拾いしながら行った方が愉しかろうと――それが後々仇になるとも知らないで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/22 12:40
なんでこうなるかなぁ〜?
9時17分着の東北新幹線『はやて・こまち3号』で、今日の旅のゲストお二方を、仙台駅3階・新幹線中央改札口にてお出迎えいたしました。 これからレンタカーを仕立てて、くりはら田園鉄道の車両基地でもあります若柳駅を目指そうという算段です。 「朝早くからの長旅、ご苦労様でした」 「レンタカーの営業所はこちらですよ」 などなどお話し申し上げてる最中、今回の旅で主役に躍り出るべきお方、何やらゴソゴソとポケットの中やら財布の中やら必死にまさぐってらっしゃいます。 何事かとお尋ね申しましたところ、 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/22 10:06
おかえり、仙台
19時55分。政宗クンに出迎えられまして、今日の旅はゴールです。 仙山線・奥羽本線(山形線)で山形をぐるり周ったのらり旅=A福島から東北本線で仙台まで戻ってまいりました。 明日のちょうどいいウォーミングアップになりましたでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 20:14
17:41 米沢発
ひとっ風呂浴びた高畠から、およそ10分。米沢まで出てきました。福島へ向かうには、ここで乗り継ぎします。山形−福島間の直通便は朝に一本あるだけです。 で、「どうせなら山形新幹線にも乗りたいよねぇ〜」てなワガママを発揮しまして、つばさ126号で福島までまいります。 本日投入の『小さな旅・ホリデーパス』、本来なら新幹線には乗れないキップなのですが、山形新幹線に限っては、特急券を別買いする事で乗る事が出来ます。コレ、使わないテはないでしょう。 おなじみのシルバーのボディーがとても精悍。 山形新幹... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 17:48
15:55 高畠着
山形から普通列車で40分あまり。 はい。ここが今日ののらり旅≠フ目的地・高畠町であります。 こちらJR高畠駅には、『まほろば温泉・太陽館』という温泉施設が併設されてるんですねぇ。 山形から米沢へ至る途中には、蔵王・かみのやま温泉・赤湯と、近くに温泉がある駅は数あれど、みんなバスや車でン十分とかかかる、あくまで玄関口≠ナしかない駅ばかり。 これほど近くに(何せ徒歩0分)あるのは、ここ高畠だけです。も、玄関口どころか勝手口まで見渡せちゃう(笑) 『太陽館』には、レストラン『お食事処たか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 16:02
15:15発 米沢行き
いけません、いけません。遊び過ぎです。 すっかりこんな時間になってしまいました。 だぁ〜からダメなんだって。 明治とか大正とか、戦後の高度成長期の頃とか、そういう「日本が必死に頑張ってた頃」に弱いんだって知ってたでしょう? どんな田舎町だって、郷土資料館とか寄っては宝物見っけてくるの好きでしょう? ダメダメ。予定もないのにそんなトコ寄ったりしちゃ。 こうなる事はわかりきってたでしょうに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 15:20
山形城址 霞城公園
駅へ戻る道すがら、山形市民の憩いの場・霞城公園へ立ち寄りました。 玄関口である東大手門をくぐった広場には、出羽国山形藩57万石の領主・最上義光公の騎馬像があります。 最上家は清和源氏〜足利氏の流れを汲み、11代当主である義光公は、かの独眼龍∴ノ達政宗の伯父(実母の兄)にあたります。 天下分け目の関ヶ原。この戦いに乗じて、東軍に組みした山形藩に、西軍側に付いた上杉勢が攻め込みます。上杉方2万5千に対し最上方3千という大差でありながら、義光公率いる最上軍は勇猛果敢に戦い、これを撃退。過去に上... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/21 15:04
山形県郷土館「文翔館」
山形駅から歩いて20分ほど(うわ、遠!)、かつての県庁舎「文翔館」です。現在は山形県郷土館として、また、貸ホールとして利用されています。 時計塔が印象的な文翔館は、大正5年(1916年)に建てられた英国ルネサンス様式のレンガ建築物で、国の重要文化財にも指定されています。 ……は? どう見てもレンガ建築には見えない? はいはい、実は周囲をぐるりと花崗岩の石壁で覆ってるんですね。中庭に出れば、レンガ造りの建物だって事は一目瞭然です。 驚くことに、なんと昭和50年(1975年)まで、現役の県庁... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 13:38
12:56 山形着
11時46分発の仙山線快速に乗って、山形にまいりました。 ん〜……もうちょっと早く出たかったんですがね、『びゅうプラザ』の窓口が殊の外混んでまして、キップを入手するのに手間取ってしまいました。 (後から聞いたら、国内旅行の窓口じゃなく、乗車券窓口でも、お目当てのキップは買えるので、長時間待つ必要がないとの事――もっと早く言ってよ……) で、福島から飯坂温泉に向かうルートも考えたのですが、時刻表と相談してるうちに、コッチの方に飛び乗っちゃいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 13:20
ただいま、仙台
「ただいま」じゃねっての(笑) 半年ぶりの仙台であります。 いやぁ〜、1年に3回も来る事になるとは思わんかった(笑) (うち、1回は純然たる仕事で、ですけど) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 10:26
行ってまいります。
て、もう出かけちゃってるんですけど(笑) いやいや、スゴいですねぇ。満席ですってよ(*_*) 連休って訳でもないのに。 ――なんて、自分の事は棚に上げて、勝手な事をほざいとりますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 07:36
夜のエアポート
いやぁ〜、なんざんしょ。 まるでムード歌謡か何かのタイトルみたい(笑) 欧陽菲菲かテレサ・テンあたりが歌ってそう(爆) そんな訳で(どんな訳よ?)ワタクシ讃岐屋、大阪は伊丹空港へと出向いております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/20 20:34
紀州路のらり旅 ―貧乏旗本の三男坊―
例によって例のごとく、昨夜は隠れ家に逃げ込みまして。 日を改めて(ついでに月も改めて)、紀州徳川家の居城・和歌山城を目指して、大阪を出発です。今日は、さほど急いで向かう必要もなく(あまり早く着き過ぎても、どこも開いてませんから)、07:30発の紀州路快速で向かいます。和歌山到着予定は09:02。 昨夜の雨も何処へやら。どピーカンとも云える快晴です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/25 15:00
紀州路のらり旅 ―南紀白浜・温泉三昧―
紀伊田辺から10:50発の新宮行き普通列車に乗って、11:03 白浜に到着しました。時間にして13分、距離も10q程しか離れてない。あら、案外近いのね。 駅はリゾート地らしく随分と立派で、バスやタクシーで溢れてますが、駅前商店街は「ほぇ?」と思うぐらい、数軒の土産店・飲食店しかありません。まるで田舎の新幹線駅にポンと放り出された感じ。 よく「南紀白浜」と呼ばれますが、駅名は「白浜」なんです。 ちなみに紀勢線、「紀伊」と付く駅はいくつもありますが、「南紀」と付く駅は一つもありません。 28... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/21 16:21
紀州路のらり旅 ―武蔵坊は紀州の生まれ―
旅に出るから、青春18きっぷを買うのか。 青春18きっぷを買ったから、旅に出るのか。 ニワトリが先か、卵が先か。思案のしどころ。 「さ」にござります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/17 18:50
走れ僕の windy train
JR石越駅から宮城県北の穀倉地帯を横切り、山間にあるテーマパーク「細倉マインパーク」までを結ぶ全長25.7qのくりこま田園鉄道は、宮城県内を走る2つの第三セクター鉄道のひとつです。 (もうひとつは、旧国鉄丸森線から転換した阿武隈急行鉄道。阿武隈川沿いに、宮城県柴田町と福島市を結んでいます) そのくりでん≠アとくりはら田園鉄道ですが、減り続ける利用者に歯止めが利かず、さらに宮城県からの補助金が大幅に削減される事態を受け、会社は営業継続を断念。明くる平成19年3月をもって廃線・バス転換と決まり... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/12 11:10
四国三郎に会いに行く
といっても、別に親戚のおじさんの話じゃありませんよ(笑) 霊峰・石鎚山に源を発し、四国の屋根・四国山地に沿うように流れ、紀伊水道へと注ぐ吉野川の事であります。 日本三大河川の一つである吉野川は、利根川が「坂東太郎」、筑後川が「筑紫次郎」と呼ばれてきたように、親しみと畏敬の念を込めて「四国三郎」と呼ばれてきました。 道路事情がまだ発達していなかった時代の交通の要であり、生活の支えでもあり、たとえ幾度もの氾濫でこっぴどい目に遭わされようとも、流域に住む人々の暮らしにとっては切っても切れない大切... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/08 13:50
トリオ de のらり旅 ―四国さん最後の試練―
いよいよ彼らが帰る日になりました。3泊4日――短い合宿でしたね。 聞けば、帰りも深夜バスとか。なかなかに強の者≠ナす。 アナタ方ね、何を好き好んでそんな荒行を……(笑) で、この大事な最終日に、ワタクシめは仕事でございます。 ですんで、ワタクシめが出勤中、彼らには自由行動としてもらいましょう。 まぁ、なかなかに詰め込み過ぎな感もある日程をこなしてきたんで、せいぜいがお土産品買うくらいでしょう――なぁんて思ってたら、彼らの(つか、Y君だけですが)行動力を侮ってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/08/25 12:10
トリオ de のらり旅 ―しまなみ・尾道・タコの味―
しまなみ海道も半分を渡りまして、多々羅大橋から先は広島県に入ります。シトラス王国・生口島に上陸。時計は午後1時をまわりました。 生口島南ICで降りまして、周囲わずか30q程しかない島内を時計回りに回って行きます。 瀬戸内と聞くと柑橘系果実、それもミカンを思い浮かべがちですが、生口島はレモンで有名です。国産レモンの大部分は、ここ生口島産のものです。以前訪れた時は、たわわに実るレモンを見る事ができたのですが、今回は時期的に収穫が終わってしまったのか、実が成っているのはお目にかかれませんでした。で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/24 20:31
トリオ de のらり旅 ―瀬戸内・しまなみ・潮の香り―
「よぉ〜し、タコ食いに行くぞぉ〜!」 この掛け声とともに起き出したのが、朝8時。 ……遅いって。 昨日の荒行(笑)が明らかに影響しています。 目は覚めてんのに、体が起きないもの。お陰で二度寝。せっかく6時に目が覚めたのに、気が付いたらこの有様。 昨日は青春18きっぷを投入しましたが、今日は愛車プロシードマービーで、しまなみ海道を巡ります。高速をひた走り、今治から尾道へ――『サイコロ6』で、どうでしょう班が回ったコースとは逆ルートです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/23 16:58
トリオ de のらり旅 ―不戦の誓い・廣島―
大雨と落雷のお陰で、大幅に遅れた電車が広島駅に着いたのは、夕方の4時を回っていました。その頃には、あの大雨もすっかり上がっちゃいましたね。 駅前からは、市電で平和記念公園へ向かいます。西広島までの市内区間は150円の均一料金です。 その名もズバリ、原爆ドーム前で下車。すぐ目の前に、原爆ドームが建っています。 老朽・風化による崩壊の危険性から、幾度目かの改修工事を終え、少しはシャンとしたように見えます。今はぐるりと柵で囲まれています。 K、実はこの原爆ドームには一度来たいと思っていたそう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/22 13:49
トリオ de のらり旅 ―宮島で世界遺産を堪能―
「なぁなぁ。広島と宮島行こうと思ってんだけどさぁ、明日行く? 明後日?」 「ん〜……明日かなぁ〜」 「んじゃ、明日ちょっと早起きね。て事で、しまなみ海道は明後日だ」 てな訳で、恒例の青春18きっぷ投入決定です。 にしても…… 四国にいながら、ちっとも四国を案内しようという気がありません(笑) 彼らにしてみれば四国に寝に来てる¥態です(爆) ……ベースキャンプっすか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/15 20:53
トリオ de のらり旅 ―友、遠方ヨリ来タリテ饂飩ヲ喰ラフ―
10日から昨日まで、わが僚友2名(鎌倉方と横浜方。便宜上「K」「Y」と略します。当然どうでしょう藩士=j、そして目に見えない方≠P名(笑)が、盆休みを利用して遊びに来ました。 で、せっかく四国まで遊びに来たんだから、アチコチ引きずり回してやろうじゃないか――と。 まぁ、コッチは盆休みなんか縁遠いんですけど(泣) んでまぁ、今回は『トリオ de のらり旅』という事で―― あ、もう一人の見えないお方≠ナすか? 四国に来たって事で、アチコチのお寺にいるお仲間のトコへ挨拶回りに出かけたみた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/14 15:37
東讃のらり旅
方々のらり旅≠オてる讃岐屋ではございますが、足元を見ておりませんでした。足元――はい、ちっちぇえ香川県です(爆) 足元を見てないってのは本家『どうでしょう』さんと同じ。だからといって『北海道212市町村カントリーサインの旅』よろしく『香川17市町めぐりの旅』なんてのはしませんよ(笑) いえね、有名処は行ってるんですよ。瀬戸大橋だって屋島だって見に行ってるし、金毘羅さんだって、観音寺にある銭形の砂絵だって見てる。見てるけど――まだまだ見てない場所があるんですね。 特に東讃。さぬき市・東かが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/06/28 02:21
びわこ花噴水
湖国巡りのシメは、大津の「びわこ花噴水」です。 「びわこ花噴水」は、大津港の沖合防波堤に設置された、高さ40m・横幅440mにも及ぶ大噴水です。12時と18時の2回(土日祝日は15時にも)、約1時間にわたって、右に左にと変幻自在な水のシンフォニーが楽しめます。第2・4水曜日と悪天候の時はお休みです。 断然オススメなのは18時の回。 3色の光にライトアップされ、それが湖面に美しく浮かび上がるのです。いつまで見ていても飽きません。 今回の「のらり旅」のエンディングを飾るにふさわしいイベントじ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/26 19:14
天下の名城・彦根城
長浜の街をすっかり堪能した私め、気づけば時計は3時をとうに回っていました。 お蔭で、多賀大社まで足を伸ばそうと思っていた計画、バッサリとカットする事に。 多賀大社といえば、国生み≠フ大業を成し遂げた夫婦神、伊邪那岐大神(イザナギノミコト)と伊邪那美大神(イザナミノミコト)を祀る、「縁結びの神様」としても有名。計画の甘さというか、時間の都合で、そこに参拝できなかったという事で…… かあちゃん。オイラの婚期、また遅れるよ(笑) これ以上遅れてどうすんの ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/26 16:48
中世・近代日本の礎 長浜
長浜は、かつて今浜≠ニいう地名でした。 元は湖北一帯を支配していた浅井長政の領地でしたが、浅井氏滅亡後の天正元(1573)年、浅井長政・朝倉義景の連合軍に勝利した「姉川の合戦」とそれに続く小谷攻めでの功績により、その大部分が羽柴(豊臣)秀吉に与えられました。これが秀吉に初めて与えられた領地です。 一時、小谷城に入った秀吉ですが、すぐにこの今浜の琵琶湖岸への築城を始め、地名も長浜≠ニ改めました。秀吉があえて湖岸に築城した理由は、琵琶湖の舟運を重視した領国経営にあったと考えられています。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/03/26 13:12
宿場町・草津
東海道と中山道の分岐点である草津の街は、古くから交通の要衝として栄えた、西国一の宿場町でした。 江戸天保年間には、諸大名の休息・宿泊の場である本陣が2軒、随行者が泊まった脇本陣が2軒、旅籠屋72軒を数え、大いに賑わっていました。 ただでさえ多くの旅人で賑わう宿場なのに、江戸と京都・大坂を結ぶ主要街道が2本も通ってるんですから、その賑わいも2倍。西国一の宿場に発展したのも頷けます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/26 12:06
かなりのビジュアルです!
2階展示室に入って、真っ先に目を惹くのが、この黄河象の化石レプリカです。 今から200〜250万年前に生息していたとされる象で、アフリカゾウより二回りほど大きな象(肩の高さが約4m)だったようです。 琵琶湖一帯の古琵琶湖層群と呼ばれる地層からは、黄河象によく似たミエゾウ≠ニいう象の化石が見つかっています。どうやら黄河象の亜種だったと考えられています。 それより驚きなのは、そんな連中が、この琵琶湖一帯を闊歩してた時代があったという事ですね。北の方ではナウマン象だマンモスだと発掘されてて――... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/26 10:30
琵琶湖博物館
堅田から対岸の守山まで、全長1,400mの琵琶湖大橋が架かっています。 「どうせなら琵琶湖を渡ってみたい」と思うのが人の常(そぉかぁ?)。堅田駅前から守山駅前行きのバスに乗ります。 堅田−守山間、時間にして約35分。運賃500円。 ですが……その……渡ってガッカリ。 いえね、橋そのものはまんざらでもなかったんですよ。ただ……ですね、メインイベントである琵琶湖大橋が、いともあっさりやってきてしまい、これまたいともあっさり渡り終えてしまったんです。堅田駅前を出て10分もかかったでしょうか。後... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/26 09:36
堅田・浮御堂
京都に着く頃には、空は白々と明けてきました。 山科を出て、長いトンネルを抜けると、家々の屋根越しに、陽光にきらめく琵琶湖が見えてきます。思わず「おぉ〜っ」と声が洩れましたね。これは期待できるかなぁ、と思ったら、途端に曇ってきました。 おかしいなぁ。天気予報じゃ晴れるはずなんだけどなぁ。 まぁ曇りのち晴れ≠セから後半に期待しましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/26 07:52
そして神戸
深夜0時30分に高松東港を出航してから約3時間半。定刻の4時10分、神戸新港に到着です。 とはいっても、まだまだ夜明け前。遠く神戸市役所の灯りが見える程度です。 ここからシャトルバスで10分程度で、JR三ノ宮駅前に着きます。料金200円。港から歩いても20分ほどで来れるそうですが、夜更けの真っ暗な街をトボトボ歩くような酔狂なマネ、どこの誰もやりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/26 04:56
いよいよ出発です。
というか出航です(笑) さぁ、讃岐屋の新しい「のらり旅」はいったい何処へ向かうのか?――て、見ればバレバレですがな。 今回の春の青春18きっぷ、ここまでロクな使い方してません。つなぎ≠フ交通手段と申しますか、「コレ使えば交通費浮くからいいや」的に使ってるのがほとんどで、何処かへ旅しようと使った事がほとんどありません。 なので、最後くらいはキチンと旅に使おうと――つか、この4回全部を目的≠ナはなく手段≠ニして使ってしまった時点で、余らせてはいないけど「負け」です。 もったいない使い方... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/26 00:04
みちのくぅ〜のらりぃ〜旅ぃ〜♪
(別に演歌歌手願望はないんですが……) わたくし讃岐屋、「仙台へ行ったなら、ここは行っときたいっ!」て場所がいくつかありまして…… んで、行ってきました。 私めが住んでおりました10年前に比べ、街の様相は大きく変わりました。特に、何もなかった駅東口は、すっかり拓けちゃいましたもの。当時は、駅東口≠ニ云うよりは駅裏≠ニ呼んだ方がいいくらい何もなくて、ギリギリ『ヨドバシカメラ』があったくらいですかね(場所も規模も全然違いましたけど)。それが今じゃすっかり活気づいて、下手すりゃ西口より賑わっ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/11 19:17
神戸空港は使える°港?
皆さんご存知の通り、2月16日、神戸空港――愛称マリンエア≠ェ開港しました。 これにより「関西圏3空港時代の幕開け」と大々的に宣言しておりますが(「関西3空港」って、じゃあ南紀白浜空港や但馬コウノトリ空港の立場はどうなる?てな文句は、どこからも上がる事もなく。「関西≠ニ近畿≠ヘ違う」と割り切ってるんでしょうか)、肝心なのは、利用者にとって使い勝手のいい空港なのかどうかという点でありまして…… 不詳……もとい、不肖この讃岐屋、実地検分して参りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/09 23:40
キタ――― {{{o(>_<)o}}} ―――ッ!!
――て、『恐怖新聞』かい(笑) そして、買ったのは自分だ(爆) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/02/27 22:51
いきなり(笑)松山・道後のらり旅
さてさて。映画も終わって。 時間的にもお昼時。何か食べたいなぁ〜、と店を探しに行こうとした時――ソイツは胡散臭い笑みを浮かべてました。 どぉ〜もぉ〜、フランキーコバヤシでぇ〜す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2006/02/24 18:47
プレイバック(笑)東海のらり旅 ―音楽の街・浜松―
実は、今回の旅の前にも一本、旅に出てました。行き先は静岡県浜松市。 もうだいぶ間が空いちゃったし、これといって観光らしい観光もしなかったし(浜名湖なんかにゃ見向きもしなかったし)、名物のうなぎも食べなかったし(食っても駅弁だし)、「まぁ、いっかぁ〜」と、そのまま放置してたんですが、名古屋篇を書いたんで、そのおまけとして(笑)思い出し思い出し、ちょこちょこ書いてみます。 ……はい? なんで浜松なのかって? う〜ん……なんででしょう?(笑) たぶん指差されて笑い飛ばされる理由、気の迷いって事で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/01/24 22:20
東海のらり旅 ―名古屋はうみゃ〜土地だなも―
あれ、名古屋弁ってこんなでしたっけ?(笑) そんな訳で今回の旅は、深夜バスによるダメージ(むくみっぱなしの足、痛くて曲がらない膝)を抱えたまんま、「見る」より「食う」に重点を置いた旅になってしまいました。 実質一泊二日にしては詰め込み過ぎた感もあります。もう一日休みが取れてれば、もっとゆったりとした旅行になってたでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/20 23:51
ひつまぶしキタ―――(^o^)―――ッ!!
名古屋に来たからには、ひつまぶし。 どうせ食べるなら名店で。『いば昇』にするか『あつた蓬莱軒』にするか、悩みどころだったんですけどね。 決め手は三杯目。『いば昇』さんはお茶をかけるんですが、『あつた蓬莱軒』さんは出汁でいただく。この「出汁で」って味が想像つかなかったんで、『あつた蓬莱軒』さんに決めました。ちょっと遠いんですけどね。 JR東海道線・熱田駅下車――名鉄・神宮前駅や地下鉄名城線・伝馬町駅の方が、断然近いんですけどね。「青春18きっぷを有効に使う」って決めちゃいましたからね。……歩... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/01/20 14:02
尾張徳川家の栄華
JR中央本線に乗りまして、途中の鶴舞で降りたくなる衝動をぐっと堪えて(笑)、その二つ先――名古屋から5つ目の大曽根駅下車。新駅舎工事中の南口から出まして(北口や近鉄・地下鉄で来ると、少し遠回りです。といっても、ほんの数百mですけどね)、広い4車線の通りを左に折れて歩く事、約10分。 かつて尾張藩主の別邸があった徳川園の一角に、徳川家二十代の栄耀栄華を一手に集めた、徳川美術館があります。 すごいッスねぇ。町名まで「東区徳川町」(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/20 10:42
東海のらり旅 ―夜の名古屋を右往左往―
さて、夕食をいただく為、夜の街に出陣です。行き先は……実は、目ぼしい店をリサーチ済みなんですよ。名物だらけの名古屋の味、まだまだ征服しなきゃなりません。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/01/19 23:06
どぉ〜もぉ〜お母さぁ〜ん! 讃岐屋でぇ〜ございます。
どうでしょう藩士なら、名古屋に来てココに寄らなきゃウソでしょう! つーか、この為に名古屋来たんですから(笑) という訳で、小倉トーストをおみまいされに行ってきまぁ〜す! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/01/19 15:42
南極観測船「ふじ」
んじゃ、今から南極へ(笑) 地下鉄名港線の終点・名古屋港駅から水族館・海洋博物館(ポートビル)方向へ歩いて行くと、オレンジの船体が特徴の南極観測船「ふじ」が見えてきます。 「ふじ」は、南極観測船としては2代目。昭和40年(1965年)就航以来、3代目の「しらせ」と交代するまでの18年(第7次〜第24次)にわたって、観測隊員たちの夢と成果を乗せて、日本と南極・昭和基地との間を幾度も往復しました。 「しらせ」は、昨年12月25日現在、昭和基地沿岸に停泊中です――行ってたんですね〜、観測隊。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/19 14:08
味噌カツ喰うなら『矢場とん』で
味噌カツ食うなら、『矢場とん』行かなきゃウソでしょう! ――と、誰がほざいたかは知りませんが、言われたからには行かねばならぬ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/01/19 13:08
国宝・名古屋城
市役所本庁舎の斜向かい、ドデンと広がる名城公園の中心に位置するのが、尾張徳川家の居城・名古屋城であります。 慶長14年(1609年)、徳川家康が加藤清正・前田利光ら北国・西国の諸大名に普請を命じ、3年後の慶長17年にほぼ完成を見た平城です。明治を迎え、取り壊しも取り沙汰されましたが、地元政財界の献身的な運動もあって、今もなお当時の姿を残しています。 とはいえ、太平洋戦争末期・名古屋空襲でほとんどの建物を焼失。現在の天守閣は、昭和34年に再建されたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/19 11:00
大泉洋伝説(笑)
名古屋駅から地下鉄東山線で栄へ、名城線に乗り換えて市役所駅下車。随分と味のある市役所本庁舎の脇を通り、清水橋を渡ってすぐの道を右に折れ、ほんの少し行くと、赤レンガの外壁も鮮やかな三階建ての建物が見えてきます。 大正11年(1922年)に建築され、昭和54年(1979年)まで控訴裁判所(今でいう高等裁判所)として使われていた建物です。現在は市政資料館として、市政や司法の歴史などを展示しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/19 09:52
名古屋限定(笑)東海のらり旅 ―困った時のネットカフェ―
そんな訳で、6時10分に名鉄バスターミナル着のはずが、なんと5時半前に着いてしまったという、「巻くにしても限度があるだろう!」的状況下で、名古屋の寒空に放っぽり出されてしまいました。 予想していたとはいえ、店なんかどこも開いていない。観光するには間が空きすぎる。 まぁ、そんな時はネットカフェに避難するのが一番ッスね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/01/19 07:41
キビシ〜ッ!!
予定を30分以上巻きやがったよ。 こんな時間に放り出されて、どうするよ!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/19 05:36
護送バス車内
乗客は、ほとんどいません。わずかに9名(笑) そして、暑い。 乗車して20分、早くも汗ばんで参りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/18 23:34
南四国・のらり旅 ―第3夜―
二泊三日で高知から南予を巡った旅も、いよいよ終わりの時を迎えました。 夕刻16時42分の特急宇和海18号で松山に向かい、17時25分発のいしづち28号に乗り継ぎます。 一本遅らせて道後温泉というテもあったんですが……温泉より『トリビア』を取っちゃいましたぁ(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/30 23:15
嗚呼、大正浪漫 ―内子―
大洲から特急でほんの一駅、およそ10分で内子に到着します。 内子は、江戸から明治にかけて和紙と木蝋で栄えた街で、宇和や大洲と同じように白壁の街並が続きますが、商家が軒を連ねるという他の街にはない特徴があります。 駅舎も町のイメージを意識して土蔵風の造りになっています。駅前広場には、昭和45年に退役するまで内子線を走っていたC12型蒸気機関車が展示されています。 ずっと曇っていた空模様も、ここへきてようやく陽が差すようになってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/30 20:42
背中合わせの明治・大正 ―大洲―
宇和から大洲までは特急で20分あまり。 うわ! アンパンマン列車や!! 車両側面では食パンマンさまが空を飛び、ドキンちゃんが微笑んでます。車内の天井でもカレーパンマンが宙を舞い、バイキンマンが何か企んでます。 ちょっと恥ずかしいです。 検札のスタンプもアンパンマンです。 案外恥ずかしいです。 車内アナウンスのチャイムも「アンパンマンのテーマ」です。 結構恥ずかしいです。 さぁさぁ、列車は間もなく大洲に着きますよ。気を引き締めて旅を続けましょう。愛と勇気だけを友達に(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/30 17:45
昭和に出逢う旅 ―宇和―
宇和島を8時32分発の特急宇和海6号で出まして、およそ20分。宇和島藩唯一の宿場町として栄えた宇和へと向かいます。今日はその後、大洲・内子と巡る予定です。のらり旅≠ニ呼ぶにはちょっと忙しない、駆け足気味の旅になります。 詰め込み過ぎたかなぁ。 今日は四国フリーきっぷの本領発揮。特急を乗り継ぎ乗り継ぎで参ります。 この2日間晴れてた空は、ここへきて曇りました。たまに雨もパラつきます。ちょっと肌寒いです。「曇りのち晴れ」の天気予報を信じて、午後に期待しましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/30 11:43
南四国・のらり旅 ―第2夜―
う〜ん、打棒が振るいませんなぁ。 思いもかけない発見があったりしてるんですが、基本的にはアテが外れてるような気がしてなりません。なんか、ガッカリ旅の様相を呈してきましたよ。 打率1割8分。2割にも届かない。 この旅が終わった時、何が印象に残るんでしょうか。 ライトアップされ、夜空に浮かぶ宇和島城が恨めしいです…… まぁまぁまぁ。そうは言っても、今日は移動で終わっちゃうのは予定通りですから。 ん〜、もうちょっと打率上げてやってもいいかな。1割8分2厘くらい――て、たったの2厘かよ(笑)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/29 23:01
♪川〜は 流〜れ〜て……
どこどこ〜行く〜の〜♪ てか(笑) 須崎から窪川までは特急で25分程。そこからJR予土線で宇和島へ向かいます。 列車は四万十川と並行して、右に左に、上に下に(下は違うっ!)、くんずほぐれつ(それも違うっ!)進んでまいります。 それにしてもこの列車――列車と呼ぶのもどうなんだろう? 1両編成のワンマンカー。シートは対面ベンチシート。トイレはありません。それでもって、各駅停車で宇和島まで2時間あまり。 ……通勤電車じゃないんだからさぁ。この車両は郊外型には不向きなんじゃない? じゃなかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/29 21:09
どぉ〜だ これが鍋焼きラーメン≠セ!
2日目は、高知から宇和島へ向かいます。 正月帰省用に買い忘れた(というか、本日発売の)キップを買う為、10時まで足止め。乗る予定の特急南風3号が出るまで、約1時間半ほどの待ちがあります。その待ち時間を利用して、どこか見学にでも行くつもりでした。 が、とっくに出たはずの南風1号が、人身事故に伴なうダイヤの乱れとかで20分ばかり到着が遅れてると聞いて、ラッキーとばかりにそれに飛び乗っちゃいました。 ところが大失敗。 これに乗ろうが当初の予定通りにしようが、窪川から宇和島に向かう接続列車は同じ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 3

2005/11/29 13:18
南四国・のらり旅 ―第1夜―
後免で再びJRに乗り換えまして、15時16分、高知に着きました。 う〜ん……ヤラレてますなぁ。空振ってますなぁ。 実りがあったのって、土佐くろしお鉄道の漫画列車≠セけかい? それって、あまりにあんまりじゃないかい? ……いかんいかん、気を取り直してまいりましょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/29 08:28
決まり手は肩すかし
安芸で有名なのは、この野良時計。 まだまだ各家庭に時計が普及していない明治20年、時計に興味を持った地主さんが、アメリカから取り寄せた柱時計を何度も分解・組み立てを繰り返して時計の構造を覚え、部品の一個一個を一人で作り上げ、完成したのがこの大時計とか。 以来、誰ともなく野良時計≠ニ呼ばれるようになったんだとか。 いやぁ〜……スゴイなぁ。尊敬に値しちゃうなぁ、明治人の気質ってのは。マギー審司が「でっかくなっちゃったぁ!」とやるのとは訳が違う(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/28 19:03
ガタゴト列車はメルヘンを乗せて
四国三郎≠フ異名を持つ吉野川の上流奥深く。淘々と流れる中下流域とはがらりと印象が違い、急流に深く刻まれた渓谷に、四国有数の景勝地でもある大歩危(ぼけ)小歩危があります。 「歩くのも危ない程切り立った崖」が大小揃ってるから、大歩危・小歩危≠ニ云う。 秋になると、紅葉に映える渓谷美に誘われて、多くの人が訪れる場所でもある。 ……そんなに綺麗じゃなかったなぁ。まだ早いのかなぁ。それとも今年はダメなのかなぁ。多少色付いてはいましたが、樹々はまだ青々としてましたね。 残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/28 13:50
ひあ うぃ ごぉ♪
さぁさぁさぁ。お待ちかね、旅のはじまりですよぉ。 8時8分発の特急しまんと3号で高松を出発。ディーゼルの音も軽やかに(さすがに四国山地越えは電化されてねぇか)、高知の手前・後免まで参ります。到着予定は10時19分。 そこから、土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」に乗り換えて、安芸市まで行きます。 途中、四国一の難所である大歩危・小歩危渓谷を通ります。紅葉の名所なんですが、はたして綺麗に色付いててくれてるでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/28 09:18
南四国・のらり旅 ―出発前―
≪僕はまた旅人になる≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/28 03:09
旅注意報発令!!
JRグループさん、またぞろヤバめの企画きっぷを発売する。 その名も「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」。 10月1日(土)から16日(日)までの間なら、JR全線の普通・快速列車の普通車自由席&宮島航路が乗り降り自由なきっぷ――いわば「青春18きっぷ」のミニ版だ。期間もミニなら回数も3回とミニ。 趣旨は『10月14日の「鉄道の日」に合わせて、親しみやすい普通列車の旅を満喫していただくため』だそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2005/09/19 13:20
≪宿神様≫ハイパーホテル千歳
新シリーズです。 讃岐屋が日本全国方々を泊まり歩き、「この宿はオススメなんじゃないかな」「この宿は面白かったゾ」という旅館・ホテルを、独断と偏見で御紹介してきましょう――てな趣旨です。 まぁ、気が向いたらのアップになりますが、よろしくお引き立ての程を。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/17 17:09
実録・陣取り合戦 ―秘密兵器と後遺症―
今回、「軍資金の範囲内でのバス利用可」というルール改正を受け、これを使わない手はないと思ってました。さぁ、何処で有効打を放つか。これが問題です。 のっけから深夜バス? いやいや、リスクが大き過ぎる。この軍資金の中から食事代を捻り出さなきゃならない。突発的な何かがあった為に、少しは残しとかなきゃならない。それなのに、いきなり高松−東京間の深夜バス代1万円を捻出したら……名古屋便にしたところで、6,000円近くを支払わなきゃならない。よしんばそれを利用したところで、有効打たりえるかというと、それは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/09/13 12:43
実録・陣取り合戦 ―オトナの修学旅行―
「テメェ、讃岐屋ぁ! 奈良なんかで遊んでんじゃねぇぞぉ!! さっさとどっか行けやぁ!!」 という「陣取り戦士≠ヘツラい目キツい目に遭ってナンボ」的意見の渦巻く中、 「てやんでぇ! テメェらの思い通りになんざ、なってたまっかよぉ!!」 ――とは思わなかったですけどね。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/09/12 22:03
実録・陣取り合戦 ―護送列車ラプソディー―
前回、『ムーンライトながら』の事を夢の列車≠セなんて書きましたが……ユメもチボーもありませんでした(泣) あるとしたら悪夢。 では、その悪夢の一夜の一部始終、皆さんにお見せしましょう。 物語は日付の変わった9月4日。時刻は深夜1時6分。夜行快速『ムーンライトながら』が到着する小田原駅のプラットホームから、(チョ〜ン!)始まりまするぅ〜!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/09/12 16:51
実録・陣取り合戦 ―ひとり民族大移動―
わしゃアンドレ・ザ・ジャイアントかい!(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/12 10:05
実録・陣取り合戦 ―罠にハマる―
練りに練ったプランは、ここまで順調に来てます(いいの! 順調なの! そう言い張るの!! クスン)。このまま緊急ミッションも乗り切って、順調なペースのまま明日を迎えたいところですが、はたしてうまく行きますかどうか…… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/09/11 23:07
実録・陣取り合戦 ―移動がメイン―
ガタタン……ゴトトン…… 夢のゆりかごは、優しい調べを奏でながら、東へ東へと向かって行きます。 ――なぁんてメルヘンチックな事はこれっぽっちもなく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/11 12:41
実録・陣取り合戦 ―苛酷な旅の幕開け―
「何が起こるかわからないから旅なんだ」 タレントにして旅の巨匠(笑)大泉洋さんは、かつてこうおっしゃいました。 願わくば、想定の範囲内でお願いします…… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/09/11 01:37
実録・陣取り合戦 ―開戦前夜―
さて。BIGLOBE動画コンテンツ御自慢の、ブログ連動型旅行バラエティ「トラックバック・オーライ」の企画第2弾『逆襲の北海道! 14支庁完全制覇の旅!!』、あ〜んど、その裏企画『日本列島陣取り合戦の旅』のすべてが終了いたしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/09/10 14:56
讃岐屋のらり旅 2005・夏 ―福山篇・その3―
≪おもしろ博物館めぐりの旅≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2005/08/28 13:57
讃岐屋のらり旅 2005・夏 ―福山篇・その2―
≪福山文化ワールド≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/28 13:55
讃岐屋のらり旅 2005・夏 ―福山篇・その1―
≪小雪ぃ あンちゃん 福山です≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/28 13:54
讃岐屋のらり旅 2005・夏 ―明石篇―
巷に溢れる青春18キップ関連の本。何気にパラパラと立ち読みしてたところ、次の一文が目に飛び込んできました。山陽本線・舞子駅  明石海峡大橋まで徒歩5分え? 徒歩5分? そんなに近いの? 地図やらガイドブックやらを見たら、本当に目と鼻の先みたいだし、近くには興味を引きそうなものがアレコレありそうだし。 旅レーダーがピコ〜ンと反応しました。 こぉ〜れは行っといても損はないでしょう――という訳で、お盆だというのに出かけてまいりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/14 00:37
冬の大阪・のらり旅
≪隠れ家み〜っけ♪≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/07 13:02
冬の但馬路・のらり旅 ―最終夜―
≪ゆのくに城崎 後にして≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/02/05 00:27
冬の但馬路・のらり旅 ―第6夜―
≪朝から晩までカニ in my 胃袋≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/04 00:28
冬の但馬路・のらり旅 ―第5夜―
≪外湯めぐり 温泉三昧≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2005/02/03 02:36
冬の但馬路・のらり旅 ―第4夜―
≪文学に酔いしれ、伝統工芸に心奪われる≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/02/02 04:05
冬の但馬路・のらり旅 ―第3夜―
≪ローカル線の旅は駅弁を抱いて≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/01 19:35
冬の但馬路・のらり旅 ―第2夜―
≪姫路城で暴れん坊将軍≠イっこ≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/31 16:34
冬の但馬路・のらり旅 ―第1夜―
≪降って沸いた4連休≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/30 17:04
JRの甘〜い罠〜♪
あたし 青・春・18キップ♪ 日本全国5日間 普通列車に乗り放題……って言うじゃなぁ〜い♪ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/09/10 23:59
1泊2日・長州生き地獄ツアー ―後枠―
自業自得のつっら〜い山口旅行でしたが、時には笑える事件に出くわす事もありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2004/08/18 07:34
1泊2日・長州生き地獄ツアー ―最終夜―
≪ ほわいと すねぃく かもんっ ≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/08/18 04:18
1泊2日・長州生き地獄ツアー ―第6夜―
≪ 萩市内ほっつき歩記・2 ≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2004/08/17 13:32
1泊2日・長州生き地獄ツアー ―第5夜―
≪ 萩市内ほっつき歩記 ≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2004/08/17 13:25
1泊2日・長州生き地獄ツアー ―第4夜―
≪ たびぞークン、無念の敗退 ≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/08/16 12:14
1泊2日・長州生き地獄ツアー ―第3夜―
≪ 宿神様、謀反でござる ≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2004/08/15 14:46
1泊2日・長州生き地獄ツアー ―第2夜―
≪ 山陽道 死の行軍 ≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2004/08/14 23:33
1泊2日・長州生き地獄ツアー ―第1夜―
≪ のっけからつまづく ≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/08/13 16:53
1泊2日・長州生き地獄ツアー ―前枠―
そんな訳で(どんな訳だ?)、行って来ました。1泊2日・萩の旅。 え? 目的ですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/08/12 07:21

トップへ | みんなの「旅行」ブログ

INFOMATION

10/21、鳥取県中部を襲った地震で、多方面に多大なご心配をおかけしてます。

被災地である倉吉方面は大変な事になってますが、米子は至って無傷です。



コメント&トラックバックありがとうございます。
気持玉にも感謝です。
「オラにもっと元気玉を!!」
 (↑ 超まつがい……)
「オラにもっと現ナマを!!」
 (↑ はかない願望……)

反面、記事の内容とまったく関係ない物もチラホラ。
来る者は拒まず、サル者
ウッキッキー!!≠ネブログですが、記事の内容とは無関係なもの、他所様の記事をただ引用羅列しただけのもの、商目的のもの、こちらが不適切だと判断したもの等については、勝手ながら掲載を遠慮させていただいております。
(特にトラックバックに関しましては、記事反映までにお時間をいただいております)
この場を借りてお詫びいたします。
ごめ〜んねっ♪と
「本気で謝る気ねぇべ!?」
「あ。わかるぅ?」



♪ココも見てネ♪

ご存知!本家本陣
水曜どうでしょう

ミスターとチームNACSが
所属する事務所ですCREATIVE OFFICE CUE

TEAM NACS公式サイト
TEAM NACS公式サイト


ほんのちょっとだけ
親しくさせていただいてる
マンガ家さんです。
モチロンどう民=i笑)
谷村まりかHP



『月刊キスカ』(竹書房 刊)
5月号(4/8発売)より
新連載
『ミスキャスト!』
はっじまっるよぉ〜ぃ!!

画像
『ほけんのせんせい』
コミックス 全8巻
絶賛発売中!!
讃岐屋が行くわよっ☆ 旅行のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる