讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 撤退へのカウントダウン

<<   作成日時 : 2014/08/14 22:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

数日前、成田撤退に揺れるスカイマークってのを記事にしましたが、今日(14日)、10月26日以降の冬ダイヤが発表になりました。
成田3路線の運休は予定通りでしたが、茨城−中部便の運休も併せて発表されました。
そして。その上で。
この4月に就航したばかりの米子−羽田便と米子−札幌便の直行便を、神戸空港経由の運行に切り替えると発表。
つまり、羽田便と札幌便は事実上の廃止、と。
これって実質米子撤退準備と言ってもいいよね?
そぉ〜かそぉか、そうきたかぁ〜……


平井伸治鳥取県知事は、8日の定例会見で「幹部職員をスカイマーク本社に派遣し、西久保愼一社長に路線維持を要望したところ、米子事務所を廃止する考えはないと明言した」と述べています。
が、現場からは

        「社の実情が見えてないのか。ウチのどこにそんな余裕がある?」

        「あれは社長の願望。というか夢≠セから」

        「社長がどう言おうと、不採算路線は粛々と廃止させる」

という声も聞かれたとか。
その結果が、羽田&札幌の直行便廃止。

いや、確かに米子発着便の搭乗率は低いですよ。どの路線も5割に届きませんですよ。
成田便が、4月の羽田便就航の煽りを受けて3〜4割に留まってるってのは、まぁ廃止になっても仕方ないか、と思います。正直、首都圏に2路線も要らない――つーか、羽田に飛んでりゃ成田便は要らない。
札幌便が3〜4割台なのも、夕方5時台なんて使い勝手の悪い運行ダイヤを考えれば、「そりゃそうでしょ」と思いますよ。例えばこれが午前中(午後でもいいですけど)の便なら、2時間ひとっ飛びで着いたら即観光orビジネス――なんて事も出来るのに、夕方便じゃ千歳に着いたら夜7時、札幌着いたら夜8時、やれる事と云ったらホテル入って、あとは晩メシ食うくらいが関の山。こんな一日余計に日程を組まなきゃならないような、利便性もへったくれも考えてないダイヤがネックになってるって、どうして気付かないかね。
これで4割台って十分善戦してると思いますよ。
解せないのは、ドル箱たる羽田便の扱い。
4月就航から6月までの3ヶ月間だけ見れば、確かに6割を切っていたものの、7月は73%と上向きに。朝の便はともかく(ANA便と15分違い)、ポッカリ空いた午後を埋めるダイヤは、その利便性がそれなりに認知されてきた証拠が、この搭乗率アップに表れてるんだと思うんですよ。
いよいよ上がり調子になってきて「さぁこれから」って時に廃止ってのは、いったいどういう了見なんだろうね。
結局、近視眼的な見方しかできない会社なんだって白状したようなもんですね。

 「直行便ではなくなりますけど
羽田便は維持しますよぉ」

いやいやいや、全ッッッ然維持してないやん。廃止してるやん。
アンタらの理論で言ったら、神戸経由でなら、日本中どっこでも行けるやん。

 「羽田と札幌の直行便はなくなりましたけど
仙台便も長崎便も鹿児島便も開設しましたよぉ〜
よかったですねぇ〜
すべて神戸経由ですけど」

…………喧嘩売ってんのか!?

平井知事としても、スカイマークに文句の一つも言いたいところでしょうけど、「米子という拠点を生き残らせる事が最重要課題」と言及するに止めました。
……生き残らせた結果がこれじゃあねぇ……



現実的な話をしましょうか。
まずは時間面――現状1時間20分かかるところが、経由便になると倍の2時間40分。神戸での乗り継ぎが悪ければ、いくらでも延びて行くという。
運賃面で言えば、普通運賃が現行5千円増しに。
それでもANAよりは1万円チョット安くはなりますが、スカイマークはいけしゃあしゃあと「冬ダイヤからは料金も値上げする」と言う。そうなると、運賃差はさらに縮まる訳で。
いったいいくら上がるかというと……米子−神戸便と離島便は据え置かれるものの、他の路線は最大で7割も値上がりするんですと! 例えば神戸−札幌便。現行1万8,900円が3万2千円! これじゃ、JALやANAと大差ないじゃないか!
低価格運賃をウリにしてきた新規参入組が、それを放棄するという事は、そこにはデメリットしか残らないという事で。
デメリットの一つが、便数の減少。
ANAが1日5往復なのに対し、スカイマークが残した神戸便は2往復。そのうちの1便は、時間的にそれ以上どこへも行けない便≠ナすから、実質1日1便に。
競争相手は高速バス。米子−神戸間は、時間こそ3時間半程かかりますが、一日5便。その上、料金はスカイマークの半分。
時間を取るか料金を取るか、「どちらに乗りますか?」と問われたら、答えは自明の理ですよね。
県としても、路線存続の為に搭乗率向上を県民に訴え続けてますが、そうまでして乗りたいとは思わないですなぁ。

ワタクシですか?
東京行くのに、わざわざ神戸まで出る気にはならんですなぁ〜。
そこまでするんだったら、出雲か岡山行きます。
(鳥取空港は出雲より遠くなりますし、しょっちゅう欠航しますしね)
搭乗手続きの手際は悪いわ、デフォルトで遅れるわ、サービスは劣る(つーか、ない)わ……これで乗りたくなる路線がなくなるんじゃ、何のメリット感もないですもんねぇ〜。



ピーチエアやジェットスターといったLCCが参入してきた時、スカイマークは「ウチはLCCとは一線を画す」と胸を張って言ってたけど、やってる手法はLCCと大差ないし、その上で「10月以降は搭乗率に比例した料金設定を取る」と言ってます。
「低料金がウリですけど、LCCとは違うんです!」と言っておきながら、自らLCCレベルまで下りてくる。
足元がおぼつかないのに国際線進出≠ネんて大風呂敷を広げて、挙句、その風呂敷の畳み方がわからないという――この迷走ぶりは何なんでしょうね?
なんかねぇ、かつて我が故郷・帯広に就航していたエアトランセとダブって見えるわ。
2005(平成17)年、ビーチクラフト機でもって函館−千歳−帯広間を結ぶ航路を開設したのに、経営不振から2年後にチャーター便に切替え。その後、沖縄に航路開設してみたり、北海道に戻ってみたりを繰り返した挙句、旅客運送事業から完全撤退という。
なんか、スカイマークも同じ轍を踏みそうな感じがしてきたわ。目先が見えてないというか、放漫経営というか……



早晩、米子撤退という事になるんだろうなぁ……
その前に、会社が存続できるかどうかの方が怪しいけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メイソウする空
今日の山陰は久々に晴れました。 昨日までは雨模様でね、予報も週明けまでは雨交じりの悪天候が続くってんで、組んでいた旅行スケジュールをオールキャンセルした矢先にコレだよ。運がいいんだか悪いんだか…… ま、行先が天橋立だったんでね、ある意味結果オーライなんスけど。 広島もそうだけど、福知山とか舞鶴とかの皆さんは大丈夫ですかね? 1時間に90ミリとかって尋常じゃないでしょう。 今年の夏は、空模様もどっかおかしいですよね。台風が発生する数も、例年に比べてメチャクチャ少ないって話ですし。 ... ...続きを見る
讃岐屋が行くわよっ☆
2014/09/05 17:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
撤退へのカウントダウン 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる