讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS カレーなる鳥取県

<<   作成日時 : 2012/07/06 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

梅雨明け宣言はまだ先のようですけど……なのに、この暑さは何だ?
それも梅雨独特の蒸し暑さじゃなくて、夏の暑さにも似た射すような暑さ。これは梅雨明けも間近ですかね。
こう暑い時には逆に、カレーライスのような辛いモノを、暑気払いに喰うのもイイらしいですよ。香辛料のお陰で、暑さで落ちた食欲も増進されるんだとか。
まさしく医食同源。


ちなみに鳥取県、カレー消費量が全国トップクラスなんだそうです。
(総務省家計調査において、鳥取市は県庁所在地のカレールウ消費量が、佐賀市に次いで第2位)
だからなのか、大山の麓にある江崎グリコの工場では、二段ルウで有名な『二段熟カレー』を始めとするカレールウを作っており、ここから全国に出荷してるんだそうです。
という事はですよ、皆さんのお家にあるグリコのカレーは、すべて鳥取県産という事ですよ。
ホンマかいな。


という事で、鳥取県は何年も前から『とっとりカレー王国』を名乗って、全国に売り出そうとキャンペーンを展開してますし、鳥取市には「カレーで地域活性化をはかろう」と運動を続けている『鳥取カレー倶楽部』なる市民団体もあります。
ただ……同じ鳥取県なのに、どうも東部と西部じゃ温度差があるみたいなんですよね。
鳥取市近郊は、それこそ掃いて捨てるくらいカレー専門店やカレーを出す店があるんですが、米子市一帯じゃ数えるほどしかない。
ん〜……全国に打って出る前に地元の気運を上げた方がいいんじゃなかろうか、とワタクシなんかは思う訳です。

      「鳥取って全国有数のカレー王国なんだって!」
      「……ふ〜ん……」

これじゃあイカンと思うんですよ。
それより何より不満なのは具がない事です。
普通、皆さんが想像するカレーライスって、肉がありぃの、ジャガイモがありぃの、人参がありぃの、玉ねぎがありぃの……てのがイメージでしょ?
それがね、ないの。
何も入ってないの。
ルウのみ。
手抜きだよね?とさえ思ってしまう事もある。
つーか、コレってカレーソースって言わん?てくらいサラサラなカレーを出す店もある。
スープカレーとルウカレーの中間くらいのサラサラ加減なんだけど……味に深みもへったくれもない。
いや、これがね、「煮込んで煮込んで、イモが溶けました。玉ねぎも溶けました」って体のカレーなら、まだいいんですよ。味にコクと深みが増しますからね。
それが、まったくないの。
味にコクも深みもなくて、ただ辛い――どころか、ただただしょっぱい(笑)なんてのもある。
香辛料の辛さじゃなくて、塩辛さって何さ(笑)

いやいや、これがカレー専門店なら、まだ肯けますよ。いろいろな具材を合わせてくベースなんですから。
だけどね、「お前ンとこ、カレーライス以外の展開あンのかよ?」てな喫茶店とか定食屋で、そんなカレー出されたら、ワタクシならずとも不満が募ろうってもんでしょ?

そこでワタクシ、はた!と気付きました。
もしかして、外で食べるとたいして美味くないから、家で作るようになって、だから家庭用カレールウの消費量が多くなったんじゃないかって。それが全国トップクラスのカレー消費量に結びついたんじゃないかって。
……天邪鬼な考え方ですかね。
結局、なんだろう? みんな、小洒落た洋食屋のカレーよりも、母ちゃんが作る、野菜ごろごろの田舎カレーが一番なのかね?
オフクロの味、バンザイ!!
――定番の味噌汁や肉じゃがを差し置いて、カレーがおふくろの味ってのもどうかと思いますけどね(笑)



香川にいた頃の話です。
「北海道のスープカレー、四国初上陸!」なんて触れ書きでオープンしたスープカレー屋がありましてね。
ハイ、全国展開もしてる、アノ有名店ですよ。
全部で30種類くらいの豊富なメニューでもって評判を呼びまして……て、それは最初の数ヶ月だけの事。
やがてメニューの数がどんどん減ってって、最後の方は1種類だけ。
起死回生で出したキーマカレーも、日増しに下火になって行って。
そのうちスープカレーをやめて、普通のルウカレーを出すようになったら、
「だったらもぉスープカレー屋でも何でもないぢゃん」
てな感じで客層が完全に離れちゃって、開店から半年足らずで撤退しました、とさ。
ワタクシ、これをもって『四国でスープカレーは受け入れられない』とは思わないですよ。
ただ単に、店側が経営に失敗したんじゃないか、と。
だってさぁ、これってつまり『富士宮やきそば』とか『蒜山やきそば』とか大看板を掲げて開業した焼きそば屋が、思ったより売れないからって普通のやきそばに切り替えた途端、「普通のやきそばなら、別にココで食う必要ないわ」ってソッポ向かれたってのと同じ事でしょ?
例えが悪くて申し訳ないけど。


ウチの田舎にも、大人から子供まで大人気のカレー屋ってのがありましてね。
ご近所さんが、それこそ鍋片手にカレールウだけ買いに来るような。
地域に密着したカレー屋って、こういうのを言うんじゃなかろうか。
――今度、コッチのカレー屋に鍋持って行ってみようかしら?
門前払いされたりしてね。





カレ〜にして〜ね母さんっ♪
 
      「オマエみたいな子供を生んだ覚えはないよ!」
      「……アンタ、継母じゃねぇか」

なんだ、この家族(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カレーなる鳥取県 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる