讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ご飯はゆっくりと

<<   作成日時 : 2011/06/05 01:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

どうやらワタクシの食べるスピードは、すこぶる早いらしいです。
今までを振り返ってみれば、遅れてテーブルに着いたワタクシの方が、早く食べ終わるなんて事がままあります。
つい先日も、「普段そんなセッカチに見えないのに、食べるのだけは早いんですよね」と面と向かって言われて、「あ、そうなんだぁ……」と。
本人、別段意識するでもなく、どちらかというと相手の方がゆっくり食べてるんだと思ってたんですが、どうやら違ってたみたいです。
子供の頃、よく「ご飯はゆっくり、よく噛んで食べなさい」って注意された方もおられると思いますが……あはは、まるっきり守れてませんね。


思い当たる節がない訳ではありません。
おそらくは自衛隊時代に仕込まれたものだと。

普段の隊内生活ではそういう事はないのですが、いざ演習(野営訓練)に出ると、一番下っ端の者は中隊長・小隊長への給仕――いわゆる上げ膳下げ膳≠ェ仕事になります。
上役への配膳が済んでから自分の食事を取り、食べ終わるか終らないかのうちに片付けに入る、という。
新入隊員が配属され、給仕役を引き継いでも、今度は配膳係が回ってきます。
結局、誰よりも遅く食事を摂り、誰よりも早く食べ終わらなければならない事には変わりはない訳です。
上の人が食器の片付けをしてるのを横目に、のんびり食っていようものなら、「いつまで食ってるんだ! さっさと行って片付けんか!」とお叱りを受けてしまいます。
ましてや上官――部隊指揮官を配膳の列に並ばせるとか、食べ終わった食器を洗わせるなんて論外。
万が一にもそんな事があったなら、「お前らはいったい何をやってるんだ!!」と正座で説教されてしまいます。

今はどうなんですかねぇ? 20数年前とは違っちゃってるんですかねぇ?
今、そんなふうに口うるさく言うと、
「ウルセぇ! 偉そうにすンじゃねぇ!! 隊長だろうが何だろうが、勝手に来て勝手に食えや!」
とかってキレられるんですかねぇ?

「理不尽だ!」と思われた方。
階級社会ですから。
上下関係が厳しいですから。

「うわ! まるで軍隊みたい」と思われた方。
やってる事は似たようなもんです。


さて。
誰よりも遅く食い、誰よりも早く食い終わる――そんな芸当、早食いチャンピオンでもなければ難しいです。
となれば、どうしても自分の食事は疎かになります。食事を途中で投げ出すか、さっさと掻っ込んでしまうか。
取るべき方法は二つ。
おかずも味噌汁も全部ご飯にぶっかける、いわゆるイヌめし≠常とするか。
それとも、食事のスピードアップを図るか。
――誰もが後者を取りますわな。誰もがイヌにはなりたくない。
(「ワタシはアナタの忠実な犬≠ナす!」と言う人はいるかもしれない。趣味趣向で)
では、スピードアップの為にはどうするか?
簡単です。ただただ飲み込めばいいんです。もしくは、一回に口に入れる量を増やすか。
「食事を味わう」なんて事は、当然ながら捨てねばなりません。
ウェルカム、お茶漬けエブリデイ。ノーサンキュー、フルコース(笑)

そういった食事を長く続けた結果、早飯食いが身に染み付いてしまう訳です。
コレがですねぇ〜。
そうそう抜けてはくれないんですねぇ〜。
自分ではゆっくり食べてるつもりでも、いざ食べ終わってみたら、皆はまだ食べ終わってない。手持無沙汰になってしまい、食後のお茶を何杯もガブ飲みするなんて事もザラです。
まさに鯨飲芸食。
ヘタすりゃ、クジラの方が畏れ入ってしまう(笑)
若い時はまだいいですけどね。
年を取るにしたがって、消化するペースは落ちますからね。そのうち胃を悪くするんじゃないかと。
それか、デップリと太るか。
だって、消化に良くないんですもの。

だからって、そう簡単には治らない。
除隊して20年以上経ってるってのに、未だにこうなんですから。
ゆっくり食べようと心がけてはいるんですけどねぇ〜。




弱ったもんですねぇ〜……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ご飯はゆっくりと 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる