讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 届いた会葬御礼

<<   作成日時 : 2009/08/31 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、千葉に住む知人が亡くなりまして。
といっても、それほど親しくもしてなかったんですが。せいぜいが、毎年の年賀状をやりとりしてたくらい。
長いこと入退院を繰り返していたそうなので、ちょっと気にはなっていたのですが……
ご遺族から連絡を受けたのが葬儀の直前という事もあって、弔電だけは打たせてもらったのですが、わざわざ会葬御礼のハガキを送っていただきました。
「そこまでしなくてもいいのに……」と思いながら読んでいると、ちょっと引っかかる文面が。
いや、最初は何気なく読み飛ばしてしまったんですが、改めて読んでみると「おやぁ?」と。

『病気療養中のところ薬効無く逝去いたしました』


……普通、こんな書き方しませんよね?
薬効無く――
穿った見方をしますとね、「あのヤブ医者め、効きもしない薬を処方しやがって!」という悪意が読み取れなくもない。
まぁ、ご遺族の方は、そういうつもりで選んだ文面ではないでしょうし、ワタクシの思い過ごしでしょうけど。
どうにも引っかかるんですよね。普段目にする、ありきたりな文面じゃないあたり。


いけません、いけません。
最近読んだ推理小説の影響ですね。
東野圭吾あたり書いてくんないかしら?
……書かないね。


――なんて事を考えながら、この「薬効無く」を検索してみると。
どうやら、こういった場合(「お医者さん等各方面にいろいろ尽力していただきましたが、その甲斐なく」という場合)の挨拶の定型文らしいですね。
日本語を知らない、というか普段聞き馴れない言葉に接すると、こうなってしまいます――という典型ですな。
日々勉強です……

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
届いた会葬御礼 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる