讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマタノオロチ、呑み込んだ

<<   作成日時 : 2009/06/25 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

うげげ、胃がぎぼぢわどぅヴぃ……
2年ぶりに飲みました。胃カメラ。
あのね。
そりゃあ、自他共に認める呑兵衛ですけどね。あたしゃ――て、もっぱら宴会ドランカー≠ナ、家呑みしたら500の缶ビール2本で気持ちよくなっちゃって、そのまま寝ちまう体たらくですけど。
でも。
だからって。
胃カメラはあんまり呑みたくありません。
「あんまり」どころか、できればもう呑みたくないDeth! 


先日あった健康診断――引っかかりました。
郵送されてきた診断結果、胃がんの疑いと書いてあります。
……が、が、ガガガ、ガガガ、ガオガイガー♪――ぢゃなかった、ガンですかぁ〜!? よりにもよって。
がんって遺伝傾向があるんですってね。家族・親類でがんに罹った人がいれば、自分もがんになる確率は高くなるとか何とか。
ワタクシ、祖父ががんでした。それも胃がん。
ガァ―――ン!!
いや、シャレてる場合じゃなくて。
……ヤベェ!! がん保険、入ってねぇ〜!!!!

――なぁんて、一応は取り乱したりしてみますけどね。
正直なトコ「あぁ、そうですか」て感じです。「またですか?」てなもんで。
実は、これが3回目です。「がんの疑い」って書かれるの。
して、2年に1回は飲んでますね。胃カメラ。

なんだ? 恒例行事か?
して、やっぱり呑兵衛だわ(笑)


え〜……もし胃のレントゲンで引っかかった方がおられましたら、そして、心配になって胃カメラの検査を受けようと思われてる方がおられましたら。
どうせ受けるなら、健康診断を受けた病院で検査される事をお奨めします。
そのレントゲン写真が残ってますからね。胃カメラを担当する先生も目星が付けやすいってもんです。もちろん、その部位だけじゃなく、まんべんなく見るんでしょうけど、レントゲンで出た異状がドコを指すのか判った方が、検査がはかどるってモンです。


そういった訳で、まずはレントゲン写真を前に説明を受けます。
「ここに1pくらいの影が見えます。これだけデカいと、バリウムの泡ではないですね」
い、い、1pですとぉ〜!?――けっこうデカいじゃないですか!!
「おそらく良性のポリープだとは思いますが、一応、組織を取って検査してみましょう」
あら? 大事になってきましたよ? 過去2回、胃カメラを飲むには飲んだけど、まったく異常は見られなかったんですが、今回は覚悟決めなきゃならんかな?
ちょっと不安がカマ首をもたげますが、胃の動きを止める注射やら、水飴みたいな麻酔薬でノドを麻痺させたり、準備は着々と進んで行きます。
ところが。
いざ飲み始めたら。
先生、しきりに首をかしげるんですねぇ〜 
……あの〜、目の前で首ひねんの、やめてもらえんですかね。しかも「あれ?」とか「おかしいな?」とか口に出すのも。やたら不安を煽ってくれるじゃないですか。
先生、なおも首をかしげながら、胃カメラをアッチにやったりコッチにやったり。その度に、胃の壁をぐぅ〜っと押されるんですねぇ。おまけに麻痺してんのはノドだけですから、胃の中をファイバーケーブルがのたうち回る感覚が残るんですよ。
ヤマタノオロチ、大暴れでござい
ワタクシ、胃カメラの踊り食いはカンベンです。

何とか、やっとこさ、検査は終わりました。
診察室に戻って結果を教えてもらいます。戦々恐々。
ところが先生、内視鏡写真を見ながら、
「どこにも悪いトコロがないんですねぇ。異常ナシ。綺麗なモンです」
……へ!?
あ、あ、あ、あの、影とやらは……?
「おそらくバリウムの泡でしょうねぇ。こんな大きな泡が出来るのは珍しいんですけどねぇ」
「はぁ……」
き、気が抜けた……
……ちゃんと混ぜとけよぉ! バリウムぅ〜っ!!
まぁ、今度に始まった事じゃないですけどね。過去2回とも影の原因は「バリウムの泡」でしたから。


苦しかったのはそれからでした。
胃カメラ飲んだ後ですからね。昼は(ったって、もういい加減、夕方近いですけどね)軽めにそうめんでも、と思ったのですが……
「うああああぁぁぁぁ……」
い、痛い……
胃が痛重いですよ?
そうめんの一本一本が胃カメラのファイバーのように、胃の底にズシっと溜まって、うねうねとのたうち回ってございます。
いやぁ〜、何だぁ?
こんなの初めてだわ。物食う度、何か飲む度に胃痙攣起こすんだもの。
あぁ〜っ! うっとぉしい〜っ!! 
よく胃カメラ(を担当する医者の上手い下手)には当たり外れがあるなんて言われますが、その点から行くと、結構ハズレくじを引いてますなぁ。
初めて胃カメラ飲んだ時は、ノドの麻酔がうまく効いてなかったのか、効くより先に飲まされたのか、胃よりノドが苦しくてゲェゲェ言ってました。
2回目はスンナリと、あっという間に終わりました。
そして、3回目は……コレですもの。
戦績は1勝2敗。
何が「勝ち」で何が「負け」なのか、さっぱりわかりませんが。
とにかく「負け」が先行しています。
だからって、負けを挽回する為に、もう一回飲もうとかは、これっぽっちも考えてません。
考えてないし、考えたくもありません。
なんか、ガンの疑い晴らすのに、こんな苦しい思いするんなら、あのまま放っときゃよかったッス。




一晩明けた今朝、どうにかお粥くらいなら啜れるようになりました。
まだチョット重たい物……どころか、普通にご飯を食べると胃が痛くなります。
もう金輪際 胃カメラなんか飲まんぞ!!
やっぱり飲むなら酒が一番!――とウチの呑兵衛が申しております。


それじゃ今夜もバリウムでカンパ〜イ!
誰が飲むかっ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様っす。
じゃぁ、2年後にもう一度ってことで(笑)
りーまんとらべらー
2009/06/27 16:53
実はワタクシ、胃カメラ検査の事を、ヒソカに「ジャンボリー」と呼んでおります――ンな事ぁない!(笑)

この次は、上手いお医者さんに当たりますように
讃岐屋
2009/06/27 17:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤマタノオロチ、呑み込んだ 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる