讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 思いこんだら 試練の道を

<<   作成日時 : 2009/05/10 20:57   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

夕方、相模屋鎌倉方からメールが届きまして。
いやまぁ、結構グチだったり無理難題(でもないか)だったり送ってくるんですが、今回もまた……
「コンダラ≠フ正しい名前を教えて?」
…………はぁ〜あ!?

画像突然、何を訊いてくるのやら……
でも、コンダラ≠ニ聞いて咄嗟にコイツが頭に浮かぶ辺り、我ながらスゴいと感心してしまうやら、それだけ世間的にコンダラ≠ナ浸透してしまってる事にビックリするやら。
「まぁまぁまぁまぁまぁ、調べてやろうじゃないの」
と調べてみましたら、手元に「へぇ〜」ボタンがあったら、高橋名人も(今時分、高橋名人知ってるコなんて、おるんかいな?)真ッ青になるくらいな勢いで連射しそうな事柄がゴロゴロと出てきましたわ。

コヤツの正しい名前、コートローラーと申します。
コートローラーってくらいですから、屋外テニスコートの整地に使います。
驚いた事にコレ、テニス用品なんですねぇ〜。
いやぁ〜……初めて知ったさ。
しかも、皆さんおなじみのセメント詰の他に、ローラーの中に水を入れて重石とする物、砂を入れる物などいろんな種類があって、あのセメント詰ローラーも、販売時は鋼鉄製外枠のみで、買った側が取扱説明書に従ってセメントを詰めるという半完成品なんだとか。
身近なところでは、イオンSC内にあるスポーツ用品店『スポーツオーソリティ』でも注文できるんだとか。
いやぁ〜、タメになるなぁ〜……て、何のタメになるんだよぉ(笑)

てな訳で、コンダラ≠ニいう名前の出処となってるアニメ『巨人の星』で、飛雄馬がコレを引っ張ってグランド整備するってのは、使い方としてはウソ!
そもそも、こんなモノでチョコチョコとグランド整備してたんじゃ、地ならしが終わった頃には甲子園大会も何も終わってますって(笑) やるんなら、道路工事で使うようなロードローラーでも引っ張り出してこなきゃ。
まぁ、野球部員がグランド整備で使うのなんか、せいぜいトンボ掛けがいいトコでしょ。
……は? 俺、野球部だったけど、コンダラ引っ張ったぞって?
それは、単なる下級生シゴキと、『巨人の星』世代の誤った認識からですよ。だいたい、ガッチガチに踏み固められたグランドじゃ、打球は人工芝並に速くなるだろうし、みんな内野手の頭上を越す大バウンドになりますって。

さぁさぁ、そういった訳で、もはや都市伝説と化した「飛雄馬が『巨人の星』のオープニングで、あの重いローラーを引いているのを見た」についてですが。
あちこちのサイトで論じられてますし、ウィキペディアには「コンダラ」なる項目までありますが。
それらを総合すると
オープニングで飛雄馬がローラーを引いているシーンはない
ようであります。
当該シーン(「思いこんだら 試練の道を」の歌詞のシーン)では、飛雄馬が一徹父ちゃんのノック特訓を受け、父ちゃんと一緒にウサギ跳びをしているだけで、ローラーは引いていません。
画像ただ――これはウィキペディアからの引用になりますが――第12話『鬼の応援団長 伴宙太』において、飛雄馬がローラーを引くシーンがあり、そこで主題歌『ゆけゆけ飛雄馬』が流れていた事から、あのオープニングの印象と相まって、記憶の中で混同したのではないかという話です。
ん〜……「見た」「見ない」のうちは都市伝説でも、それを暴いちゃっちゃねぇ……夢がない(笑)
で。
これだけ全国的にコンダラ≠ェ有名になったのは、谷村新司がラジオ番組『MBSヤングタウン』の中で「重いコンダラ 聞き込んだら」という、いろんな曲の歌詞の聞き間違いをリスナーから募集するといった、まぁいうなれば『タモリ倶楽部』の「空耳アワー」のノンジャンル版みたいなコーナーがあって、それが人気を博した事から全国に広まったんだとか。
ワタクシ、オールナイトニッポン派だったので、ヤンタンは一度も聞いた事がなかったんですけど。
そっかぁ、そんなコーナーがあったんだぁ〜……


さて。
こういった「言い間違い」「聞き間違い」「思い込み」を一手に集めた『コンダラ辞典』なるものがネット上には存在するそうで。これは「本当の事を今さら聞けない思い込みを、こっそり解明する為」にあるんだとか。
見てみたら、いろいろありましたよぉ。
童謡『赤い靴』に出てきた異人さん≠ェひい爺さん≠ニかいい爺さん≠ニ思い込んでたとか。
(ひい爺さんなら微笑ましいけど、いくらいい爺さん≠ナも、見知らぬ子を連れてっちゃ誘拐罪だよね)
唱歌『アルプス一万尺』でアルプス一万弱 小ヤギの上で≠ニ思い込んでたとか。
(正しくはアルプス一万尺 小槍の上で≠ナす。
一万弱≠チていくつさ? 9999? 9998? して小ヤギの上≠チて……動物虐待ッスか?)
結構「あぁ、あったあった」と笑いながら、裏で「エッ!? そうだったの?」と冷や汗たらす事柄がいっぱい。
そして、こういう重いコンダラ系頭脳の持ち主=iコンダラ辞典より)の事をコンダリストと呼ぶんだとか。
コンダリスト……何となくかっちょえぇ(笑)
まぁ、重いコンダラ≠ノついては、ギャグで使ってる人もいれば、マジで使ってる人もいるというモノですがね。
そして、世には日本コンダラ製鉄株式会社なる会社があって、多種多様なコンダラを製造販売してるんだとか。
……あの……本気にしないでね。あくまでパロディですから。ホントに注文しないように(笑)
でも、こんだけ認知されてるんだから、いっその事、コートローラーに『コンダラ』って名前付けて、商標登録して売り出したら、ウハウハな気しません?
つーか、商標登録に通るんかいな。

さぁ、ボクもアナタも今日から
恥を忍んでコンダリストに!!
何を勧めてんでしょ?(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
思いこんだら 試練の道を 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる