讃岐屋が行くわよっ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の元気なごあいさつ

<<   作成日時 : 2009/02/24 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人の噂も75日。米子ライフも75日。噂とともに消えゆく運命ってか?
会社から帰ってきたら、請求書やダイレクトメールに交じって、見慣れないハガキが。中2の甥っ子からです。
「え!? 何? なに? どした? 何かあったか?」
しかも消印が隣町のもの。わざわざそんな場所まで行って出さなきゃならないハガキって何だ? よっぽど親に知られたくない事でも書いてきたか?――て、そんな内容なら、ハガキじゃなく便箋に書くよな。
いろんな感情が、怒涛のようにいっぺんに押し寄せてきます。
で、裏返してみると――
寒中お見舞申し上げます
「か、寒中見舞いかよ……」
いやぁ〜……ビックリした。軽ゥ〜く腰砕けました。
でもまぁ、年賀状ならともかく、甥っ子から寒中見舞いもらうのなんて初めての事ですから。
後々聞いてみたら、学校のパソコン授業で「親しい人に寒中見舞いを書こう」という課題があったんで、書いて出したというものらしいです。へぇ〜。


最近の中学校、授業でパソコンやるのって普通になっちゃいましたね。せいぜいがネット検索とか、何か「便利なツールだから使えるようになりましょう」程度の事を教えるのかと思ってたら、どうやらそれだけじゃなさそうで。
甥っ子の寒中見舞いには、コンピューターグラフィックと呼べるような高等な代物とはエラくかけ離れた、せいぜいが「お絵描きソフト≠ナ遊んでみました」程度の絵が描かれてました。それこそ円と線だけで構成された雪だるまの絵ですよ。
「おぅ、も少しがんばれや」
と言いたくなるような出来でしたけど、まぁ初めてにしては上出来でしょう。

……はい? 甥バカ≠セ? いけませんか?

……あの……続けて読んで下さいね。そうじゃないと

「おい、バカ!」
「なにコノ!」

ってケンカになっちゃいますから。


それにしても。
これはアレかな? 無言の訴えかな?
もう2、3年帰ってませんからね。兄ちゃんの方なんて、前に帰った時には声変わりしかけでしたから。
だから「そろそろ帰って来い」と。「それがムリなら小遣い送れ」と。
グサッ!

正直申しまして。
ワタクシめは、まったくもって甥っ子孝行してねぇな、と思うのですよ。
この子らにとって「申し訳ないなぁ〜」と思う事があるとすれば、それは従兄弟を用意してやれなかった℃魔ナすかね。そして、それはたぶんこの先もしばらくないなぁ〜、と。
グサグサッ!

将来そういう事があったとしても、ワタクシめに生まれる子供は、二人の甥っ子にとって、従兄弟ってよりは、甥っ子姪っ子みたいな感覚になるんじゃないかと。だって、方や赤ん坊、方や成人式ですもの。
その年齢差も、日を追う毎に開いてく訳でして。
いやいや、もぉ何と申しましょうか……
讃岐屋、少子化社会に拍車をかけております。
グサグサグサッ!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の元気なごあいさつ 讃岐屋が行くわよっ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる